kazuhiro nishijima
art-news
西島一洋が舞台美術と題字/名古屋能楽堂でパンク歌舞伎「天守物語」2015.12.19(土)~23(水祝)-全6公演-
記事詳細≫


西島一洋が大須の七ツ寺共同スタジオにて行為。2015年11月11日(水)、12日(木)。
記事詳細≫


西島一洋が円頓寺にて行為。2015年11月7日pm5:00頃の日没より。
記事詳細≫


西島一洋が「アートじゃない/どうでしょう」にて行為。2015年8月1日(土)19:00start/名古屋鶴舞KDハポン。
記事詳細≫


西島一洋が舞台美術。「姥捨」名古屋大須の七ツ寺共同スタジオ。2015年6月18日(木)~29日(月)。
記事詳細≫


2015年6月4日午後1時より、西島一洋が「六四追悼儀」を行う。
記事詳細≫


西島一洋が名古屋長者町で行為。2015年4月26日(日)AMRフェス2015
記事詳細≫


12月6日、当日の西島一洋の行為「原記憶交感儀」について。非公開のため、秘儀、密儀となります。
記事詳細≫


西島一洋が舞台美術。 名古屋大須の七ツ寺共同スタジオ。 カゲキカブキ「四谷怪談」。 2014年11月17日(月)~30日(日)
記事詳細≫


西島一洋が岡崎で行為。「シーマンことYouhei Shimadaさんの企画」
2014年10月19日(日)に
定林寺(じょうりんじ)にて。

記事詳細≫


2014年6月4日午後1時より、西島一洋が「六四追悼儀」を行う。自宅前方丈庵より裸足で歩く。
記事詳細≫


西島一洋が「ひかりごけ」の題字と舞台美術。2014年4月29日まで七ツ寺共同スタジオで。
記事詳細≫


行為∞思考Ⅱ
PERFORMANCE&TALK
一宮市/島崎「織部亭」
2014年2月23日(日)

記事詳細≫


西島一洋が林裕己と対談。行為について。名古屋長者町トランジットビルB1。2013年7月21日(日)13:00-17:00。
記事詳細≫


西島一洋が「お熊空唄」の舞台美術。七ツ寺共同スタジオ/2013年6月28日(金)~7月7日(日)。
記事詳細≫


西島一洋が津島宗念寺にて行為。ザラメ展の最終日2013年5月6日(月/祝)。
記事詳細≫


西島一洋がイベント「広く晴れた空へ」で行為。2013年4月21日(日)名古屋新栄「空色曲玉」にて。
記事詳細≫


φの部屋にて。2013年4月13日。体現/原記憶交感儀「泥の河」:開始の儀。行為:西島一洋、立会人及び撮影:林裕己。
記事詳細≫


西島一洋がピーカァブー(いないいないばぁ~)vol.4にて行為。名古屋KDハポン/2013年4月4日(木)。
記事詳細≫


西島一洋が「紙技百藝」に出品東京2013年2月8日(金)~10日(日)HIGUREにて、名古屋2012年9月6日(木)~9日(日)時折にて、京都2012年8月23日(木)~26日(日)雅景錘にて、
記事詳細≫


西島一洋が舞台美術と題字/名古屋能楽堂でパンク歌舞伎「逆夢」2012年
12月21日(金)~24日(月)

記事詳細≫


西島一洋が岡崎で行為。「木と人と心」2012年10月27日(土)に定林寺(じょうりんじ)にて。記事詳細≫

◆西島一洋が下記イベントにて行為。「漂泊者たち2/アンダーグラウンドの片隅から」/フォルツァ総曲輪(富山)/2012年7月13日(金)~14日(土)」記事詳細≫

◆西島一洋が「大須ドン底」の舞台美術。2012年7月1日(日)~9日(月)七ツ寺共同スタジオ。記事詳細≫

◆「村山槐多追悼交信儀」を行なう。西島一洋。日時場所未定ですが、決まり次第お知らせします。記事詳細≫
Art-Letter▼

◆Top page :このブログ全体のトップ頁へ ◆[ART-NEWS]の目次へ ◆ART-Message アート・メッセージの目次へ ◆Slide-show 全スライドショーの目次へ ◆All Record Contents 全記録の目次へ ◆artist-file アーティスト・ファイルの目次へ ◇about us の頁へ ◇contact us :お問い合わせ先 ◇BBS:掲示板の案内の頁へ ◇[mixi]頁へのご案内:こちらは[mixi]への登録が必要になります。 ◇[movie]
★体現集団φAETTA ★[小東亜共栄軒'08名古屋](記録)Indexへ ★このブログのコンテンツ一覧 へ ★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック ◇ぱふぉ新聞は、外部へのリンクになります。 ◇ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。
Twitter Facebook mixi
孑孑彷徨変異 原記憶
行為∞思考 超時空
空集合 Picasa flickr youtube myspace
体現集団φAETTA
体現参考資料いろいろ▼
鉄球 電球と氷 素描1 その他
Art-Letter/号外
aetta memo English here


元名古屋NIPAF2007-1998


終了したイベント▼
ありがとうございました。


◆西島一洋が鶴舞で行為。/『人心-HITOGOKORO- ふたたび』: K・D japon (ケーディーハポン)にて/2012年3月11日(sun)記事詳細≫
◆西島一洋が富山で行為。「漂泊者たち/アンダーグラウンドの片隅から:2012年1月14日~16日」。西島の行為日は1月15日フォルツァ総曲輪にて。ワークショップは1月16日富山大学にて。記事詳細≫
◆西島一洋が「パンク歌舞伎:リア王」の題字と美術。2011年12月22日(木)~25日(日)名古屋能楽堂。公演詳細≫
◆ 西島一洋が書(パンク歌舞伎マクベスとリア王の題字のための習作)を数百点出品。アクテノン「原智彦現場の力」展。2011年11月4日~12月25日。展覧会詳細≫
◆西島一洋が覚王山で行為/2011年9月25日(日)『餃子記憶交感儀』ギャラリー人間の扉にてthe Gate of Human/詳細≫
◆西島一洋が八事で行為/2011年9月11日(日)『人心-HITOGOKORO-』八事POPCORN(2F)/詳細≫
◆西島一洋が大阪で行為/2011年9月3日(土)/『PERSPECTIVE EMOTION WEST 2011』/浪速区KARAKURIスタジオ/詳細≫
◆西島一洋が奈良で行為/『Poèac(ポエアク)vol,003』/2011年7月2日(土)19:00/スタジオワルハラ(JR奈良駅すぐ) 詳細≫
◆西島一洋が大須で行為/2011年6月18日(土)/『想ヒ出キャベツ』の最終シーン「高架下の楽園」(20:18-20:38) 詳細≫
◆西島一洋が『peace nine 2011』に出品/2011年5月20日(金)~25日(水)名古屋芸術大学美術学部内ギャラリーにて/詳細≫
◆西島一洋が空間美術/名古屋能楽堂でパンク歌舞伎「マクベス」2010年12月/詳細≫
◆西島一洋が行為/2010年11月14日(日)一宮織部亭:林裕己写真展「表現と家族」の最終日/詳細≫
◆西島一洋が行為痕跡を出品/『アート&エコ マッチングプロジェクト』名古屋市民ギャラリー矢田2010年10月19日(火)~24日(日)/詳細≫

◆西島一洋が行為/『言葉ズーカ その17』2010年8月13日名古屋ミュージックファーム/詳細≫
◆西島一洋が行為/ダ・・ン・・スースースー3
◆西島一洋が舞台美術/ダンス・タンス・ダンス
◆西島一洋が行為/大須ギャラリー・プシュケでの行為
◆西島一洋が行為/常滑フィールド・トリップ
◆西島一洋が行為/闇について
◆西島一洋が出演と舞台美術/ハポン劇場「草枕」
◆西島一洋が行為/Improvisation Performance Live
◆西島一洋が行為/人間の扉
◆西島一洋が行為/小東亜共栄軒'08名古屋
Twitter

Twitter▼
おすすめ記事▼

全てのタイトル表示は↓をクリック
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック
【about us】
このブログ内の記事検索
RSS
お問い合わせ先

■contact us :お問い合わせ先

お知らせ
トップ頁へ

◆Top page :このブログ全体のトップ頁へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
[mixi] etc.

★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「林裕己の眼」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo Art-Letter/号外 体現集団φAETTA 修正■■[aetta memo]     ◆◆西島一洋が『peace nine 2011』に出品。2011年5月20日(金)~25日(水)。名古屋芸術大学美術学部内ギャラリーにて。/詳細はここをクリック≫     ◆西島一洋が行為/2010年11月14日(日)/一宮織部亭/林裕己写真展「表現と家族」の最終日/詳細はここをクリック≫     ◆西島一洋が舞台美術/2010年12月/名古屋能楽堂/パンク歌舞伎「マクベス」/詳細はここをクリック≫     ◆西島一洋が行為痕跡を出品/アート&エコ マッチングプロジェクト/名古屋市民ギャラリー矢田/2010年10月19日(火)~24日(日)/詳細はここをクリック≫     ◆西島一洋→素描/詳細はここをクリック≫    ◆西島一洋現場行為→2010年9月26日日の出より日没まで/表浜海岸にて/太平洋採集行為     ◆西島一洋年内の予定→◆2010年10月展覧会、11月現場行為、12月舞台美術。  ◆現場行為→2010年8月5日KD・Japonにて。/詳細はここをクリック≫   ◆現場行為→2010年8月13日ミュージックファームにて。/詳細はここをクリック≫     ◆2010年2月22日午後2時22分。松澤宥追悼儀。      ◆Twitter始めました。→http://twitter.com/aetta01 よろしく。 西島一洋  ■■[aetta memo] 2009年12月18日~23日、「ハポン劇場project:西尾劇場公演/ダンス・タンス・ダンス」、西島一洋は舞台美術を担当。詳細はここをクリック≫   ◆大須のギャラリー・プシュケ「林裕己展」の最終日に西島一洋が行為。詳細はここをクリック≫   ◆「常滑フィールド・トリップ2009」の企画の一つPAAT「ここ で 深呼吸」INAXライブミュージアムで西島一洋が行為。詳細はここをクリック≫   ◆「闇」についての行為/大須東仁王門通にて/西島一洋の行為/詳細はここをクリック≫   ◆2010年1月以降日時未定、「夏目漱石交感儀・終了の儀式」西島一洋の体現行為。とりあえずのメモなど詳細はここをクリック≫◇     ---以前のこの欄のmemoや短信などは、ここをクリック≫[aetta memo]  西島一洋/記■■  ■2009年9月1日のメモ/9月1日(火)午後8時ころより9時ころにかけて、この2枚を吊るした。この2枚というのは、8月8日に行った行為の痕跡物である。名古屋大須東仁王門通りの、西入り口側と東入り口側の2箇所。吊るす期間は一週間。9月1日(火)の夜から来週の9月7日(月)の夜まで。この一週間各日とも24時間終日吊るし続けてあるので、どの時間帯に行っても見ることができる。どうぞ。一週間後の9月7日(月)の夜7時40分過ぎに、自らはずしに行く予定。  ■2009年8月23日のメモ/今日は、午後、一宮の織部亭にて林裕己の撮影行為。被写体行為を依頼された西島一洋は鉄球とふんどしを携えて現場に向かう。…その後…現地で久しぶりに大島誠二さんと会うことができた。感無量。彼の心の美しさを再認識した。そして、僕としては初対面の石倉悦加さん。彼女は、パフォーマンスというものをはじめてみたのが神戸の大震災の前夜に名古屋の留学生会館の屋上で僕が行った現場行為とのことだった。また、林君のお母さんは、肝臓がん。今日の被写体の主役は彼女。150cmにも満たない小柄の老女。ガンダーラ美術の仏像彫刻のように美しい。彼女の肩に僕はふんどし姿で手をかけた。肩は意外にも細くはなく、しっかりしていた。労働のにおいを感受。     ■2009年8月1日のメモ/ ◆大須「闇市」…8月8日(土)…西島一洋は、ここで何か行為を行う。詳細はここをクリック≫   ■2009年6月28日メモ/◆西島一洋は、現在、NYブルックリンのKENTLER INTERNATIONAL DRAWING SPACEにて6月6日から7月13日まで開催中の展覧会に出品/詳細はここをクリック≫   ---以前のこの欄のmemoや短信などは、こちら≫[aetta memo]  西島一洋/記■■
以下のSNS(ソーシャル・ネットワ-キング・サービス)は、各入会登録が必要になります。


■[mixi]:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。

mixi,Twitter,facebook

mixihttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=3743223 よろしく。 西島一洋

Twitterhttp://twitter.com/aetta01 よろしく。 西島一洋

facebookhttp://www.facebook.com/people/Kazuhiro-Nishijima/1835427878 よろしく。 西島一洋



[mixi] ぱふぉ新聞 http://mixi.jp/show_friend.pl?id=9546787
この[mixi]日記は、Blog「ぱふぉ新聞」の更新ページが表示されます。
●「ぱふぉ新聞」(パフォーマンス・アート新聞の略称)は、2008年1月よりウェブ上であらためて発刊することに至りました。前身は、2007年の名古屋NIPAF開催のために立ち上げた「にぱふ新聞」ですが、2008年の名古屋のNIPAF開催はなくなりましたので、「ぱふぉ新聞」と改名し今後展開してまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。なお、[mixi]の「名古屋NIPAF事務局」も「ぱふぉ新聞」】と改名いたしました。
「[mixi]日記:ぱふぉ新聞」の管理人は「[mixi]たりにーがん」です。

[mixi] コミュニティ:でちょった(仮称)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1863947
●コミュニティ「名古屋NIPAF」は、「でちょった(仮称)」と改名しました。名古屋を中心に活動する、パフォーマンスアートの『なにものか』のコミュニティです。出演者・お客・通りすがり・パフォーマンスアトー好き・詩人・現代アートに物申したい人や、やりたい人、などなど。
…ご参加お待ちしています。

「[mixi]コミュニティ:でちょった(仮称)」の管理人は「[mixi]たりにーがん」です。







[freeml]


[freeml] 【ぱふぉ新聞編集室】 ≫
http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Blog/node/CategoryListFront/user_id/5518222
↑[freeml]ぱふぉ新聞編集室日記は、Blog【ぱふぉ新聞】の更新ページのRSS表示と他に直接書き込んだものの2本立てです。




◆[mixi] etc.        ◆この頁のトップに戻る





当ブログへのリンクについて

下記ご参照ください。

「リンクに許可は不要です」/※参照先は、ここをクリックしてください≫
但し、リンク先のURLが、アドレスバーに現れるように、リンクして下さい。
どの頁へのリンクでも、ご自由でかまいませんが、トップ頁へリンクの場合は下記のURLになります。

http://aetta.blog62.fc2.com/

FC2のブログを利用の方でログインされている場合は、
下をクリックしてください。↓



リンクバナーを、ご利用いただく場合は下記をどうぞ。

Art-Letter / performance art
[ Art-Letter / performance art ] link banner

姉妹誌:パフォーマンス・アート新聞…略して「ぱふぉ新聞」は、
こちら↓

http://air.ap.teacup.com/nipaf/
[パフォーマンス・アート新聞…略して「ぱふぉ新聞」] link banner


◆この頁のトップに戻る↑



 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る


この頁へのコメントはこちらへ



★Improvisation Performance Live 詳細textへ≫


スポンサーサイト


◆[mixi] | 【2007-05-26(Sat) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments(-)
Slide-show page > 記録写真128枚:'07春NIPAF

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★[ART-NEWS] の最新頁へ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ ★[contact us] の案内の頁へ:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ ★[mixi]頁へのご案内:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。 ★ぱふぉ新聞連載中「林裕己の眼」は、外部へのリンクになります。

aetta memo art nagoya Art-Letter/号外

English here 这边中文版 한국어 投稿 修正


Slide-show 全スライドショー便覧へ
◆「全スライドショーの便覧」はこちらをクリックしてください。


Slide show  Nagoya NIPAF'07 supring

2007年の春のNIPAF名古屋公演のスライドショーです。
↓下記をクリックしてご覧ください。

記録写真 Slide-show NIPAF'07春 128枚
'07春NIPAF/スライドショー128枚

撮影:林裕己 Hiromi Hayashi

公演前の事前情報写真 Slide-show NIPAF'07春 事前情報写真 24枚
'07春NIPAF/スライドショー24枚



スライドショーを見るにはソフトFlash Playerが必要です。
インストールされていない場合は、下記からインストールしてください。無料です。
Adobe Flash Playerのダウンロード


◆ニパフNIPAF'07春の名古屋公演の記録
撮影:林裕己 Hiromi Hayashi
出演日と出演順
スライドショー128枚は、下記出演順に各5枚ずつぐらい入っています。)

3月2日(金):初日
01 ファンティ・タオグエン (ベトナム・ホーチミン)
Phan Thi Thao Nguyen (Vietnam, Hochiminh)
02 馬場良枝 (東京在住)
Yoshie Baba (Japan/Tokyo)
03 メリ・ニクラ (フィンランド/東京在住)
Meri Nikula (Finland/Tokyo)
04 黒田オサム (東京在住)
Osamu Kuroda (Japan/Tokyo)
05 三澤真也 (東京在住)
Shinya Misawa (Japan/Tokyo)
06 チェン・イーリン (台湾、台北)
Chen Yiling (Taiwan, Taipei, Female)
07 マーカス・ベルンリ斎藤 (スイス/京都在住)
Markuz Wernli Saito (Switzerland/Kyoto)
08 山崎浩太 (名古屋在住)
Kota Yamazaki (Japan/Nagoya)

3月3日(土):2日目
09 マーロン・マグバヌア (フィリピン、マニラ)
Marlon Magbanua (Philippines, Cavite)
10 シュー・ディエン (中国、成都)
Xu Dian (China, Chengdu)
11 寺尾晴美 (愛知在住)
Harumi Terao (Japan, Aichi)
12 ミハエル・ムーリン (スロバキア、ブラティスラバ)
Michal Murin (Slovakia, Blatislava)

13 霜田誠二 (長野在住
Seiji Shimoda (Japan, Nagano)
14 バネッサ・ヘンロッテ (アルゼンチン、ブエノスアイレス)
Vanesa Jenlote (Argentine, Buenos Aires)
15 丸山真 (長野在住)
Makoto Maruyama (Japan, Nagano)
16 ニコラ・フランジョーネ (イタリア、モンツァ)
Nicola Frangione (Italy, Monza)

3月4日(日):3日目
17 エレーナ・テハーダ (ペルー/アメリカ、テレフォン参加)
Elena Tejada (Peru/USA, Florida, telephone performance)
18 野本翔平 (埼玉在住)
Shohei Nomoto (Japan, Saitama)
19 ヨランデ・ムカガサナ (ルワンダ/ベルギー)
Yolande Mukagasana (Rwanda, Belgium)
20 西島一洋 (愛知在住)
Kazuhiro Nishijima (Japan, Aichi)
21 コウ・ジュウ (ミャンマー、ヤンゴン)
Ko Jeu (Myanmar, Yangon)
22 バレンティン・トーレンス (スペイン、バルセロナ)
Valentine Torrens (Spain, Barcelona)
23 machi/ (奈良在住)
Machi/ (Japan, Nara)
24 ラッケル・アロッホ (メキシコ、メリダ、女)
Raquel Alaujo Medera (Mexico, Merida)


◆この頁のトップに戻る


◆「全スライドショー:便覧」のTOPへ戻る




★このブログのTop page へ ★ART-NES アート・ニュースのトップへ ★ART-Letter アート・レターのファイルへ ★Slide-show スライドショーのファイルへ ★List of all records:Contents 全記録のファイルの目次へ ★artist-file アーティスト・ファイルへ

[ Nagoya NIPAF (1998-2007) & φAETTA (1988-) & Art-Letter (2007-) ]



★このブログ全体のTOP頁に戻る★




◇Slide-show > page | 【2007-05-21(Mon) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Slide-show page > ◇7月15日の記録写真:明通寺にてパフォーマンス・アートの公演:(撮影/林裕己 hiromi hayashi)64枚スライド・ショー :'07NIPAF夏 名古屋プレ・イベント

★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 体現集団φAETTA 修正



Slide-show 全スライドショー便覧へ
◆「全スライドショーの便覧」はこちらをクリックしてください。

Slide show

Nagoya NIPAF'07 summer pre

2007年の夏のNIPAF名古屋プレ・イベント(明通寺)のスライドショーです。

記録(スライドショー)2007年夏

●7月15日の記録写真


Slide-show NIPAF'07夏 プレ・イベント 64枚

明通寺にて:64枚 (撮影/林裕己 hiromi hayashi)↑上記クリックしてご覧ください。

スライドショーを見るにはソフトFlash Playerが必要です。
インストールされていない場合は、下記からインストールしてください。無料です。
Adobe Flash Playerのダウンロード

★このブログ内で上記とは別バージョンのスライドショーをご覧になれます。
元の写真は、上記と同じものです。ここをクリックしてください。

Slide-show NIPAF'07夏 プレ・イベント 64枚



7月15日のプレ・イベントは、台風通過後、無事終了しました。さて、次は本公演です。本公演は、7月27日~29日、七ツ寺共同スタジオにて開催します。詳しくは、ここをクリックしてください。


台風は、名古屋方面通過しましたので、★本日予定通り下記イベント開催します。
★問い合わせ先/山崎Tel:090-4189-5059/寺尾Tel:090-9186-9771



※下記イラストは、7月27日~29日に大須の七ツ寺共同スタジオで開催の本公演に出演したミャンマーのコージーです。

Pre-event


パフォーマンス・アートの公演 入場無料

NIPAFニパフ'07夏:スペシャル・プレ・イベント
…大きなお寺の本堂で…

7月15日(日)

午後6時~午後8時(途中休憩あり)

明通寺・本堂

コージーから来たイラスト 02 jpeg 490x564 email 2
明通寺 MAP
◆愛西市佐屋町日置1248-1
TEL: 0567-24-1248
名鉄尾西線「日比野駅」下車、東へ徒歩5分
(注意:地下鉄日比野駅ではありません)
駐車場完備
明通寺地図jpeg
◆入場無料
◆出演アーティスト
下記以外にも、飛び入りで数名が加わりました。
飛び入りアーティスト名は、追って後ほど掲載します。
01 レオナルド・備前 Bizen Leonord
備前さんは、急病のため出演できませんでした。
02 エサマン Esaman
03 佐竹佑太 Yuta Satake
04 山崎浩太 Kota Yamazaki
05 神野文彦 Fumihiko Jino
06 寺尾晴美 Harumi Terao
07 西島一洋 Kazuhiro Nishijima
◆主催:名古屋ニパフ Nagoya NIPAF
◆協力:明通寺 Myotsu-ji
◆問合せ先:名古屋NIPAF
Tel:090-9186-9771(寺尾)
E-mail:aetta01@yahoo.co.jp(西島)


◆「全スライド便覧」へ



★このブログのTop page へ ★ART-NES アート・ニュースのトップへ ★ART-Letter アート・レターのファイルへ ★Slide-show スライドショーのファイルへ ★List of all records:Contents 全記録のファイルの目次へ ★artist-file アーティスト・ファイルへ


[ Nagoya NIPAF (1998-2007) & φAETTA (1988-) & Art-Letter (2007-) ]




◆「小東亜共栄軒'08 名古屋」 K・D Japon(ケーディ・ハポン) 2008年5月2日(金)3日(土)◆
このイベントの最新情報は、[ART-NEWS]をクリックしてください。
出演アーティストの紹介など新記事を順次追加掲載していきます。




◇Slide-show > page | 【2007-05-20(Sun) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
contact us : [ Art-Letter ]

★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「林裕己の眼」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo Art-Letter/号外 体現集団φAETTA 修正

■■[aetta memo]     ◆◆西島一洋が『peace nine 2011』に出品。2011年5月20日(金)~25日(水)。名古屋芸術大学美術学部内ギャラリーにて。/詳細はここをクリック≫     ◆西島一洋が行為/2010年11月14日(日)/一宮織部亭/林裕己写真展「表現と家族」の最終日/詳細はここをクリック≫     ◆西島一洋が舞台美術/2010年12月/名古屋能楽堂/パンク歌舞伎「マクベス」/詳細はここをクリック≫     ◆西島一洋が行為痕跡を出品/アート&エコ マッチングプロジェクト/名古屋市民ギャラリー矢田/2010年10月19日(火)~24日(日)/詳細はここをクリック≫     ◆西島一洋→素描/詳細はここをクリック≫    ◆西島一洋現場行為→2010年9月26日日の出より日没まで/表浜海岸にて/太平洋採集行為     ◆西島一洋年内の予定→◆2010年10月展覧会、11月現場行為、12月舞台美術。  ◆現場行為→2010年8月5日KD・Japonにて。/詳細はここをクリック≫   ◆現場行為→2010年8月13日ミュージックファームにて。/詳細はここをクリック≫     ◆2010年2月22日午後2時22分。松澤宥追悼儀。      ◆Twitter始めました。→http://twitter.com/aetta01 よろしく。 西島一洋  ■■[aetta memo] 2009年12月18日~23日、「ハポン劇場project:西尾劇場公演/ダンス・タンス・ダンス」、西島一洋は舞台美術を担当。詳細はここをクリック≫   ◆大須のギャラリー・プシュケ「林裕己展」の最終日に西島一洋が行為。詳細はここをクリック≫   ◆「常滑フィールド・トリップ2009」の企画の一つPAAT「ここ で 深呼吸」INAXライブミュージアムで西島一洋が行為。詳細はここをクリック≫   ◆「闇」についての行為/大須東仁王門通にて/西島一洋の行為/詳細はここをクリック≫   ◆2010年1月以降日時未定、「夏目漱石交感儀・終了の儀式」西島一洋の体現行為。とりあえずのメモなど詳細はここをクリック≫◇     ---以前のこの欄のmemoや短信などは、ここをクリック≫[aetta memo]  西島一洋/記■■  ■2009年9月1日のメモ/9月1日(火)午後8時ころより9時ころにかけて、この2枚を吊るした。この2枚というのは、8月8日に行った行為の痕跡物である。名古屋大須東仁王門通りの、西入り口側と東入り口側の2箇所。吊るす期間は一週間。9月1日(火)の夜から来週の9月7日(月)の夜まで。この一週間各日とも24時間終日吊るし続けてあるので、どの時間帯に行っても見ることができる。どうぞ。一週間後の9月7日(月)の夜7時40分過ぎに、自らはずしに行く予定。  ■2009年8月23日のメモ/今日は、午後、一宮の織部亭にて林裕己の撮影行為。被写体行為を依頼された西島一洋は鉄球とふんどしを携えて現場に向かう。…その後…現地で久しぶりに大島誠二さんと会うことができた。感無量。彼の心の美しさを再認識した。そして、僕としては初対面の石倉悦加さん。彼女は、パフォーマンスというものをはじめてみたのが神戸の大震災の前夜に名古屋の留学生会館の屋上で僕が行った現場行為とのことだった。また、林君のお母さんは、肝臓がん。今日の被写体の主役は彼女。150cmにも満たない小柄の老女。ガンダーラ美術の仏像彫刻のように美しい。彼女の肩に僕はふんどし姿で手をかけた。肩は意外にも細くはなく、しっかりしていた。労働のにおいを感受。     ■2009年8月1日のメモ/ ◆大須「闇市」…8月8日(土)…西島一洋は、ここで何か行為を行う。詳細はここをクリック≫   ■2009年6月28日メモ/◆西島一洋は、現在、NYブルックリンのKENTLER INTERNATIONAL DRAWING SPACEにて6月6日から7月13日まで開催中の展覧会に出品/詳細はここをクリック≫   ---以前のこの欄のmemoや短信などは、こちら≫[aetta memo]  西島一洋/記■■
■contact us :アートメッセージなど下記連絡先へお寄せください。
contact us  Art-Letter編集室



★contact us Email adress [ Art-Letter ]

●お手数ですが、SPAMメールと区別するために、
件名欄には必ず
To [ Art-Letter ] と記入していただけるようお願いします。
SPAM防止のため画像表記になっています。お手数ですが、あて先アドレスは直接入力してください。
●なお、メールソフトをご利用されている場合は、
上のメールアドレスの画像をクリックすればメール新規作成画面にリンクできます。


Art-Letter
about us は、こちらへ≫




当ブログへのリンクについて

下記ご参照ください。

「リンクに許可は不要です」/※参照先は、ここをクリックしてください≫
但し、リンク先のURLが、アドレスバーに現れるように、リンクして下さい。
どの頁へのリンクでも、ご自由でかまいませんが、トップ頁へリンクの場合は下記のURLになります。

http://aetta.blog62.fc2.com/

FC2のブログを利用の方でログインされている場合は、
下をクリックしてください。↓



リンクバナーを、ご利用いただく場合は下記をどうぞ。

Art-Letter / performance art
[ Art-Letter / performance art ] link banner

姉妹誌:パフォーマンス・アート新聞…略して「ぱふぉ新聞」は、
こちら↓

http://air.ap.teacup.com/nipaf/
[パフォーマンス・アート新聞…略して「ぱふぉ新聞」] link banner



この頁のトップに戻る▲


 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / performance art ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る


この頁へのコメントはこちらへ



★Improvisation Performance Live 詳細textへ≫




◆contact us | 【2007-05-13(Sun) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments(-)
漆黒の馬/kazuhiro nishijima 20photos : ART-Message > page10

★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

★このブログの全コンテンツ一覧へ≫ ★about us の頁へ ★contact us の案内の頁へ:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★BBS:掲示板の案内の頁へ ★[mixi]NIPAF関連の案内の頁へ:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 体現集団φAETTA 修正


★ART-Message Index へ戻る ★ART-Letterのコーナーでは、アエッタやニパフ関連だけでなく、アーティストからのメッセージやお便り、そのほかさまざまなアート情報などを、ご紹介します。 ART-Message Index page> 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01

ART-Message page10




[漆黒の馬/kazuhiro nishijima 20photos]




◆ART-Message page10 [漆黒の馬/kazuhiro nishijima 20photos] ◆この頁のトップへ戻る



◆ART-Messageの目次に戻る




ART-Message Index
 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 ≪ART-Message category



 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る




◇ART-Message > page | 【2007-05-10(Thu) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
K.D japon ー空き地ー (KDハポン) 2008.5/2-3 パフォーマンス・アートのイベント アジアから6名+日本人7名 「小東亜共栄軒'08 名古屋」 : ART-Message > page09

★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

★このブログの全コンテンツ一覧へ≫ ★about us の頁へ ★contact us の案内の頁へ:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★BBS:掲示板の案内の頁へ ★[mixi]NIPAF関連の案内の頁へ:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 体現集団φAETTA 修正


★ART-Message Index へ戻る ★ART-Letterのコーナーでは、アエッタやニパフ関連だけでなく、アーティストからのメッセージやお便り、そのほかさまざまなアート情報などを、ご紹介します。 ART-Message Index page> 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01

ART-Message page09


下記イベント終了しました。ありがとうございました。
記録は現在作成進行中ですが、こちら≫ をご覧ください。


以下のパフォーマンス・アートのイベントを開催します。
ぜひお越しいただけるよう、ご案内申し上げます。
西島一洋


段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫
イベントの概要≫  簡単な出演者紹介はこのページの下のほうへ ≫




小東亜共栄軒'08 名古屋


(イベントの概要)

パフォーマンス・アートのイベント

アジアから6名+日本人7名

2008年5月2日(金)3日(土)

pm7:00-9:00

K・D Japon ハポン

◆会場アクセス◆/下の方に記載してあります。



kdjaponpanelx578x427.JPG★artist1/Yingmei Duan★artist2/Chaw Ei Then★artist3/Chen Jin★artist4/Shu Yang★artist5/Vasan Sitthiket★artist6/Mamiko Kawabata★artist7/Machiko Tagami★artist8/Harumi Terao★artist9/Shin-ichi Arai★artist10/Kazuhiro Nishijima★K.D-Japon-map

◆催名:小東亜共栄軒'08 名古屋
◆内容:パフォーマンス・アートのイベント
◆日時:2008年5月2日(金)3日(土)pm7:00-pm9:00
◆会場:KDハポン(K・D Japon)
◆入場料:1500円 (入場時に1ドリンクオーダー代500円が別途必要になります。)

◆出演者:::各アーティストの紹介頁は、下記アーティスト名をクリックしてください。

◇5月2日(金)
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
川端希満子 Mamiko Kawabata
丸山真 Makoto Maruyama
梅村軍司 Gunshi Umemura
西島一洋 Kazuhiro Nishijima

◇5月3日(土)
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
田上真知子 Machiko Tagami
寺尾晴美 Harumi Terao
荒井真一 Shin-ichi Arai

◆問い合わせ先:0568-23-2017(西島一洋):mailはこちら≫
◆名古屋開催企画/西島一洋&寺尾晴美


◆会場アクセス◆
K・D Japon(ケーディ・ハポン)
住所:名古屋市中区千代田5丁目12−7
電話:052-251-0324
・JR鶴舞駅北口より高架沿いに北上(千種方面)徒歩約3分
・同じく地下鉄鶴舞駅2番出口より徒歩約7分

地図:



◆小東亜共栄軒'08 全国日程
4月26日(土)-29日(火)/東京:Gallery mestallaおよび美学校
5月2日(金)-3日(土)/名古屋:K・D Japon (ケーディ・ハポン)
5月5日(月)/富山:富山中央通りシャルムビル1F

==================================

以下は、出演アーティストの簡単な紹介です。
写真等、詳しくは各アーティストの詳細頁をご覧ください。
各アーティストの詳細頁は下記の写真か名前をクリック。

==================================


------------------------------------------------------------------
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
------------------------------------------------------------------
★段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China 1969年生。数少ない「北京・東村」の女性メンバーの1人。栄栄に東村の作家(馬六明、朱冥など)のポートレイトやパフォーマンスの写真を撮ることをアドバイスした。東村の作家による「名もない山の標高を1m高くする」(1995年)にも参加。1998年ドイツ移住。マリーナ・アブラモビッチにパフォーマンスアートを学ぶ。東村時代の自画像の作品から一貫して、真摯に「自分」を成立させているもの(ジェンダー、社会環境など)のありかた、構造を追求している。自画像を描いた女性は彼女が中国美術史上初めてだったと思われる(革命前、美術にとって(も)女性はオブジェクトであり、革命期・革命後も女性が美術に参加することは文学よりもまれであったから)。
段英梅の詳細頁 へ ≫  段英梅の公式ホームページ ≫  英版wikipedia ≫  arts.tom.com ≫

---------------------------------------------------------------------------
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
---------------------------------------------------------------------------
★チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma1969年生。2001年には友人と自分の作品を超低価格で売る行商パフォーマンスを行い逮捕された。超低価格の場合アウン・サン・スー・チーさんの父親アウン・サン将軍の肖像の入った旧紙幣を使うことになるため(定額紙幣は超インフレのビルマでは現在実質上流通していない)、政治活動とされた。2カ月の拘留の後、別の大規模な反政府活動捜査のために、解放される。2007年に入ってからは、国内事情が悪化しているため帰国できない状態にある。2002年NIPAF参加。
チョウ・イーティンの詳細頁へ ≫
チョウ・イーティンとテイ・リンを紹介する「ニューヨーク・タイムズ」2007年8月13日号 ≫  記事和訳 ≫

----------------------------------------
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
----------------------------------------
★陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China1964年生。男性。2000年に舒陽、朱冥と中国初の国際パフォーマンスアートフェスティバル「OPEN Art Festival」を開催。以後毎年継続、07年には8回目を迎える。01年フィンランド「EXIT」フェスティバル参加。3mの高さから中国の現主席のポートレイトに小便をかけ、その後そこから飛び降りるというセンセーショナルな作品を発表。02年NIPAF(Nippon International Performance Art Festival )参加。07年カッセル「ドクメンタ」のアイ・ウェイウェイ作品に参加。07年北京798アートスペースで非商業的アートスペース「OPEN REALIZATION CONTEMPORARY ART CENTER」を始める。
陳進の詳細頁 へ ≫  OPEN Art Festival ≫

------------------------------------------
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
------------------------------------------
★舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China1969年生。画家、評論家、編集者、役者でもある。2000年の「OPEN Art Festival」では、オーガナイザーとして逮捕される。中国初の現代美術雑誌「新潮」(2000-01年)副編集長。01年以降黄鋭(ファンルイ)を助けて北京798アートスペース*の立ち上げにかかわる。02年NIPAF参加。役者としては、03年東京の「ハイナー・ミュラー」フェスティバルに「紙老虎(Paper Tiger Studio)」グループの一員として来日。03年以降「DaDao Festival」を毎年開催。中国のアンダーグラウンドのパフォーマンス、およびドキュメント(写真)を積極的にヨーロッパに紹介している。06年国際交流基金「美麗新世界:当代日本視覚文化」中国側コーディネーター。
舒陽の詳細頁へ ≫  DaDao Festival ≫  北京798アートスペース ≫  英版wikipedia ≫

------------------------------------------------------
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
------------------------------------------------------
★ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand1957年生。画家、反体制フォークシンガーでもある(CDもたくさん出している。南正人に風貌がそっくりで、実際知り合い)。1998年からの国際パフォーマンスアートフェスティバル「Asiatopia」の実行委員。またタイ芸術家党評議員(07年認可済政党)。タイ芸術家党は日本で秋山佑徳太子が都知事選で行ったバイタリティとユーモア、ヨーゼフ・ボイスがドイツで行ったユートピア的コンセプチャリズムをもろとも体現しようとする党だ。タイの反体制活動のTシャツの多くを手がけ、それらが1000枚になったことを記念する展覧会も開かれた。
ワサン・シティケットの詳細頁へ ≫  Asiatopia ≫  Vasan painting ≫
Vasan Sitthiket 「Burning Dream」 track05(3.8MB) mp3 music ♪ ≫

-------------------------------------------------
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
-------------------------------------------------
★ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea"The bird" ≫ (8 Open Art Fes. 07年9月北京≫
韓国のアーティストホン・オボン(洪五奉)氏の企画/
KIPAF(金泉市)
DIPAF(東海市)
SIPAF(ソウル市) ≫

ホン・オボンの詳細頁へ ≫
荒井真一ウェブのホン・オボンの詳細頁へ ≫

----------------------------------
川端希満子 Mamiko Kawabata
----------------------------------
★川端希満子 Mamiko Kawabata1972年生。1996年よりNIPAFに参加。1999-2001年に彼女の行ったパフォーマンスは、日本を含め、イギリス、アメリカ、中国、タイ、インドネシア等では、今ではもう伝説になっている。「I am not an artist. I am a sex warker.」というコンセプトのもと、かなりの問題作を試みたため。00年「ジャパン・ソサエティ」(米・ニューヨーク)の同パフォーマンスでは、終演後、観客との活発なディスカッションが繰り広げられた。06年以降少しずつ活動を再開。現在も私たちの無意識の中に潜むジェンダーについての作品を手掛けている。
川端希満子の詳細頁へ ≫

---------------------------------
田上真知子 Machiko Tagami
---------------------------------
★田上真知子 Machiko Tagami1971年生。オノヨーコの本を読んで、パフォーマンスアートの表現力に魅了され、渡米。2001-06年は、東京の大塚にてフリーアートスペース、アウトラウンジの企画、運営を手掛けた。07年都電を借り切った「ゼロ次元以後のアクションアート」では加藤好弘から、20代の作家まで9人のパフォーマンスを2日間にわたって紹介した。自身の作品は「いかに風景を意識化していくか」をテーマに「サバサバとした運動体でいること」と名付けてドイツ・中国・東京等で発表。
田上真知子の詳細頁へ ≫  ゼロ次元以後のアクションアート ≫

-----------------------------
丸山真 Makoto Maruyama
-----------------------------
★丸山真 Makoto Maruyama■1975年長野生。
踊り。
身体をつかう。
■参考資料:
資料1:◇記録◇ NIPAF'07夏:名古屋公演:七ツ寺共同スタジオ ≫
資料2:◇記録◇ NIPAF'07春:名古屋公演:日本陶磁器センター4Fホール ≫
丸山真の詳細頁へ ≫

-----------------------------
梅村軍司 Gunshi Umemura
-----------------------------
★梅村軍司 Gunshi Umemura1977年生。
名古屋生まれの名古屋育ち。名古屋造形大で染織を学ぶ。刺繍アート、料理人、フリスビー…。印象に残るパフォーマンスは、七福邸で巨大鏡餅を焼き、熱い餅を背負い、我慢できなくなったら邸から飛び出て、近くのどぶ川で体を冷やし、再び戻り何度もその行為を繰り返すというもの。一見突飛な行為のようだが、その行為はたんたんとして、静かな祈りの行為のように見える。
梅村軍司の詳細頁へ ≫

---------------------------
寺尾晴美 Harumi Terao
---------------------------
★寺尾晴美 Harumi Terao1969年生。金沢美術工芸大学卒。1994年から東京、名古屋などで絵画による個展。パフォーマンスは、1999年に名古屋港の倉庫跡で開催された日本国際パフォーマンスアート・フェスティバルのスタッフとして参加し、その後2000年より開始する。国内のほか、カナダ、韓国、中国、ミャンマー、フィリピンなどでも活動。なお、寺尾のパフォーマンス開始は99年からだが、金沢美大在学中に、同学の学友で近年「時をかける少女」で一躍有名になった細田守監督が学生時代に作った実験映画にも主演女優として出演しており、もともとパフォーマンスへの十分な素地はあったと考えられる。
寺尾晴美の詳細頁へ ≫

--------------------------
荒井真一 Shin-ichi Arai
--------------------------
★荒井真一 Shin-ichi Arai1959年生。1982年美学校で吉田克朗から銅版画を学ぶかたわら、サエグサユキオ、久住卓也、ホシノマサハル、赤木能里子と「赤木電気」を結成、即興パンクおよびパフォーマンスを始める。1983年「天国注射の昼」にて「日比谷野音、赤ペンキぶちまかし事件-川俣軍司に捧ぐ」。その後「大昭和発電」(w/桑原正彦、久住)、「現場の力」(w/サエグサ)、「福福物語」(w/鈴木健雄、谷川まり、サエグサ)に参加。1999年より「Happy Japan!」などソロで活動。06年東アジア(フィリピン、中国、タイ、インドネシア、香港)の5作家を招き「大東亜共栄軒」を企画。日本での公演はその作品の性格上、非常にまれ。
荒井真一の詳細頁へ ≫  荒井真一ウェブ ≫  Happy Japan! ≫  大東亜共栄軒 ≫

---------------------------------
西島一洋 Kazuhiro Nishijima
---------------------------------
★西島一洋 Kazuhiro Nishijimaポツダム宣言から7年後、生まれる。その時の家業は録音業、レコード盤を作る器械があった。家業はかんばしくなく、5才の頃から祖母が細々と営んでいたうどん屋の2階の四畳半に親子5人。父は、色々事業を起こすがことごとく失敗で借金の山。うどん屋も手伝ったが、家計の足しにはならぬ、小6より、酒屋、プレス工、木工、染色工、牛乳配達。16才の時から絵かきとなるが、収入は無い。その後、掃除夫、ちり紙交換、キャバレーボーイ、劇場大道具、デパート店員、印刷ブローカー、版下デザイン、看板制作、洗濯夫、モデル、似顔絵、喫茶店、生花市場、などをてんてんとしながら、29才専業絵かきとなり現在に至る。また、1970年代よりハプニングやパフォーマンスに隣接する名称不能行為を断続的におこなう。1988年には「体現」と名付け体現集団φアエッタを創始、個人または集団で活動を続けている。「体現」は開かれた表現の領域としてのパフォーマンスアートとは一線を画しており、むしろ表現という幻想の抑圧から逃れる旅を続けているといった方が適切かもしれない。
西島一洋の詳細頁へ ≫

=================

では、ぜひお越しください。

=================



◆ART-Message page09 ◆K・D Japon (KDハポン) 2008.5/2-3     ◆この頁のトップへ戻る



◆ART-Messageの目次に戻る




ART-Message Index
 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 ≪ART-Message category



 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る




◇ART-Message > page | 【2007-05-09(Wed) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
アート・ビデオ上映会 : アートスペースφAETTA 2008年1月12日 : ART-Message > page08

★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

★このブログの全コンテンツ一覧へ≫ ★about us の頁へ ★contact us の案内の頁へ:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★BBS:掲示板の案内の頁へ ★[mixi]NIPAF関連の案内の頁へ:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 体現集団φAETTA 修正


★ART-Message Index へ戻る ★ART-Letterのコーナーでは、アエッタやニパフ関連だけでなく、アーティストからのメッセージやお便り、そのほかさまざまなアート情報などを、ご紹介します。 ART-Message Index page> 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01

ART-Message page08

(下記上映会は終了しました。特に「(3)そのほか超レア秘蔵映像および映画も上映」は好評でした。次回未定ですが、またこれに絞っての上映会を企画したいと思っています。興味をもたれた方は「ぱふぉ新聞」編集室までご連絡ください。)

アート・ビデオ上映会

2008年1月12日(土)pm1:00-pm5:00

アートスペースφAETTA  ◆会場アクセス◆/下の方に記載してあります。

ART VIDEO 上映会ART VIDEO 上映会ART VIDEO 上映会ART VIDEO 上映会ART VIDEO 上映会ART VIDEO 上映会

◆内容:アート・ビデオ上映会と雑囲談
◆日時:2008年1月12日(土)pm1:00-pm5:00
◆会場:アートスペースφAETTA
◆入場および参加費無料
◆食べ物飲み物は各自持ち寄りです。(手ぶらでもOK/手ぶらの人は1000円カンパ)
◆誰でも参加できます。
◆上映ビデオ
(1)2007年NIPAF夏名古屋公演(七ツ寺共同スタジオにて)の記録映像
(2)2007年夏プレ・イベント公演(明通寺にて)の記録映像
(3)そのほか超レア秘蔵映像および映画も上映します。

◆会場アクセス◆
【アートスペースφAETTA】
名古屋市昭和区萩原町2丁目15番地
電話は当日のみ:052-761-2656
最寄の地下鉄駅:鶴舞線「川名」、または東山線「覚王山」

●「川名」からは徒歩約12分
川名駅1番出口を出たら、大通りを北に進んでください。東西南北を間違えないように。信号ひとつ超えたところに「広路小学校」があり、そのまま北に10分ほど進んでください。川原通り3丁目の歩道橋の下をくぐって、すぐの角(手前がタバコや向こう角が猫屋、本当に猫を売っている)を左(西)に曲がり、最初の角を右(北)に曲がる。そこから100mほど北にある(左手)歯医者さんの北隣の平屋です。看板出てます。
●「覚王山」からは徒歩約15分
覚王山3番出口を出たら、大通りを東へ進んでください。東西南北を間違えないように。200m進むと「末盛通り2丁目」の交差点に出ます。そこを右(南)に曲がり、南へ徒歩13分、右手(西側)の「Book off」(古本屋)のすぐ次の角を、右(西)へ曲がり、1本目の角を左(南)へ曲がり、すぐ右手(西側)のところです。看板出ています。南隣が歯医者さんです。
●迷った場合
「川原小学校」を誰かに聞いてください。「川原小学校」の一本東の南北の道にある歯医者さんの北隣です。「川原小学校」はすぐ近くですから、そこから電話してください。

★map
aetta map jpeg 236x300 自動修正版 .JPG


この頁のトップへ戻る



◆ART-Messageの目次に戻る




ART-Message Index
 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 ≪ART-Message category



 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る




◇ART-Message > page | 【2007-05-08(Tue) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments(-)
台湾レポート in TIPAF'07 三澤真也 Shinya Misawa : ART-Message > page07

★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

★このブログの全コンテンツ一覧へ≫ ★about us の頁へ ★contact us の案内の頁へ:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★BBS:掲示板の案内の頁へ ★[mixi]NIPAF関連の案内の頁へ:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 体現集団φAETTA 修正


★ART-Message Index へ戻る ★ART-Letterのコーナーでは、アエッタやニパフ関連だけでなく、アーティストからのメッセージやお便り、そのほかさまざまなアート情報などを、ご紹介します。 ART-Message Index page> 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01

ART-Message page07


三澤真也氏(東京在住)からのお便りです。(2007年9月)


台湾レポート in TIPAF'07


三澤真也 Shinya Misawa

01 Shinya Misawa in Taiwan
01 Shinya Misawa in Taiwan

 先日、TIPAF'07(台湾インターナショナルパフォーマンスアートフェスティバル)に参加してきた。

02 Shinya Misawa in Taiwan
02 Shinya Misawa in Taiwan

 霜田さんと共に台北へ向かう飛行機の中で開いた台湾の新聞には、TIPAFのことがどの新聞にも大きく取り上げられていて、僕がそのことに驚いていると、霜田さんが、「台北は名古屋くらいの規模の都市で、またマスコミが非常に発達しているから、なんでもすぐに記事になるんだよ。」と話してくれた。
 それにしても、日本で同じようなイベントを企画したとしても、ああいったマスコミの反応を得ることはそう容易いことではないだろう。それを考えると複雑に、そして自分の責任を逃れるために個人の顔が不透明になっている今の日本の都市社会に比べて、台湾はもう少しシンプルにアーティストや文化人が何か社会にコミットしたときの反応が得られるようで、ツーリストの安易な一時的な視点でしかないけれど、人と人との熱を感じた。

03 Shinya Misawa in Taiwan
03 Shinya Misawa in Taiwan

 それは、最終日にワンモーリンさんの家に泊めて頂いたときにも同様に感じた。
 僕は今回初めて彼のことを知ったので、詳しいことは分からないけれど、ワンモーリンは、政治批判を実践してきた人で、「政治では本当の意味で社会を変えることはできない。人間性から変えていかなければ。」と今では文化活動を実践している台湾の有名人ということだ。彼は昨年患った癌のために、酒も肉もやめて夜もそんなに人が集まることはないようだけれど、病気になる前は毎日のようにいろいろな職種の人々、いろいろな世代の人が集まって、酒を飲みながら、議論をしていたという。もちろん、それはワンモーリンがスペシャルな人だからと言っている人がいたけれど、その夜も、イーリンやリーチュン、ワタンなどが集まってリラックスしている様子をみると本当に気心が知れていて、違う世代どうしがよくコミュニケーションを取り合っていると感じた。

04 Shinya Misawa in Taiwan
04 Shinya Misawa in Taiwan

 今日本は違う世代間のコミュニケーションが圧倒的に減少していっている社会な気がする。身近な例をあげれば、みんなスーパーマーケットへ買い物にいって、豆腐屋や、八百屋、魚屋へは通わなくなって、それらの小さなお店はどんどん消滅していきコミュニケーションの場がなくなっていく、とか。核家族が増えているとか。フランチャイズの店が増えて、小さい個人経営のお店が消えていくなどなど。
 そういった縦割りの社会状況に対して、違う世代間がどうやって新たな方法でつながりを作っていくのかということも、ぼくらの大きな課題な気がする。

01 Wan Molin in Tawan
01 Wang Mo-lin in Tawan

 さて、話題をフェスティバルに戻そう。 今回のTIPAF'07のパフォーマー中で、僕の印象に残ったパフォーマンスは先住民であるワタンのパフォーマンスだった。「特別な技術なんか何もない。それでも俺は伝えたい。」そう開き直った「人」のパフォーマンスは時に強く人の心を打つ。シアターの舞台の上で、天井から降るコカコーラを浴びながら裸で踊る、彼の姿は美しかった。彼はシンプルだ。余計なものは何もない。ゆえに心に響く。
 今回TIPAFでは台北からバスで2時間近くかかる都市でも、野外パフォーマンスを敢行した。ワタンはその道のりをバスは使わずに、自転車に乗ってやってきた。そして、パフォーマンスをした。ある夜、飲み屋でそのことを問いただした人がいた。彼は「生活自体がパフォーマンスなんだ。」といっていた。言うは易し、行うは難し。
 身の引き締まる思いがした。

01 Ronald Ruiz
01 Ronaldo Ruiz

 初めて見た霜田さんの「on the table 」も同様に目が離せないパフォーマンスだった。まさに人体彫刻。多くの彫刻家が様々なマテリアル、様々な手法を用いて挑んできた人体というモチーフに自らがなってしまうという表現はやはり、歴史の中でひとつの新たな扉を開いた表現であろう。これもまた、開き直りのすがすがしさか。

02 Ronald Ruiz in Taiwan
02 Ronaldo Ruiz in Taiwan

 なにはともあれ、今回も1週間という短い期間の中で色々なことがありました。他にも、ドラッグをやってHIVに感染した両親から生まれた子供たちの施設へいったり。フィリピンのロナウド・ルイズやマーロン・マグアヌアの底抜けの明るさに触れたり。霜田さんが切り拓いてきたきた新たなつながりに感謝します。謝謝!

三澤真也 Shinya Misawa



In front of The theater
In front of The theater

三澤真也 Shinya Misawa
■参考資料:
参考資料1:artist file No.26 三澤真也 Shinya Misawa
参考資料2:★ART-Letter01: フィリピン、インドネシア感想:三澤真也 Shinya Misawa
参考資料3:★◇Record:◇記録◇ NIPAF'07春:名古屋公演

◆ART-Message page07 / 台湾レポート in TIPAF'07 三澤真也 Shinya Misawa  ◆この頁のトップへ戻る



◆ART-Messageの目次に戻る




ART-Message Index
 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 ≪ART-Message category



 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る




◇ART-Message > page | 【2007-05-07(Mon) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
乱動通信 今年後半突入! CHIMERA= 奇目羅 同時起動!! 羽月雅人 Masato Hatsuki : ART-Message > page06

★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

★このブログの全コンテンツ一覧へ≫ ★about us の頁へ ★contact us の案内の頁へ:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★BBS:掲示板の案内の頁へ ★[mixi]NIPAF関連の案内の頁へ:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 体現集団φAETTA 修正


★ART-Message Index へ戻る ★ART-Letterのコーナーでは、アエッタやニパフ関連だけでなく、アーティストからのメッセージやお便り、そのほかさまざまなアート情報などを、ご紹介します。 ART-Message Index page> 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01

ART-Message page06



羽月雅人氏より、横浜からのお便りです。


乱動通信


今年後半突入!


CHIMERA= 奇目羅


同時起動!!



各々方

7月1日(日)は蒸し暑さを吹き飛ばすかのようにポツポツと適度な雨露が落下する横浜日本大通り、ZAIMシアターにて新進気鋭の映画作家と元自民党川崎市議会議員をお招きし時局大演説会を催したところ、3時間超の(内容が)大盛況と相成りまして、Art corrective CHIMERAの旗揚げとしては誠に結構な按配。
ご来場くださった皆様には改めてこの場を借りて感謝の言葉を送る次第です。

あらゆるジャンルを束にしてニッポン人のメンタリティを暴き出す現代アート企画集団★CHIMERA=奇目羅!
映画部門「妄想キネマ港座」シリーズ第一弾は肩の力を抜きゆるゆると始まったが、やがてゲストも客も本音連発!!

出演者のいまやムービースター山内和彦氏は、
反自民の観客が多かったにも拘わらず
終了後、
「こんな楽しい会はなかった!」
と揚州商人ラーメンをかきこみニッコリ。
想田和弘監督は、上映された学生時代の作品を美術評論家.日夏露彦氏からベルイマンを引き合いに出され、想田、山内両氏はベルリン映画祭やら大阪の酒場「風まかせ」等で鍛えたせいか場慣れした漫才トークをご披露。
司会を務めた私も言いたいこと言えてこんな楽な会はなかった!
しかし、観客の中でただひとり「本編の上映はないのですかあ?」とトンチンカンな質問をした北川純君!しっかり渋谷のイメージフォーラムに駆けつけて観るように!

ということで、
映画『選挙』公式サイトを見てチェックしてね。
映画『選挙』公開初日の模様も動画で見られます。
http://www.laboratoryx.us/campaignjp/index.html

ということで、ZAIMに駆けつけてくれた観客もちょっとだけ紹介。

●日夏露彦(美術評論家)
「日本美術・負の現在」
http://www33.ocn.ne.jp/~artv_tenpyo/tenpyo/appeal/hinatu-hunogenzai.html
危機に瀕する美術言説
http://www5c.biglobe.ne.jp/~kanazuch/hihyo.htm

●北川純(アーティスト)
こんなことをやっているアーティストであるが
http://www.qs-net.jp/kitagawa/
横浜ではこんなこともやっている。
寿町勤労福祉会館天井画作戦
http://www.sokeinp.com/2006/06072702.html

●森 顕爾(アーティスト)
74歳になる老画家であるが反イラク戦争の意思を貫き、横浜で「ノーウォー美術家の集い」展実行委員長を務める論客。
森さんの 名を検索したら、寮美千子さんという女性の掲示板で発見。
http://ryomichico.net/bbs/cafe0033.html
Cafe Lunatique (No.0033)
高橋喜治の書き込み 「一冊の教科書」2004年02月21日(土)を探してね。

★当日のスタッフ
司会・照明...羽月雅人
空調係その他...トシダミツオ
コーディネーター&プロジェクター...宮崎真子
受付...ワケ(多摩美学生)、Snaf(NPO活動家)、ごっちん(壁画アーティスト・主婦)



キメラ、次の企画は7月7日(土)14時より再び、ZAIMにて
妄想キネマ『港座』シリーズ第2弾!
映像作家&元日本赤軍・足立正生氏をお招きしての確信犯的共謀罪トークと幻の映画「略称 連続射殺魔」の大公開!

お楽しみに!
次回の司会はトシダミツオ。さてどう切り込むか。
http://za-im.jp/php/piCal+index.caldate+2007-7-7+smode+Daily.htm
あ、こちらも対談相手がいるから楽か。
しかし、驚くべきゲストって誰だろう?

足立正生Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E7%AB%8B%E6%AD%A3%E7%94%9F

★世界で唯一の
羽月雅人(根岸屋メリorアントニオ・M)


◆乱動通信 今年後半突入! CHIMERA= 奇目羅 同時起動!! 羽月雅人 Masato Hatsuki   ◆この頁のトップに戻る



◆ART-Messageの目次に戻る




ART-Message Index
 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 ≪ART-Message category



 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る




◇ART-Message > page | 【2007-05-06(Sun) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
中国・北京「六月聯合」 荒井真一 Shin-ichi Arai : ART-Message > page05

★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

★このブログの全コンテンツ一覧へ≫ ★about us の頁へ ★contact us の案内の頁へ:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★BBS:掲示板の案内の頁へ ★[mixi]NIPAF関連の案内の頁へ:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 体現集団φAETTA 修正
◆ART-NEWS≫2008年5月2日(金)3日(土)名古屋鶴舞 K・D Japon (ケーディ・ハポン)にて◆
◆パフォーマンス・アートのイベント 「小東亜共栄軒'08」 アジアから6名+日本人7名◆
◆詳しくはここをクリック◆


★ART-Message Index へ戻る ★ART-Letterのコーナーでは、アエッタやニパフ関連だけでなく、アーティストからのメッセージやお便り、そのほかさまざまなアート情報などを、ご紹介します。 ART-Message Index page> 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01

ART-Message page05


荒井真一氏(富山出身/東京在住)からのお便りです。(2007年6月)


中国・北京 "六月聯合"


●中国・北京で、
6月1日から6日まで開催された「六月聯合」に参加してきました。


荒井真一 Shin-ichi Arai

中国では1989年の六四、天安門は反革命集団が引き起こした国家転覆動乱であり、それを追悼、記念するということは、即、反革命であり、国家転覆を図ることになります。

そのような中で中国のアーティストたちはこの企画を実行しました。どこにも天安門という言葉も、六四という言葉も使われていません。しかし.....。

私は6月3日のよる北京に着きました。
3日はオーガナイザー王楚禹(Wang Chyuyu)の家で深夜まで酒を酌み交わし、翌朝8時ごろトイレに起きると、なにやら真剣な面持ちでミーティングをやっています。寝ぼけ眼で中に2人しきりにメモを取る変なやつがいるのに気づきました。眼が怖い。公安でした。毎朝来るそうで結局イベントが終わるまで毎朝来ました。

イベントにも私服がいっぱい来ました。
特に、5、6日は屋外だったためマイクロバス1台、パトカー4台ほかで来ました。
私服は30人、帰り道には制服がやはり20人くらいいます。
中国人は私服からしつこくいろいろな質問を受けていました。
5日にはそのしつこさに切れた参加者3人が警察署に引っ張られました。
結果は3時間で戻ってきましたが、けっこうやばかったようです。

幸い、この3人のほかは誰も逮捕されませんでした。

そのときの様子を、
「UNofficial site=非公式サイト」として以下に立ち上げました。
原文英語 http://www.araiart.jp/4june07.html

日本語へ自動翻訳 中文自动翻译
ぜひご高覧ください。

参加者は以下のとおり
Liu Hai, Chang Li, Chen Mu, He Ling, Shen Son, Wen Zi, 清水恵美 [日本],Bayaratseetseg.D [Mongolia], Richard Lee [Australia], Yang Dawei, Mai Zi, Li Yan, Bai Chongmin,Tang Cheng, 井上玲[日本], Chen Xi [台湾], Zhao Yue,He Ling, Ma Shang, Bi Xiaobo, 荒井真一, Wang Ru, Liu Boulin, Wen Zhu,Zhu Jiuyang , San Mu, Zhou Bin, Wang Chuyu, Chen Jin, Feng Weidong, Mai Ziほか

荒井真一 Shin-ichi Arai
http://www.araiart.jp/


六月聯合564
※写真は荒井真一氏の「中国・北京 "六月聯合" の非公式サイト」より


◆★ART-Message page05 / 中国・北京 「六月聯合」: 荒井真一 Shin-ichi Arai   ◆この頁のトップに戻る



◆ART-Messageの目次に戻る




ART-Message Index
 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 ≪ART-Message category



 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る




◇ART-Message > page | 【2007-05-05(Sat) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
丹羽良徳 Yoshinori Niwa : ART-Message > page04

★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

★このブログの全コンテンツ一覧へ≫ ★about us の頁へ ★contact us の案内の頁へ:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★BBS:掲示板の案内の頁へ ★[mixi]NIPAF関連の案内の頁へ:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 体現集団φAETTA 修正


★ART-Message Index へ戻る ★ART-Letterのコーナーでは、アエッタやニパフ関連だけでなく、アーティストからのメッセージやお便り、そのほかさまざまなアート情報などを、ご紹介します。 ART-Message Index page> 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01

ART-Message page04



アーティスト丹羽良徳氏(東京)からのお便り

如何お過ごしでしょうか?大変日本は暑くなり、たいした梅雨もなく夏になってしまいそうですね。
さて、今後一ヶ月程度の芸術活動のお知らせをまとめて送らせて頂きます。
来週の多摩川でのバーベキューに始まり、ドイツツアー、最後にブカレスト(ルーマニア)に行って参ります。
バーベキューはドイツ行きの飛行機に乗る2日前なので、是非いらしてくださいね、楽しい時間になるよう準備してお待ちしております。
最近日本赤軍の重信房子の本を読んで思いました。
「これからも武装闘争を続けますか?」と問われ「その時代、その民衆が必要とする闘争を続けてきました。今の日本はそれを必要としていない。」と答えていました。
さて、私達は何を必要としているのでしょうか?

丹羽良徳




アートバーベキュー

野外での展覧会シリーズ1


日時:7月8日(日)13時スタート (バーベキュートークは14時スタート)
場所:東急二子玉川駅下車 5分 多摩川河川敷。二子橋からすぐ map
Fee:500円(フリーバーベキュー、フリードリンク)
問い合わせ先:artbarbecue@yahoo.co.jp

参加作家:
近藤恵介(こんどうけいすけ)、小鷹拓郎(こたかたくろう)
斎藤朝子(さいとうあさこ)、高城幸子(たかぎさちこ)
丹羽良徳(にわよしのり)
トーク参加作家:
丹羽良徳、岩井優(いわいまさる)、Emma Lewis

企画意図:

アートバーベキューは、隣にいる人と感情をシェアするための手段としての展覧会です。
わたしたちは、嬉しいことや幸せなこと、ささいな喜びを多くの人と分ち合いたいと思っています。
シェア=分け隔てなく公平に、分配する共有する、という事はとても理想的な生き方です。
今回この展覧会では、アートを感情をシェアするための手段として捉え、情報・考え・利害・仕事・食物・財産などを通して観客に感情のシェアを強く求めるアーティストと、またキュレーションやディレクションを通しアートそのもののシェアを強く求めるアートディレクターの参加のもと展覧会を実施します。
また河辺での展覧会です。ドローイング、立体、パフォーマンス、そしてトークショーを、河辺で楽しむことができます。トークは「シェアしよう、アートを」というテーマのもと各々のプレゼンテーションを楽しめます。

斎藤朝子




Art of Encountering Issue II

ドイツの5つの都市のパブリックスペースを7人のアーティストとツアーする
http://www.asa.de/
http://www1.odn.ne.jp/~hechima/

July 11 - August 4,2007

A project of E.P.I. Zentrum / NRW and Studio Art Hechima So On / Toki in collaboration with :
Kunstamt Düsseldorf; Kunstraum Düsseldorf; Maschinenhaus Essen; Verein IPAH Hildesheim; ArtIG Hannover;

with artists from Japan
ADACHI Tomomi / ARAI, Shin-ichi / HABA, Kaori / NIWA, Yoshinori / SHIRAI, Hiromi / TAGAMI, Machiko / YAMAOKA, Sakiko

Information and more details:
Köln, Düsseldorf: asabank@asa.de
Essen: maschinenhaus.essen@t-online.de; Monika Günther und Ruedi Schill schillguenther@bluewin.ch
Hildesheim: heike pfingsten; h.pfingsten@web.de
Hannover: Christiane Oppermann; artig.hannover@freenet.de





Pparallel event of

Bucharest Biennale 3


ブカレスト・ビエンナーレ 3 特別イベント
http://www.bucharestbiennale.org/

August 07, 2007
Kite flying with local people
地域住民と凧揚げする
performance by Yoshinori Niwa

11.00 hours | Bucuresti, Piata Universitatii (in front of National Theatre) "Kite flying with local people"
パフォーマンス「地域住民と凧揚げする」
Making a flying kite with trash of Bucharest, he try to fly the kite in Bucharest.

12.30 hours | Bucuresti, Centrul National al Dansului (TNB floor 3/4) "Kites, Catrina, Chickens and more"
レクチャー「凧揚げ、カトリーナ、鶏について…」
Artist talk of Yoshinori Niwa

In Japan, for the cellebration of the New Year in early january, people traditionally fly kites. Usually made out of paper, taking mythical forms such as Octopus, Demon, Animals, etc. My project in Bucharest is to fly kites made out of garbage collected from the streets of the city, i.e. Plastic bags and/or cardboards. This action-art project is a way to collaborate with the people from Bucharest for the making of the kites, and in parallel it constitutes a communicating mixture of Japanese and Romanian culture. Local and global categories are under the scrutiny through this aesthetic action. Trash is part of the culture of any city, and in the garbage one may find the vestiges of international corporations, such as Fast Food chains, mixed with packaging from local producers. The kite will mix them reconstituting the microcosmos of Bucharest. This kite will be the material expression of commodity distribution system, a witness of contemporary global capitalism, and a commentary on the consumer society in Bucharest. The flying kite is untouchable, but it touches us and will make us rethink our socio-political context. The experience of collectively working on a kite with local people may remain in the memory of Bucharest cityscape.

Yoshinori Niwa is a physical performance artist who often incorporates animals, plants, and the environment into his work. Niwa’s aim is to explore how to live with others, especially those of other cultures and social classes. Niwa has performed works in Britain, Canada, Germany, Hungary, Japan, Montenegro, Poland, Serbia, and Slovakia. In addition to his performance work, Niwa is curator and festival organizer. Niwa is currently coordinating an international art festival titled "Artist as Activist" in Tokyo.

Supported by:
Ecorom Ambalaje
Whirlpool Romania
National Center for Dance Bucharest
PAVILION | art & culture magazine
National Dance Center Bucharest

Special thanks to Bucharest Municipality.




■次の次の話

■2007.10.8-14
"Artist as Activist" (Tokyo)

http://www.niwa-staff.org/aaproject.html
東京に於けるパブリックスペースでのプロジェクト、パフォーマンスの実施。文化や民族の違いを越えて共に考え、街や社会との関わり方を考察していく。

■2007.11.1 -14
RESIDENCY at TOU SCENE, centre for contemporary art, STAVANGER, (Norway)

http://www.touscene.com
ノルウェーのスタバンガー にあるTOU SCENEというアートスペースでの2週間のアーティストインレジデンス。
現地での新プロジェクト実行の予定。

■2007.11.26-12.2
"Radiator Festival" (Great Britain)

http://www.trampoline.org.uk/
イギリスのノッティンガムで毎年行なわれるニューメディア芸術祭。 地域の人々を共同で虹を作るプロジェクト「Think over again」を企画中。




■つい最近参加した芸術祭
"Emblem of Men" International Performance Art Festival (Chile)

2007.5.3-5
http://www.perfopuerto.com/
http://www.niwa-staff.org/
南米はチリのサンチアゴに拠点を置くパフォーマンスアートグループによる、国際パフォーマンスアートフェスティバル。男性の象徴をテーマとし、倉庫のような巨大な会場を使用し、3日のみのライブパフォーマンスイベントに画家の松尾思樹君と共に参加してきました。上記のサイトで記録が見れます。

Performance view "A memory with vegetable" 2007 Performance in Santiago / Chile Still image by Shiki Matsuo at performance art festival "Ensemble of Men" organized by Perfopuerto




Artist / Organizer
丹羽良徳 Yoshinori Niwa
Website:Yoshinori Niwa
E-mail#1:niwa@niwa-staff.org
E-mail#2:yoshinori1982@r3.dion.ne.jp
Blog:Yoshinori Niwa
Tel: 090-4187-0362
〒165-0033 東京都中野区若宮2-60-16さゆり荘6号

!New Project!
[Artist as Activist]
[Tokyo-San Francisco Art festival'06]

<丹羽良徳行為芸術新聞>メールニュース配信中!
登録はWebsiteより


この頁のトップに戻る



◆ART-Messageの目次に戻る




ART-Message Index
 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 ≪ART-Message category



 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る


この頁へのコメントはこちらへ





◇ART-Message > page | 【2007-05-04(Fri) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments(-)
お薦めの展覧会を三つ。小林起一、松澤宥、岩田信市。 : ART-Message > page03

★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

★このブログの全コンテンツ一覧へ≫ ★about us の頁へ ★contact us の案内の頁へ:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★BBS:掲示板の案内の頁へ ★[mixi]NIPAF関連の案内の頁へ:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 体現集団φAETTA 修正


★ART-Message Index へ戻る ★ART-Letterのコーナーでは、アエッタやニパフ関連だけでなく、アーティストからのメッセージやお便り、そのほかさまざまなアート情報などを、ご紹介します。 ART-Message Index page> 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01

ART-Message page03




お薦めの展覧会を三つ。

小林起一、松澤宥、岩田信市。

パフォーマンス・アートの先達者たちです。


西島一洋です。
お薦めの展覧会を三つ。
小林起一、松澤宥、岩田信市。
パフォーマンス・アートの先達者たちです。

○「小林起一追悼展」2007年8月26日まで、飯山市美術館。

○「宇宙御絵図」2007年9月24日まで、豊田市美術館。(松澤宥追悼展といっても良いかな?)

○「岩田信市展」2008年1月12日(土)~3月23日(日)名古屋市美術館。
岩田信市の参考資料→http://d.hatena.ne.jp/art-word/20070105/1178038453




★ART-Messageのコーナーでは、
名古屋関連だけでなく、アーティストからのメッセージやお便り、そのほかさまざまなアート情報などを、ご紹介します。


この頁のトップに戻る▲



◆ART-Messageの目次に戻る




ART-Message Index
 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 ≪ART-Message category



 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る




◇ART-Message > page | 【2007-05-03(Thu) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
西島一洋個展のご案内 : ART-Message > page02

★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「林裕己の眼」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 体現集団φAETTA 修正


★ART-Message Index へ戻る ★ART-Letterのコーナーでは、アエッタやニパフ関連だけでなく、アーティストからのメッセージやお便り、そのほかさまざまなアート情報などを、ご紹介します。 ART-Message Index page> 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01

ART-Message page02




西島一洋素描展

Kazuhiro Nishijima


インド料理と画廊・ライブの店「ガンガー」にて

2007年6月30日まで、開催中です。


西島一洋素描展/前橋・原記憶交感儀

2001年に約1ヵ月半前橋に滞在し行った現場行為の記録展です。
文字(巻物類)と映像(ビデオ)による記録展示です。
ぜひお越しください。


◆日時:6月1日(金)~6月30日(土)
(火~金)pm5:00-pm10:00
(土)pm5:00-pm11:00(pm8:00-pm11:00はミュージシャンによる無料ライブ)
(日)pm7:00-pm10:00(pm4:00-pm6:00はミュージシャンによる無料ライブ)
(月)休
◆6月30日(土)最終日のpm8:00
「西島一洋素描展/前橋・原記憶交感・終了の儀」
(無料)
最終日に、西島一洋による終了の儀式を行いますので、皆様ご参列ください。
儀具:氷、身体、鉄球、電球、晒し木綿、巻紙、木槌、朱、墨、筆、輪ゴムなど。

◆会場:インド料理と画廊・ライブの店「ガンガー MAP
日進市梅森町上松661-6(地下鉄平針駅から徒歩15分)
電話(052)806-5570


ガンガー地図:西島一洋個展2007年6月


○6月17日(日)の眼我真さんの「実験・対談曲作り」は、無事終了。
眼我真と西島一洋の対談45分間と会場の全員で鉄球を枯れ枝で叩き音交感行為。
その後、眼我真による即興演奏。
対談の話題の中心となった鉄球のことを盛り込んだ曲でした。
このライブCDご希望の方は、ガンガーまでお問い合わせください。
おそらく1枚600円、ガンガーカレー付きは1000円でしょう。
◆「実験・対談曲作り」のときの記録写真10枚はここをクリック

下は、2001年の朝日新聞の切り抜き記事です。
西島一洋:前橋交感儀:朝日新聞記事



------------------------------
西島一洋
------------------------------
Kazuhiro Nishijima's web Links
Link1/孑孑彷徨変異 Kazuhiro Nishijima
Link2/原記憶交感儀 Think about "proto-memory"
Link3/行為∞思考 Act∞Thought
[mixi]
slide show 1
slide show 2
slide show 3
slide show 4
photo 1
photo 2
photo 3
photo 4
photo 5
E-mail: Kazuhiro Nishijima
------------------------------

この頁のトップに戻る▲



◆ART-Messageの目次に戻る




ART-Message Index
 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 ≪ART-Message category



 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る




露外列九関連頁


kazuhiro nishijima Exhibition / 114photos / ニューヨーク・ブルックリンにて


kazuhiro nishijima Exhibition / 309photos / 黒の部屋、灰の部屋、白の部屋



◇ART-Message > page | 【2007-05-02(Wed) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
フィリピン、インドネシア感想:三澤真也 Shinya Misawa : ART-Message > page01

★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

★このブログの全コンテンツ一覧へ≫ ★about us の頁へ ★contact us の案内の頁へ:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★BBS:掲示板の案内の頁へ ★[mixi]NIPAF関連の案内の頁へ:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 体現集団φAETTA 修正


★ART-Message Index へ戻る ★ART-Letterのコーナーでは、アエッタやニパフ関連だけでなく、アーティストからのメッセージやお便り、そのほかさまざまなアート情報などを、ご紹介します。 ART-Message Index page> 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01

ART-Message page01


三澤真也氏(東京在住)からのお便りです。


フィリピン、


インドネシア感想



三澤真也 Shinya Misawa

05 Shinya Misawa 4

 フィリピン、インドネシアから帰ってきて以来、よく絵を描く。よく寝る、みたいに。夜絵を描いていると夜風に気が触れて、ふと筆が止まって考える。「結局のところ人生は、生きているということでしかないんだろう。ただ花が意味もなく、精一杯咲こうとするのとおんなじなんだろう。」

 絵を描くのに疲れた夕暮れ時、霞の空に浮かんでいるおっ月様を眺めていると、花粉蛍がぼんやりと僕の部屋の窓から入ってきて、僕の鼻をかすめる。すると線香花火がはじけたみたいにパッとなって、ふと僕は花の匂いに気づかされる。それでなんとなく考える。
 
 「そうか、この花の匂い香る僕たちの世界とアンドロメダ輝く壮大な宇宙は繋がっていてひとつなんだ。僕たちが花の香りに微笑し、空を美しいと思い、友達と笑っているこの世界と、宇宙はひとつなんだ。そして、その果て知り得ぬ全体の中で、僕らが生きている人生はほんとに束の間の一瞬なんだ。けれどもそれゆえに、その刹那のきらめきのなんと愛しいことか。

 「儚きこと、 これ良きかな。」(稲垣足穂)

 僕たちはこの儚き一瞬の輝きを、複雑化する世界のシステムに足を捕られて、その人生の煌めきの中にすべての色を反映させる前に燃え尽きてはならない。システムに屈してはならない。なぜなら人は人間らしく生きるべきであり、そういった意味において、人生は楽しむものだから。

三澤真也フィリピンインドネシア感想003

 今回のツアーのなかで、僕たちはフィリピンのマニラにあるトラッシュマウンテンと呼ばれるゴミの山へ行った。そして、そのゴミの山と共に暮らす人々を見てくることができた。彼らの暮らしはもちろん物質的にはギリギリであろうし、ゴミに汚染されたその村で暮らす子供たちの中には、(おそらく汚染によって)頭が禿げてしまっている子供などもいた。

 それでもそこに暮らす子供たちはよく遊び、笑っていた。そんな彼らの暮らしを見ながら、今の日本の社会の様子を考えると、僕には今の日本の精神的な貧しさも物質的な貧しさと同じくらい深刻な問題であると感じられた。

三澤真也フィリピンインドネシア感想002

 今日本の社会では子供が殺人事件を起こしたり、自殺も多くて、そんな子供たちを「今の子供たちは何を考えているのか分からない。」とかテレビなんかではよく言っている。けれども、それは子供が変わったわけではなくて、社会のシステムが変わったわけで、子供はいつの時代も本当は美しく咲きたいと願っている花たちなのだと思う。それは別に子供だけではなくて、大人だって人はみんな同じだと思うけれど。

 日本なんかは社会のシステムがますます複雑になって、この複雑さを読み解いて、間違った社会のシステムを直していくのはまだまだ時間が掛かりそうだけれども、キーワードはやっぱり「愛」だと思う。そして、基本は何にも変わっていないと思う。僕たちは僕たちが住むこの地球を、未来の子供たちのためにどうしていくべきかを学び、考えて、話し合い、出来ることから行動していくしかないんだと思う。

三澤真也フィリピンインドネシア感想001

 僕らもそろそろ未来を考えていかなければならない世代になったから、もう人任せではいられない。大人になるということは、成人したからとか、お金を自分で稼げるようになったからとか、セックスをするようになったからとかそういうことではないと思う。

 それらはそれだけでは自立ではなくて、寄生だと思う。社会に寄生しているだけで、あんまり気持ちのいいことじゃない。大人になるということは、自分たちの次の世代、それからまた次の世代も人間らしく生きられるためにどうすればいいかを考えて、そういう世界を育んでいくことだと思う。そのためには僕ら自身もいつでも風通しが良い、健全な精神を宿していなければならない。

 旅をすることや、二パフのツアーに参加することだけが、その当たり前に人間らしく生きるための手段ではないと思うけれども、僕にとっては今の社会に足をすくわれてしまいそうになったとき、日本の社会の外に出て、笑って暮らす違う社会の人々に接することは本当に救われる。
 
 今回も酒を飲みながら、そんな彼らの人間らしさを肌で感じた。そしてそんな中、解放された僕の魂はゆらゆらときらめきながら、僕は今の日本の社会システムに怒りを込めて、なんとかしなきゃと思った。それで、結局のところ、僕にできることは、表現することなのだと思う。たとえ僕の表現をひとりしか観てくれる人がいなくても 愛は、バイブレーションだから、伝達する。 

 まずは僕から笑わなきゃ。

三澤真也 Shinya Misawa
■参考資料:
参考資料1:artist file No.26 三澤真也 Shinya Misawa
参考資料2:ART-Letter07: 台湾レポート in TIPAF'07 三澤真也 Shinya Misawa
参考資料3:★◇Record:◇記録◇ NIPAF'07春:名古屋公演

この頁のトップへ戻る▲



◆ART-Messageの目次に戻る




ART-Message Index
 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 ≪ART-Message category



 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る




◇ART-Message > page | 【2007-05-01(Tue) 01:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ART NEWS/第一報 :「小東亜共栄軒'08 名古屋」 5月2日(金)3日(土) K・D Japon ハポン アジアから6名+日本人5名 パフォーマンス・アート

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ≫ ★[ART-NEWS]最新頁へ≫ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ≫ ★Slide-show:スライドショーの目次へ≫ ★Record 記録:全記録の目次へ≫ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ≫ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 投稿 修正


★[ART-NEWS]最新頁へ ◆このイベント:「小東亜共栄軒'08 名古屋」の最新情報は、[ART-NEWS]をクリックしてください。
◆出演アーティストの紹介など、これから新記事を順次掲載していきます。

[ART-NEWS]第一報/イベント概要 第二報/出演者紹介(記事進行中) 

第二報へ

ART-NEWS/第一報

★最新頁はここをクリックして、第二報へ≫


小東亜共栄軒'08 名古屋

5/2-3 K・D Japon  (イベントの概要)


パフォーマンス・アートのイベント

アジアから6名+日本人5名

2008年5月2日(金)3日(土) pm7:00-9:00

K・D Japon ハポン  ◆会場アクセス◆/下の方に記載してあります。

kdjaponpanelx578x427.JPG★artist1/Yingmei Duan★artist2/Chaw Ei Then★artist3/Chen Jin★artist4/Shu Yang★artist5/Vasan Sitthiket★artist6/KUM Soni★artist7/Mamiko Kawabata★artist8/Machiko Tagami★artist9/Harumi Terao★artist10/Shin-ichi Arai★artist11/Kazuhiro Nishijima★K.D-Japon-map

◆催名:小東亜共栄軒'08 名古屋
◆内容:パフォーマンス・アートのイベント
◆日時:2008年5月2日(金)3日(土)pm7:00-pm9:00
◆会場:KDハポン(K・D Japon)
◆入場料:1500円 (入場時に1ドリンクオーダー代500円が別途必要になります。)
◆出演者:
::各アーティストの紹介頁は、下記アーティスト名をクリックしてください。
アジアから6名/ミャンマー1名、タイ1名、中国3名(うち1名はドイツ在住)、在日コリアン1名
日本5名/東京3名、名古屋2名
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
チョウ・イーティン Chaw Ei Then ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
クム・ソニ KUM Soni 在日コリアン3世 Korean in Japan
川端希満子 Mamiko Kawabata
田上真知子 Machiko Tagami
寺尾晴美 Harumi Terao
荒井真一 Shin-ichi Arai
西島一洋 Kazuhiro Nishijima
◆問い合わせ先:0568-23-2017(西島一洋)
 mailはこちら≫
◆名古屋開催企画/西島一洋&寺尾晴美

◆会場アクセス◆
K・D Japon(ケーディ・ハポン)
住所:名古屋市中区千代田5丁目12−7
電話:052-251-0324
・JR鶴舞駅北口より高架沿いに北上(千種方面)徒歩約3分
・同じく地下鉄鶴舞駅2番出口より徒歩約7分

地図:



◆小東亜共栄軒'08 全国日程
4月26日(土)-29日(火)/東京:Gallery mestallaおよび美学校
5月2日(金)-3日(土)/名古屋:K・D Japon (ケーディ・ハポン)
5月5日(月)/富山:(富山の会場は交渉中)


◆ART NEWS/第一報 :「小東亜共栄軒'08 名古屋」 K・D Japon (KDハポン) 2008.5/2-3     ◆この頁のトップへ戻る


第二報へ



 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★ART-Letter アート・レターの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ φAETTA (1988-) & Art-Letter (2007-) & Nagoya NIPAF (1998-2007) ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る


◆このイベントの最新情報は、[ART-NEWS]をクリックしてください。出演アーティストの紹介など新記事順次掲載していきます。



この頁へのコメントはこちらへ




◇ART-Message > page | 【2007-05-01(Tue) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments(-)
ART-Letter page > vol.00: ◆2007年6月30日(土)のpm8:00

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-Letter アート・レターの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

★about us の頁へ ★contact us の案内の頁へ:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★BBS:掲示板の案内の頁へ ★[mixi]NIPAF関連の案内の頁へ:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★ぱふぉ新聞は、外部へのリンクになります。

English here 这边中文版 한국어 投稿 修正


★ART-LetterのIndexへ戻る→★ART-Letterのコーナーでは、ニパフ関連だけでなく、アーティストからのメッセージやお便り、そのほかさまざまなアート情報などを、ご紹介します。 ART-Letter Index 09 08 07 06 05 04 03 02 01 ≪all:ART-Letter


ART-Letter   vol.00  ◆2007年6月30日(土)のpm8:00



西島一洋です。
下記ご案内申し上げます。

◆2007年6月30日(土)のpm8:00
「西島一洋素描展/前橋・原記憶交感・終了の儀」(無料)
個展最終日の今夜、西島一洋による終了の儀式を行いますので、ご参列ください。
儀具:氷、身体、鉄球、電球、晒し木綿、巻紙、木槌、朱、墨、筆、輪ゴムなど。
◆会場:インド料理と画廊・ライブの店「ガンガー」

◆会場:インド料理と画廊・ライブの店「ガンガー」
日進市梅森町上松661-6
電話(052)806-5570
①地下鉄「平針駅」から徒歩のみ場合→徒歩北東へ15分
②地下鉄「平針駅」からバスの場合→市バス①本郷行「梅森台1丁目」下車→徒歩北東へ5分
③地下鉄「星ヶ丘」からバスの場合→市バス③梅森荘行「東国立名古屋病院」下車→南へ徒歩10分
★サイゼリアとサークルKのある交差点を東へ50mくらい行った南側にあります。
★駐車場あり
●ガンガー地図:jpeg 399x374


以下の写真10枚は、6月17日にガンガーでおこなった「眼我真と西島一洋の対談」の様子。
撮影:林裕己 Hiromi Hayashi

○6月17日(日)の眼我真さんの「実験・対談曲作り」は、無事終了。
眼我真と西島一洋の対談45分間と会場の全員で鉄球を枯れ枝で叩き音交感行為。
その後、眼我真による即興演奏。
対談の話題の中心となった鉄球のことを盛り込んだ曲でした。
このライブCDご希望の方は、ガンガーまでお問い合わせください。
おそらく1枚600円、ガンガーカレー付きは1000円でしょう。

ガンガー個展550 09.jpg
ガンガー個展550 10.jpg
ガンガー個展550 02.jpg
ガンガー個展550 03.jpg
ガンガー個展550 04.jpg
ガンガー個展550 05.jpg
ガンガー個展550 06.jpg
ガンガー個展550 07.jpg
ガンガー個展550 08.jpg
ガンガー個展550 01.jpg


修正




★このブログのTop page へ ★ART-Letter アート・レターのファイルへ ★Slide-show スライドショーのファイルへ ★List of all records:Contents 全記録のファイルの目次へ ★artist-file アーティスト・ファイルへ


[ Nagoya NIPAF (1998-2007) & φAETTA (1988-) & Art-Letter (2007-) ]



◆2007年6月17日ガンガーにて/写真10枚





◇ART-Message > page | 【2007-05-01(Tue) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。