kazuhiro nishijima
art-news
西島一洋が舞台美術と題字/名古屋能楽堂でパンク歌舞伎「天守物語」2015.12.19(土)~23(水祝)-全6公演-
記事詳細≫


西島一洋が大須の七ツ寺共同スタジオにて行為。2015年11月11日(水)、12日(木)。
記事詳細≫


西島一洋が円頓寺にて行為。2015年11月7日pm5:00頃の日没より。
記事詳細≫


西島一洋が「アートじゃない/どうでしょう」にて行為。2015年8月1日(土)19:00start/名古屋鶴舞KDハポン。
記事詳細≫


西島一洋が舞台美術。「姥捨」名古屋大須の七ツ寺共同スタジオ。2015年6月18日(木)~29日(月)。
記事詳細≫


2015年6月4日午後1時より、西島一洋が「六四追悼儀」を行う。
記事詳細≫


西島一洋が名古屋長者町で行為。2015年4月26日(日)AMRフェス2015
記事詳細≫


12月6日、当日の西島一洋の行為「原記憶交感儀」について。非公開のため、秘儀、密儀となります。
記事詳細≫


西島一洋が舞台美術。 名古屋大須の七ツ寺共同スタジオ。 カゲキカブキ「四谷怪談」。 2014年11月17日(月)~30日(日)
記事詳細≫


西島一洋が岡崎で行為。「シーマンことYouhei Shimadaさんの企画」
2014年10月19日(日)に
定林寺(じょうりんじ)にて。

記事詳細≫


2014年6月4日午後1時より、西島一洋が「六四追悼儀」を行う。自宅前方丈庵より裸足で歩く。
記事詳細≫


西島一洋が「ひかりごけ」の題字と舞台美術。2014年4月29日まで七ツ寺共同スタジオで。
記事詳細≫


行為∞思考Ⅱ
PERFORMANCE&TALK
一宮市/島崎「織部亭」
2014年2月23日(日)

記事詳細≫


西島一洋が林裕己と対談。行為について。名古屋長者町トランジットビルB1。2013年7月21日(日)13:00-17:00。
記事詳細≫


西島一洋が「お熊空唄」の舞台美術。七ツ寺共同スタジオ/2013年6月28日(金)~7月7日(日)。
記事詳細≫


西島一洋が津島宗念寺にて行為。ザラメ展の最終日2013年5月6日(月/祝)。
記事詳細≫


西島一洋がイベント「広く晴れた空へ」で行為。2013年4月21日(日)名古屋新栄「空色曲玉」にて。
記事詳細≫


φの部屋にて。2013年4月13日。体現/原記憶交感儀「泥の河」:開始の儀。行為:西島一洋、立会人及び撮影:林裕己。
記事詳細≫


西島一洋がピーカァブー(いないいないばぁ~)vol.4にて行為。名古屋KDハポン/2013年4月4日(木)。
記事詳細≫


西島一洋が「紙技百藝」に出品東京2013年2月8日(金)~10日(日)HIGUREにて、名古屋2012年9月6日(木)~9日(日)時折にて、京都2012年8月23日(木)~26日(日)雅景錘にて、
記事詳細≫


西島一洋が舞台美術と題字/名古屋能楽堂でパンク歌舞伎「逆夢」2012年
12月21日(金)~24日(月)

記事詳細≫


西島一洋が岡崎で行為。「木と人と心」2012年10月27日(土)に定林寺(じょうりんじ)にて。記事詳細≫

◆西島一洋が下記イベントにて行為。「漂泊者たち2/アンダーグラウンドの片隅から」/フォルツァ総曲輪(富山)/2012年7月13日(金)~14日(土)」記事詳細≫

◆西島一洋が「大須ドン底」の舞台美術。2012年7月1日(日)~9日(月)七ツ寺共同スタジオ。記事詳細≫

◆「村山槐多追悼交信儀」を行なう。西島一洋。日時場所未定ですが、決まり次第お知らせします。記事詳細≫
Art-Letter▼

◆Top page :このブログ全体のトップ頁へ ◆[ART-NEWS]の目次へ ◆ART-Message アート・メッセージの目次へ ◆Slide-show 全スライドショーの目次へ ◆All Record Contents 全記録の目次へ ◆artist-file アーティスト・ファイルの目次へ ◇about us の頁へ ◇contact us :お問い合わせ先 ◇BBS:掲示板の案内の頁へ ◇[mixi]頁へのご案内:こちらは[mixi]への登録が必要になります。 ◇[movie]
★体現集団φAETTA ★[小東亜共栄軒'08名古屋](記録)Indexへ ★このブログのコンテンツ一覧 へ ★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック ◇ぱふぉ新聞は、外部へのリンクになります。 ◇ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。
Twitter Facebook mixi
孑孑彷徨変異 原記憶
行為∞思考 超時空
空集合 Picasa flickr youtube myspace
体現集団φAETTA
体現参考資料いろいろ▼
鉄球 電球と氷 素描1 その他
Art-Letter/号外
aetta memo English here


元名古屋NIPAF2007-1998


終了したイベント▼
ありがとうございました。


◆西島一洋が鶴舞で行為。/『人心-HITOGOKORO- ふたたび』: K・D japon (ケーディーハポン)にて/2012年3月11日(sun)記事詳細≫
◆西島一洋が富山で行為。「漂泊者たち/アンダーグラウンドの片隅から:2012年1月14日~16日」。西島の行為日は1月15日フォルツァ総曲輪にて。ワークショップは1月16日富山大学にて。記事詳細≫
◆西島一洋が「パンク歌舞伎:リア王」の題字と美術。2011年12月22日(木)~25日(日)名古屋能楽堂。公演詳細≫
◆ 西島一洋が書(パンク歌舞伎マクベスとリア王の題字のための習作)を数百点出品。アクテノン「原智彦現場の力」展。2011年11月4日~12月25日。展覧会詳細≫
◆西島一洋が覚王山で行為/2011年9月25日(日)『餃子記憶交感儀』ギャラリー人間の扉にてthe Gate of Human/詳細≫
◆西島一洋が八事で行為/2011年9月11日(日)『人心-HITOGOKORO-』八事POPCORN(2F)/詳細≫
◆西島一洋が大阪で行為/2011年9月3日(土)/『PERSPECTIVE EMOTION WEST 2011』/浪速区KARAKURIスタジオ/詳細≫
◆西島一洋が奈良で行為/『Poèac(ポエアク)vol,003』/2011年7月2日(土)19:00/スタジオワルハラ(JR奈良駅すぐ) 詳細≫
◆西島一洋が大須で行為/2011年6月18日(土)/『想ヒ出キャベツ』の最終シーン「高架下の楽園」(20:18-20:38) 詳細≫
◆西島一洋が『peace nine 2011』に出品/2011年5月20日(金)~25日(水)名古屋芸術大学美術学部内ギャラリーにて/詳細≫
◆西島一洋が空間美術/名古屋能楽堂でパンク歌舞伎「マクベス」2010年12月/詳細≫
◆西島一洋が行為/2010年11月14日(日)一宮織部亭:林裕己写真展「表現と家族」の最終日/詳細≫
◆西島一洋が行為痕跡を出品/『アート&エコ マッチングプロジェクト』名古屋市民ギャラリー矢田2010年10月19日(火)~24日(日)/詳細≫

◆西島一洋が行為/『言葉ズーカ その17』2010年8月13日名古屋ミュージックファーム/詳細≫
◆西島一洋が行為/ダ・・ン・・スースースー3
◆西島一洋が舞台美術/ダンス・タンス・ダンス
◆西島一洋が行為/大須ギャラリー・プシュケでの行為
◆西島一洋が行為/常滑フィールド・トリップ
◆西島一洋が行為/闇について
◆西島一洋が出演と舞台美術/ハポン劇場「草枕」
◆西島一洋が行為/Improvisation Performance Live
◆西島一洋が行為/人間の扉
◆西島一洋が行為/小東亜共栄軒'08名古屋
Twitter

Twitter▼
おすすめ記事▼

全てのタイトル表示は↓をクリック
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック
【about us】
このブログ内の記事検索
RSS
お問い合わせ先

■contact us :お問い合わせ先

お知らせ
トップ頁へ

◆Top page :このブログ全体のトップ頁へ

小東亜共栄軒'08 名古屋 / K・D Japon /Small East Asia Coprosperity Restaurant '08 / [記事番号 144]

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 投稿 修正


★全記録の目次へ≫

          【 名古屋(5/2-3 K・D Japon)記録のメイン頁 】
Small East Asia Coprosperity Restaurant '08

小東亜共栄軒'08

名古屋/記録
(現在順に作成進行中)



「小東亜共栄軒'08 名古屋 5月2日(金)~3日(土) K・D Japon ハポン」
★「小東亜共栄軒'08名古屋」(記録)Indexへ≫★「小東亜共栄軒'08名古屋」(記録)Indexへ≫

★小東亜共栄軒'08名古屋公演終了後の記念写真/撮影:林裕己

イベントの概要へ≫  map ≫  全出演者の簡単な紹介へ ≫
小東亜共栄軒'08名古屋出演者13名一覧へ≫
01 段英梅≫  02 チョウ・イーティン≫  03 陳進≫  04 舒陽≫  05 ワサン・シティケット≫
06 ホン・オボン≫  07 川端希満子≫  08 田上真知子≫  09 寺尾晴美≫
10 荒井真一≫  11 西島一洋≫  12 丸山真≫  13 梅村軍司≫




下記イベント、小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)終了しました。

ありがとうございました。



なお、これから少しずつ記録の編纂をし、掲載していきます。
記録を展開するカテゴリーのURLは↓
http://aetta.blog62.fc2.com/blog-category-39.html
(現在ご覧になっている頁がこのカテゴリーのトップ頁です。)
まだ、これからとりかかるところです。
感想などメールでお寄せください。
E-mail: ★contact us Email adress [AETTA1988-]and[NagoyaNIPAF1998-2007]
西島一洋



【記録作成メモ】
◆日々更新中の【作成メモ】は長くなりましたので、この頁の一番下のほうに移動しました。(クリック)≫

記録の作成および掲載順序について
(1):まず、全13名の各アーティストの個々のファイルへ、
当日の記録写真、行為のタイトルやコンセプトなどを順に掲載していきます。
(2):そのあと、全体のまとめの頁(レポート)を新規作成します。
(3):最後に、今ごらんになっている頁にIndexを作成し記入します。

13ファイルのうち
段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  丸山真≫
舒陽≫  ホン・オボン≫  ワサン・シティケット≫
以上の7ファイルは、以下の編集項目が完了しています。

○記録写真の掲載、○頁レイアウト、○リンクの整理整頓
(○スライドショーの追加は後日、また上記の7ファイルにも、もう少し記録写真を加えるかもしれません。)
残りの6ファイルはまだ記録写真未掲載です。
後日(6月中旬までに)改めて更新作業を行います。

★6月12日追記
更新はもう少しお待ちください。
更新作業の再開は6月中旬以降になります。

★6月17日
記録更新は6月20日以降になります。

★2009年6月8日
もう、はや1年。
記録作成、滞っていますが、まだ続けます。

★2009年9月17日
記録作成、滞っていますが、まだまだ、続けます。

★2010年1月20日
記録作成、滞っていますが、まだまだまだ、続けます。

★【作成メモ】の続きはこちら≫



この頁のトップに戻る



小東亜共栄軒'08 名古屋

5月2日(金)~3日(土) K・D Japon ハポン

★「小東亜共栄軒'08名古屋」詳細へ≫★「小東亜共栄軒'08名古屋」詳細へ≫


イベントの概要へ≫  map ≫  全出演者の簡単な紹介へ ≫  最近の動向メモ ≫
段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫




5月2日(金)~3日(土)

pm7:00-9:00

K・D Japon ハポン

◆会場アクセス◆/下の方に記載してあります。≫

パフォーマンス・アートのイベント

アジアから6名+日本人7名

◆全出演者の簡単な紹介◆/下の方に記載。≫


全出演者の簡単な紹介へ≫★artist1/Yingmei Duan★artist2/Chaw Ei Then★artist3/Chen Jin★artist4/Shu Yang★artist5/Vasan Sitthiket★artist6/Mamiko Kawabata★artist7/Machiko Tagami★artist8/Harumi Terao★artist9/Shin-ichi Arai★artist10/Kazuhiro Nishijima★K.D-Japon-map

◆催名:小東亜共栄軒'08 名古屋
◆内容:パフォーマンス・アートのイベント
◆日時:2008年5月2日(金)3日(土)pm7:00-pm9:00
◆会場:KDハポン(K・D Japon)
◆入場料:1500円 (入場時に1ドリンクオーダー代500円が別途必要になります。)

◆出演者:::各アーティストの紹介頁は、下記アーティスト名をクリックしてください。

◇5月2日(金)(出演順)
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
丸山真 Makoto Maruyama
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
川端希満子 Mamiko Kawabata
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
梅村軍司 Gunji Umemura
西島一洋 Kazuhiro Nishijima

◇5月3日(土)(出演順)
荒井真一 Shin-ichi Arai
寺尾晴美 Harumi Terao
田上真知子 Machiko Tagami
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea

◆スタッフ
舞台:神野文彦、梅村軍司、西島一洋
照明音響:森田太朗
写真撮影:林裕己、JIGUAI
ビデオ撮影:中村明子、寺尾晴美
協力:斎藤亮人、岡庭智子、彦坂行紀、machi/、菊地rikishyaman


◆問い合わせ先:0568-23-2017(西島一洋):mailはこちら≫
◆名古屋開催企画/西島一洋&寺尾晴美

◆会場アクセス◆
K・D Japon(ケーディ・ハポン)
住所:名古屋市中区千代田5丁目12-7
電話:052-251-0324
・JR鶴舞駅北口より高架沿いに北上(千種方面)徒歩約3分
・同じく地下鉄鶴舞駅2番出口より徒歩約7分

地図:
★google map KD Japon ≫


この頁のトップに戻る

◆小東亜共栄軒'08 全国日程
東  京:4月26日(土)-29日(火)/Gallery mestallaおよび美学校
名古屋5月2日(金)-3日(土)K・D Japon (ケーディ・ハポン)
富  山:5月5日(月)/富山中央通りシャルムビル1F


この頁のトップに戻る

==================================

以下は、出演アーティストの簡単な紹介です。
写真等、詳しくは各アーティストの詳細頁をご覧ください。

各アーティストの詳細頁は下記の写真か名前をクリック。

==================================


------------------------------------------------------------------
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
------------------------------------------------------------------
★段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China 1969年生。数少ない「北京・東村」の女性メンバーの1人。栄栄に東村の作家(馬六明、朱冥など)のポートレイトやパフォーマンスの写真を撮ることをアドバイスした。東村の作家による「名もない山の標高を1m高くする」(1995年)にも参加。1998年ドイツ移住。マリーナ・アブラモビッチにパフォーマンスアートを学ぶ。東村時代の自画像の作品から一貫して、真摯に「自分」を成立させているもの(ジェンダー、社会環境など)のありかた、構造を追求している。自画像を描いた女性は彼女が中国美術史上初めてだったと思われる(革命前、美術にとって(も)女性はオブジェクトであり、革命期・革命後も女性が美術に参加することは文学よりもまれであったから)。
段英梅の詳細頁 へ ≫  段英梅の公式ホームページ ≫  英版wikipedia ≫  arts.tom.com ≫

---------------------------------------------------------------------------
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
---------------------------------------------------------------------------
★チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma1969年生。2001年には友人と自分の作品を超低価格で売る行商パフォーマンスを行い逮捕された。超低価格の場合アウン・サン・スー・チーさんの父親アウン・サン将軍の肖像の入った旧紙幣を使うことになるため(定額紙幣は超インフレのビルマでは現在実質上流通していない)、政治活動とされた。2カ月の拘留の後、別の大規模な反政府活動捜査のために、解放される。2007年に入ってからは、国内事情が悪化しているため帰国できない状態にある。2002年NIPAF参加。
チョウ・イーティンの詳細頁へ ≫
チョウ・イーティンとテイ・リンを紹介する「ニューヨーク・タイムズ」2007年8月13日号 ≫  記事和訳 ≫

----------------------------------------
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
----------------------------------------
★陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China1964年生。男性。2000年に舒陽、朱冥と中国初の国際パフォーマンスアートフェスティバル「OPEN Art Festival」を開催。以後毎年継続、07年には8回目を迎える。01年フィンランド「EXIT」フェスティバル参加。3mの高さから中国の現主席のポートレイトに小便をかけ、その後そこから飛び降りるというセンセーショナルな作品を発表。02年NIPAF(Nippon International Performance Art Festival )参加。07年カッセル「ドクメンタ」のアイ・ウェイウェイ作品に参加。07年北京798アートスペースで非商業的アートスペース「OPEN REALIZATION CONTEMPORARY ART CENTER」を始める。
陳進の詳細頁 へ ≫  OPEN Art Festival ≫

------------------------------------------
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
------------------------------------------
★舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China1969年生。画家、評論家、編集者、役者でもある。2000年の「OPEN Art Festival」では、オーガナイザーとして逮捕される。中国初の現代美術雑誌「新潮」(2000-01年)副編集長。01年以降黄鋭(ファンルイ)を助けて北京798アートスペース*の立ち上げにかかわる。02年NIPAF参加。役者としては、03年東京の「ハイナー・ミュラー」フェスティバルに「紙老虎(Paper Tiger Studio)」グループの一員として来日。03年以降「DaDao Festival」を毎年開催。中国のアンダーグラウンドのパフォーマンス、およびドキュメント(写真)を積極的にヨーロッパに紹介している。06年国際交流基金「美麗新世界:当代日本視覚文化」中国側コーディネーター。
舒陽の詳細頁へ ≫  DaDao Festival ≫  北京798アートスペース ≫  英版wikipedia ≫

------------------------------------------------------
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
------------------------------------------------------
★ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand1957年生。画家、反体制フォークシンガーでもある(CDもたくさん出している。南正人に風貌がそっくりで、実際知り合い)。1998年からの国際パフォーマンスアートフェスティバル「Asiatopia」の実行委員。またタイ芸術家党評議員(07年認可済政党)。タイ芸術家党は日本で秋山佑徳太子が都知事選で行ったバイタリティとユーモア、ヨーゼフ・ボイスがドイツで行ったユートピア的コンセプチャリズムをもろとも体現しようとする党だ。タイの反体制活動のTシャツの多くを手がけ、それらが1000枚になったことを記念する展覧会も開かれた。
ワサン・シティケットの詳細頁へ ≫  Asiatopia ≫  Vasan painting ≫
Vasan Sitthiket 「Burning Dream」 track05(3.8MB) mp3 music ♪ ≫

-------------------------------------------------
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
-------------------------------------------------
★ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea"The bird" ≫
8 Open Art Fes. 07年9月北京≫
荒井真一ウェブのホン・オボンの頁へ ≫
韓国のアーティストホン・オボン(洪五奉)氏の企画/
KIPAF(金泉市)、DIPAF(東海市)、SIPAF(ソウル市) ≫

ホン・オボン(yahoo blog artist-fileへ) ≫
ホン・オボンの詳細頁へ ≫

----------------------------------
川端希満子 Mamiko Kawabata
----------------------------------
★川端希満子 Mamiko Kawabata1972年生。1996年よりNIPAFに参加。1999-2001年に彼女の行ったパフォーマンスは、日本を含め、イギリス、アメリカ、中国、タイ、インドネシア等では、今ではもう伝説になっている。「I am not an artist. I am a sex warker.」というコンセプトのもと、かなりの問題作を試みたため。00年「ジャパン・ソサエティ」(米・ニューヨーク)の同パフォーマンスでは、終演後、観客との活発なディスカッションが繰り広げられた。06年以降少しずつ活動を再開。現在も私たちの無意識の中に潜むジェンダーについての作品を手掛けている。
川端希満子の詳細頁へ ≫

---------------------------------
田上真知子 Machiko Tagami
---------------------------------
★田上真知子 Machiko Tagami1971年生。オノヨーコの本を読んで、パフォーマンスアートの表現力に魅了され、渡米。2001-06年は、東京の大塚にてフリーアートスペース、アウトラウンジの企画、運営を手掛けた。07年都電を借り切った「ゼロ次元以後のアクションアート」では加藤好弘から、20代の作家まで9人のパフォーマンスを2日間にわたって紹介した。自身の作品は「いかに風景を意識化していくか」をテーマに「サバサバとした運動体でいること」と名付けてドイツ・中国・東京等で発表。
田上真知子の詳細頁へ ≫  ゼロ次元以後のアクションアート ≫

-----------------------------
丸山真 Makoto Maruyama
-----------------------------
★丸山真 Makoto Maruyama■1975年長野生。
踊り。
身体をつかう。
■参考資料:
資料1:◇記録◇ NIPAF'07夏:名古屋公演:七ツ寺共同スタジオ ≫
資料2:◇記録◇ NIPAF'07春:名古屋公演:日本陶磁器センター4Fホール ≫
丸山真の詳細頁へ ≫

-----------------------------
梅村軍司 Gunshi Umemura
-----------------------------
★梅村軍司 Gunshi Umemura1977年生。
名古屋生まれの名古屋育ち。名古屋造形大で染織を学ぶ。刺繍アート、料理人、フリスビー…。印象に残るパフォーマンスは、七福邸で巨大鏡餅を焼き、熱い餅を背負い、我慢できなくなったら邸から飛び出て、近くのどぶ川で体を冷やし、再び戻り何度もその行為を繰り返すというもの。一見突飛な行為のようだが、その行為はたんたんとして、静かな祈りの行為のように見える。
梅村軍司の詳細頁へ ≫

---------------------------
寺尾晴美 Harumi Terao
---------------------------
★寺尾晴美 Harumi Terao1969年生。金沢美術工芸大学卒。1994年から東京、名古屋などで絵画による個展。パフォーマンスは、1999年に名古屋港の倉庫跡で開催された日本国際パフォーマンスアート・フェスティバルのスタッフとして参加し、その後2000年より開始する。国内のほか、カナダ、韓国、中国、ミャンマー、フィリピンなどでも活動。なお、寺尾のパフォーマンス開始は99年からだが、金沢美大在学中に、同学の学友で近年「時をかける少女」で一躍有名になった細田守監督が学生時代に作った実験映画にも主演女優として出演しており、もともとパフォーマンスへの十分な素地はあったと考えられる。
寺尾晴美の詳細頁へ ≫

--------------------------
荒井真一 Shin-ichi Arai
--------------------------
★荒井真一 Shin-ichi Arai1959年生。1982年美学校で吉田克朗から銅版画を学ぶかたわら、サエグサユキオ、久住卓也、ホシノマサハル、赤木能里子と「赤木電気」を結成、即興パンクおよびパフォーマンスを始める。1983年「天国注射の昼」にて「日比谷野音、赤ペンキぶちまかし事件-川俣軍司に捧ぐ」。その後「大昭和発電」(w/桑原正彦、久住)、「現場の力」(w/サエグサ)、「福福物語」(w/鈴木健雄、谷川まり、サエグサ)に参加。1999年より「Happy Japan!」などソロで活動。06年東アジア(フィリピン、中国、タイ、インドネシア、香港)の5作家を招き「大東亜共栄軒」を企画。日本での公演はその作品の性格上、非常にまれ。
荒井真一の詳細頁へ ≫  荒井真一ウェブ ≫  Happy Japan! ≫  大東亜共栄軒 ≫

---------------------------------
西島一洋 Kazuhiro Nishijima
---------------------------------
★西島一洋 Kazuhiro Nishijimaポツダム宣言から7年後、生まれる。その時の家業は録音業、レコード盤を作る器械があった。家業はかんばしくなく、5才の頃から祖母が細々と営んでいたうどん屋の2階の四畳半に親子5人。父は、色々事業を起こすがことごとく失敗で借金の山。うどん屋も手伝ったが、家計の足しにはならぬ、小6より、酒屋、プレス工、木工、染色工、牛乳配達。16才の時から絵かきとなるが、収入は無い。その後、掃除夫、ちり紙交換、キャバレーボーイ、劇場大道具、デパート店員、印刷ブローカー、版下デザイン、看板制作、洗濯夫、モデル、似顔絵、喫茶店、生花市場、などをてんてんとしながら、29才専業絵かきとなり現在に至る。また、1970年代よりハプニングやパフォーマンスに隣接する名称不能行為を断続的におこなう。1988年には「体現」と名付け体現集団φアエッタを創始、個人または集団で活動を続けている。「体現」は開かれた表現の領域としてのパフォーマンスアートとは一線を画しており、むしろ表現という幻想の抑圧から逃れる旅を続けているといった方が適切かもしれない。
西島一洋の詳細頁へ ≫


=================

上記イベント終了しました。
ありがとうございました。
記録を徐々に編纂し掲載していきます。
お待ちください。


=================




段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫
イベントの概要のトップへ戻る≫  全出演者の簡単な紹介のトップへ戻る ≫



◆ART NEWS/最新版 :「小東亜共栄軒'08 名古屋」 K・D Japon (KDハポン) 2008.5/2-3 ◆この頁のトップへ戻る




 ★このブログのトップ頁へ ★[ART-NEWS]最新頁へ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る


上記イベント終了しました。ありがとうございました。
このイベントの記録は、こちらをクリックしてください。記録作成進行しながらの掲載になります。


この頁のトップに戻る

★詳細頁へ[小東亜共栄軒'08名古屋]

「小東亜共栄軒'08名古屋」の企画進行動向メモ

★4月27日午後4時のメモ/
タイのワサンは昔常滑の工房に滞在したことがあって、
そのとき鯉江良二さんとも親しくなったとのことで、
鯉江さんに連絡を取りたいということですが、連絡先が分からなかったのですが、
梅村軍司君が鯉江さんの連絡先を教えてくれました。
さっそく、鯉江さんに電話しました。
その後、ワサンと鯉江さんとの連絡もうまくいき、
5月2日のKDハポンに鯉江さんも見に来られるとのことです。
それから、梅村軍司君が5月2日に出演することになりました。
ということで、2日(金)7名、3日(土)6名、合計13名の出演です。

★4月26日メモ/
危ぶまれていたビルマのチョウ・イーティンのビザも無事取れて、
海外アーティスト全員そろって来日に。
東京では、今日から開催。名古屋は開催まであと6日。

★4月22日/新情報・丸山真追加出演・本日午前零時過ぎ決定。
したがって、アジアから6名、日本6名、計12名の出演になります。
丸山真の出演日は5月2日。よって、2日と3日両日とも6名ずつの出演。

★4月21日 pm11:05メモ/
なお、小東亜共栄軒'08名古屋のメイン頁URLは、↓です。
http://aetta.blog62.fc2.com/blog-entry-144.html
上記のこのURL頁がもっとも新しい記事を掲載しています。

★4月19日 am0:18/ホン・オボン追加出演にあたってウェブの各箇所を手作業で順に書き換えています。
まだ、修正前の表記になっているところがあります。
最新の表記は、ホン・オボンが加わり、アジア6名、日本5名、の合計11名の出演になります。

★4月18日/ホン・オボンの出演日は5月3日。
◇5月2日(金)/5名
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
川端希満子 Mamiko Kawabata
西島一洋 Kazuhiro Nishijima
◇5月3日(土)/6名
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
田上真知子 Machiko Tagami
寺尾晴美 Harumi Terao
荒井真一 Shin-ichi Arai

★4月14日/夜9時ごろ、韓国のホン・オボンから電話。名古屋出演最終決定。
名古屋入りは、公演前日の5月1日夜8時半に中部国際空港着。
迎えに行くのは、神野文彦君。
ホン・オボンの出演日は、5月3日にしようと思っています。

★4月14日/午前0時現在
4月13日正午ごろ荒井氏から電話。
ホン・オボンと連絡を取り合って、結局名古屋と富山に出演とのこと。
となると、名古屋での出演者は11名。

★4月10日/夜10時過ぎ、韓国のホン・オボンと電話、
「安いチケットはもう売り切れてみつからない」…ということで、
今回のホン・オボンの出演追加は残念ながら断念。
再追加は無しになり参加者10名は変わらずです。

★4月8日/午後5時過ぎに韓国のホン・オボンから電話。
「名古屋だけになるが出演参加できる」とのことです。
ホン・オボンが加わると、再び出演者が11名となります。

★4月8日/クム・ソニは、東京出演のみになりました。
したがって、出演者は当初の予定通り10名になります。
それにともない、チョウ・イーティンの出演日を2日(金)に変更しました。



この頁のトップに戻る


【記録作成メモ】
作成メモが長くなりましたので、ここへ移動しました。
この頁(記録のメイン頁)のトップはこちら≫
※以下のメモは記録の作成が完了したら別頁を新規作成しさらにそこに移動します。


★メモ/2008年5月15日
記録の作成および掲載順序について
(1):まず、各アーティストの個々のファイルへ、
当日の記録写真、行為のタイトルやコンセプトなどを順に掲載していきます。
(2):そのあと、全体のまとめの頁(レポート)を新規作成します。
(3):最後に、今ごらんになっている頁にIndexを作成し記入します。

この頁のトップに戻る

★メモ/2008年5月15日(その2)
とりあえず昨夜、出演者の一人丸山真の頁を更新しました。
写真3枚掲載↑(撮影:JIGUAI)
追って林裕己撮影分も掲載します。
また、荒井真一ウェブのほうでも記録更新現在進行中です。

★メモ/2008年5月16日0:09
ホン・オボンのファイルはまだこのFC2ブログでは下書き段階ですが、追って公開します。
なお、先ほどyahooブログのほうのホン・オボンのファイル頁≫を更新しました。
当日の行為の写真7枚(撮影:JIGUAI)掲載しました。
(この7枚はFC2ブログのホン・オボンファイルのほうにも掲載します。)

★タイトルなど/5月17日午前6時現在メモ
(5月27日/陳進のタイトルとコンセプト追加/ファイルに書き込み済み)
■5月2日(金)/7名(当日の出演順)
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
タイトル:【サッカー・ワールド・カップ -芸術で狂った政府を止めろ-】
丸山真 Makoto Maruyama
タイトル:【「野をゆく子供」他、自作の詩4編の朗読】
コンセプト:自分と対話する時間をもつために詩が必要だ。
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
タイトル:【】
川端希満子 Mamiko Kawabata
タイトル:【IN「毛」サラサラ】
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
タイトル:【闘いあるところ、希望あり】
梅村軍司 Gunji Umemura
タイトル: 【コーヒー豆焙煎】
コンセプト:健康とは 身体的 精神的 社会的に 完全に良好な状態である。じぶんと世界中の友だちの健康を願う。
西島一洋 Kazuhiro Nishijima
タイトル:【孑孑彷徨変異】
コンセプト:「孑孑彷徨変異」とは、僕の造語で「ゲツゲツホウコウヘンイ」と読みます。「孑孑」は「ぼうふら」、「彷徨変異」は生物学用語で「突然変異」の対立概念です。意味の説明は長文を要しますが、端的に言えば「いきあたりばったり」と解釈していただいてかまいません。表現という共同幻想の抑圧からの遁走行為です。

■5月3日(土)/6名(当日の出演順)
荒井真一 Shin-ichi Arai
タイトル:【万歳!日本 舒陽に】
寺尾晴美 Harumi Terao
タイトル:【おんなじ動き】
コンセプト:お客さんに自分と同じ動きをしてもらい、言葉ではなく同じ動きをする事でコミュニケーションする。コミュニケーションは言葉だけじゃない。
田上真知子 Machiko Tagami
タイトル:【With Swimming】
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
タイトル:【赤いオリンピック】
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
タイトル:【ツールとツールの間】
コンセプト:今回表現したかったのは、ツールとツールにおける関係性の問題、そして人間がツールと関わることで生じる問題。他、人間がツールに対して盲目的に信用することに対する考察も含まれる。
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
タイトル:【名古屋の鳥】

スタッフ
舞台:神野文彦、梅村軍司、西島一洋
照明音響:森田太朗
写真撮影:林裕己、JIGUAI
ビデオ撮影:中村明子、寺尾晴美
協力:斎藤亮人、岡庭智子、彦坂行紀、machi/、菊地rikishyaman

★5月19日メモ
ホン・オボンのアーティストファイル頁をこのブログに新規作成
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
http://aetta.blog62.fc2.com/blog-entry-159.html

これで、小東亜共栄軒'08名古屋に出演のアーティスト13人全員のファイルURLをこのブログFC2に作ってあります。まだ、ほとんどがイベント事前のアーティスト紹介の記事のみで、記録等はこれから順に付け加えていきます。いまのところ、記録を付け加えてあるのは、ホン・オボンと丸山真の2ファイルのみです。

★5月20日メモ
更新(記録掲載)ペースは一日一人ずつくらいになると思います。
各頁のレイアウトの変更や、リンクの整理も同時におこなっています。
全13名のうち、本日午後11時35分現在までの記録掲載済みアーティストファイルは以下の4名。
段英梅≫ ホン・オボン≫ 丸山真≫ チョウ・イーティン≫
残りはあと9名です。
今日はもう寝ます。では、また明日。

★5月21日編集メモ
記録編集完成形の頁は、段英梅≫
レイアウトや、リンクの整理は、
他のページも段英梅≫に準じて編集作業のこと。
今日はこれから原さんの公演に出かけるので、今日の編集作業は終了。
続きはまた明日。
丸山真の詩:「野をゆく子供」を掲載したいので丸山氏に連絡すること。
※林裕己氏から受け取った記録写真のCDのデータ内容の確認(開いてみること)

★5月22日
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 Chinaのファイルに記録写真18枚アップ。
これで、陳進≫ 段英梅≫ ホン・オボン≫ 丸山真≫ チョウ・イーティン≫
以上5名のファイルは完成。あと8名。

★5月23日

ホン・オボン≫
のファイルに写真を追加しました。
ホン・オボンの名古屋の記録写真が計25枚に。
スライドショーもつけておきました。
またファイルの上部のインデックスを整理。
ということで、完成形のファイルとしてはホン・オボン≫
他の残りの12名のファイルもホン・オボン≫のファイルのレイアウトに準じて編纂していきます。
パソコン初心者です。取り扱いがわからないことが多くて、時間相当かかりそうです。
毎日、少しずつ時間を見つけて、使い方勉強しながら作業しています。
遅々とした作成進行状況ですが、のんびり待っててください。
6月中旬までの記録全体の完成を目指しています。

★5月24日
13ファイルのうち
段英梅≫チョウ・イーティン≫陳進≫丸山真≫
舒陽≫ホン・オボン≫ワサン・シティケット
以上の7ファイルは、以下の編集項目が完了しています。
○記録写真の掲載、○頁レイアウト、○リンクの整理整頓
(○スライドショーの追加は後日、また上記の7ファイルにも、もう少し記録写真を加えるかもしれません。)
残りの6ファイルはまだ記録写真未掲載です。
後日改めて更新作業を行います。※

生活の時間の合間を縫ってわずかな時間を見つけての更新作業。
今月(5月)中は、急ぎの仕事や生活の雑務がいくつも重なっており、
いささかオーバーワーク気味で、丁寧な編集(更新)作業ができません。
※したがって、ブログのほうは、6月に入ってから再度更新に取り組むことにします。
この1週間の更新は(5月いっぱいは)実質お休みになりますが、
それでもできる範囲内で、少しは作業したいと思っています。

★5月27日
JIGUAI氏から「陳進のタイトルとコンセプト」の原稿着
追加/陳進のファイルに書き込み済み

★6月12日
もう少しお待ちください。
6月中旬以降から記録作成作業再開します。

★6月17日
記録更新は6月20日以降になります。

★11月13日
記録作成更新が中断していました。
少しずつでも更新していきます。

★12月16日
aetta memo はこちらへ≫

★2009年2月9日
●荒井真一氏から短信→昨年春、東京、名古屋、富山で行われたパフォーマンスアート・フェスティバル「小東亜共栄軒08」、そのドキュメントが映像作家の中村明子さんと企画者の一人田上真知子によって制作されています。/田上の友人、中村さんから「小東亜共栄軒08」のドキュメントを撮りたいという申し出があり、願ってもないことであり快諾しました。中村さんは東京から富山のツァーの全行程に同行し、パフォーマンスはもちろん、移動中の車中でアーティストにインタビューを行ったりしました。/そのドキュメントが完成間近ということで、試写会をあさって、奇しくも「建国記念の日」に行うことになりました。場所は神田神保町の「美学校」です。詳しくはお二人からの下記のご案内をご覧ください。/それでは試写会会場でお会いしましょう!/荒井真一拝/  ●中村さん、田上さんからのご案内→小東亜共栄軒でお世話になった皆様へ/ごぶさたしております。/2008年ゴールデンウィーク中に行なわれたパフォーマンス・イベント「小東亜共栄軒」では、大変お世話になりました。そのドキュメント(?)が、遅ればせながらようやく形になってきました。/つきましては、急なお知らせで大変申し訳ありませんが、下記の通り試写会を催したいと思います。この試写会での皆様からのフィードバックを参考にさせていただき、何とか完成までこぎつけたいと思っています。/今回このドキュメント製作を企画した田上真知子は、富山で行なわれたパフォーマンスを中心として比較的に包括的な映像を、映像作家の中村明子は、個々のアーティスト3人(チョーイ・ティン段英梅田上真知子)のパフォーマンスに独自の解釈を加えた映像をお見せします。/※イベント自体の様子は下記サイトでご参照いただけます。/http://www.araiart.jp/08toua.html/お時間のある方はぜひお運びください!/よろしくお願いいたします。/田上真知子/中村明子/日時:2月11日(水曜日・休日)午後2時スタート(大体2時間くらい)/場所:美学校(千代田区神田神保町2-20第2富士ビル3F)/http://www.bigakko.jp/contactus.htm

★2009年6月8日
記録作成、滞っていますが、まだ続けます。

★2009年9月17日
記録作成、滞っていますが、まだまだ、続けます。

★2010年1月20日
記録作成、滞っていますが、まだまだまだ、続けます。

★2010年12月10日
記録作成、滞っていますが、まだまだまだまだ、続けます。

★201年7月10日
記録作成、滞っていますが、まだまだまだまだ、続けます。


この頁のトップに戻る



English Here


ブログタグ KDハポン


この頁へのコメントはここをクリックしてください。≫


 ★このブログのトップ頁へ ★[ART-NEWS]最新頁へ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / performance art ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る



■小東亜共栄軒'08名古屋 (記録) > Index | 【2008-05-28(Wed) 00:50:00】 | Trackback:(0) | Comments(-)
「小東亜共栄軒'08名古屋」 : ART-NEWS>page01

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★[ART-NEWS]最新頁 ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 体現集団φAETTA 修正

◆西島一洋が行為/2010年11月14日(日)/一宮織部亭/林裕己写真展「表現と家族」の最終日/詳細はここをクリック≫     ◆西島一洋が舞台美術/2010年12月/名古屋能楽堂/パンク歌舞伎「マクベス」/詳細はここをクリック≫     ◆西島一洋が行為痕跡を出品/アート&エコ マッチングプロジェクト/名古屋市民ギャラリー矢田/2010年10月19日(火)~24日(日)/詳細はここをクリック≫     ◆西島一洋→素描/詳細はここをクリック≫    ◆西島一洋現場行為→2010年9月26日日の出より日没まで/表浜海岸にて/太平洋採集行為     ◆西島一洋年内の予定→◆2010年10月展覧会、11月現場行為、12月舞台美術。  ◆現場行為→2010年8月5日KD・Japonにて。/詳細はここをクリック≫   ◆現場行為→2010年8月13日ミュージックファームにて。/詳細はここをクリック≫     ◆2010年2月22日午後2時22分。松澤宥追悼儀。      ◆Twitter始めました。→http://twitter.com/aetta01 よろしく。 西島一洋  ■■[aetta memo] 2009年12月18日~23日、「ハポン劇場project:西尾劇場公演/ダンス・タンス・ダンス」、西島一洋は舞台美術を担当。詳細はここをクリック≫   ◆大須のギャラリー・プシュケ「林裕己展」の最終日に西島一洋が行為。詳細はここをクリック≫   ◆「常滑フィールド・トリップ2009」の企画の一つPAAT「ここ で 深呼吸」INAXライブミュージアムで西島一洋が行為。詳細はここをクリック≫   ◆「闇」についての行為/大須東仁王門通にて/西島一洋の行為/詳細はここをクリック≫   ◆2010年1月以降日時未定、「夏目漱石交感儀・終了の儀式」西島一洋の体現行為。とりあえずのメモなど詳細はここをクリック≫◇     ---以前のこの欄のmemoや短信などは、ここをクリック≫[aetta memo]  西島一洋/記■■  ■2009年9月1日のメモ/9月1日(火)午後8時ころより9時ころにかけて、この2枚を吊るした。この2枚というのは、8月8日に行った行為の痕跡物である。名古屋大須東仁王門通りの、西入り口側と東入り口側の2箇所。吊るす期間は一週間。9月1日(火)の夜から来週の9月7日(月)の夜まで。この一週間各日とも24時間終日吊るし続けてあるので、どの時間帯に行っても見ることができる。どうぞ。一週間後の9月7日(月)の夜7時40分過ぎに、自らはずしに行く予定。  ■2009年8月23日のメモ/今日は、午後、一宮の織部亭にて林裕己の撮影行為。被写体行為を依頼された西島一洋は鉄球とふんどしを携えて現場に向かう。…その後…現地で久しぶりに大島誠二さんと会うことができた。感無量。彼の心の美しさを再認識した。そして、僕としては初対面の石倉悦加さん。彼女は、パフォーマンスというものをはじめてみたのが神戸の大震災の前夜に名古屋の留学生会館の屋上で僕が行った現場行為とのことだった。また、林君のお母さんは、肝臓がん。今日の被写体の主役は彼女。150cmにも満たない小柄の老女。ガンダーラ美術の仏像彫刻のように美しい。彼女の肩に僕はふんどし姿で手をかけた。肩は意外にも細くはなく、しっかりしていた。労働のにおいを感受。     ■2009年8月1日のメモ/ ◆大須「闇市」…8月8日(土)…西島一洋は、ここで何か行為を行う。詳細はここをクリック≫   ■2009年6月28日メモ/◆西島一洋は、現在、NYブルックリンのKENTLER INTERNATIONAL DRAWING SPACEにて6月6日から7月13日まで開催中の展覧会に出品/詳細はここをクリック≫   ---以前のこの欄のmemoや短信などは、こちら≫[aetta memo]  西島一洋/記■■
ART-NEWS Index >
page: 08:大須「プシュケ」  07:常滑ft 06:西尾劇場 05:闇について 04:草枕 03:Impro. 02:人間の扉 01:小東亜

page01/小東亜共栄軒'08 ★ART-NEWS最新頁へ≫


下記イベント終了しました。ありがとうございました。
なお、これから少しずつ記録の作成編纂をし、掲載していきます。
感想などメールでお寄せください。

★contact us Email adress [AETTA1988-]and[NagoyaNIPAF1998-2007]
西島一洋
記録の掲載を展開するカテゴリーのURLは↓
http://aetta.blog62.fc2.com/blog-category-39.html


小東亜共栄軒'08 名古屋

5月2日(金)~3日(土) K・D Japon ハポン

★「小東亜共栄軒'08名古屋」詳細へ≫★「小東亜共栄軒'08名古屋」詳細へ≫


イベントの概要へ≫  map ≫  全出演者の簡単な紹介へ ≫  動向メモ ≫
段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫




5月2日(金)~3日(土)

pm7:00-9:00

K・D Japon ハポン

◆会場アクセス◆/下の方に記載してあります。≫

パフォーマンス・アートのイベント

アジアから6名+日本人7名

◆全出演者の簡単な紹介◆/下の方に記載。≫


全出演者の簡単な紹介へ≫★artist1/Yingmei Duan★artist2/Chaw Ei Then★artist3/Chen Jin★artist4/Shu Yang★artist5/Vasan Sitthiket★artist6/Mamiko Kawabata★artist7/Machiko Tagami★artist8/Harumi Terao★artist9/Shin-ichi Arai★artist10/Kazuhiro Nishijima★K.D-Japon-map

◆催名:小東亜共栄軒'08 名古屋
◆内容:パフォーマンス・アートのイベント
◆日時:2008年5月2日(金)3日(土)pm7:00-pm9:00
◆会場:KDハポン(K・D Japon)
◆入場料:1500円 (入場時に1ドリンクオーダー代500円が別途必要になります。)

◆出演者:::各アーティストの紹介頁は、下記アーティスト名をクリックしてください。

◇5月2日(金)
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
川端希満子 Mamiko Kawabata
丸山真 Makoto Maruyama
梅村軍司 Gunji Umemura
西島一洋 Kazuhiro Nishijima

◇5月3日(土)
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
田上真知子 Machiko Tagami
寺尾晴美 Harumi Terao
荒井真一 Shin-ichi Arai

◆問い合わせ先:0568-23-2017(西島一洋):mailはこちら≫
◆名古屋開催企画/西島一洋&寺尾晴美


◆会場アクセス◆
K・D Japon(ケーディ・ハポン)
住所:名古屋市中区千代田5丁目12-7
電話:052-251-0324
・JR鶴舞駅北口より高架沿いに北上(千種方面)徒歩約3分
・同じく地下鉄鶴舞駅2番出口より徒歩約7分

地図:



◆この頁のトップに戻る

◆小東亜共栄軒'08 全国日程
東  京:4月26日(土)-29日(火)/Gallery mestallaおよび美学校
名古屋5月2日(金)-3日(土)K・D Japon (ケーディ・ハポン)KDハポン:5月のイベント詳細頁≫
富  山:5月5日(月)/富山中央通りシャルムビル1F


◆この頁のトップに戻る

==================================

以下は、出演アーティストの簡単な紹介です。
写真等、詳しくは各アーティストの詳細頁をご覧ください。

各アーティストの詳細頁は下記の写真か名前をクリック。

==================================


------------------------------------------------------------------
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
------------------------------------------------------------------
★段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China 1969年生。数少ない「北京・東村」の女性メンバーの1人。栄栄に東村の作家(馬六明、朱冥など)のポートレイトやパフォーマンスの写真を撮ることをアドバイスした。東村の作家による「名もない山の標高を1m高くする」(1995年)にも参加。1998年ドイツ移住。マリーナ・アブラモビッチにパフォーマンスアートを学ぶ。東村時代の自画像の作品から一貫して、真摯に「自分」を成立させているもの(ジェンダー、社会環境など)のありかた、構造を追求している。自画像を描いた女性は彼女が中国美術史上初めてだったと思われる(革命前、美術にとって(も)女性はオブジェクトであり、革命期・革命後も女性が美術に参加することは文学よりもまれであったから)。
段英梅の詳細頁 へ ≫  段英梅の公式ホームページ ≫  英版wikipedia ≫  arts.tom.com ≫

---------------------------------------------------------------------------
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
---------------------------------------------------------------------------
★チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma1969年生。2001年には友人と自分の作品を超低価格で売る行商パフォーマンスを行い逮捕された。超低価格の場合アウン・サン・スー・チーさんの父親アウン・サン将軍の肖像の入った旧紙幣を使うことになるため(定額紙幣は超インフレのビルマでは現在実質上流通していない)、政治活動とされた。2カ月の拘留の後、別の大規模な反政府活動捜査のために、解放される。2007年に入ってからは、国内事情が悪化しているため帰国できない状態にある。2002年NIPAF参加。
チョウ・イーティンの詳細頁へ ≫
チョウ・イーティンとテイ・リンを紹介する「ニューヨーク・タイムズ」2007年8月13日号 ≫  記事和訳 ≫

----------------------------------------
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
----------------------------------------
★陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China1964年生。男性。2000年に舒陽、朱冥と中国初の国際パフォーマンスアートフェスティバル「OPEN Art Festival」を開催。以後毎年継続、07年には8回目を迎える。01年フィンランド「EXIT」フェスティバル参加。3mの高さから中国の現主席のポートレイトに小便をかけ、その後そこから飛び降りるというセンセーショナルな作品を発表。02年NIPAF(Nippon International Performance Art Festival )参加。07年カッセル「ドクメンタ」のアイ・ウェイウェイ作品に参加。07年北京798アートスペースで非商業的アートスペース「OPEN REALIZATION CONTEMPORARY ART CENTER」を始める。
陳進の詳細頁 へ ≫  OPEN Art Festival ≫

------------------------------------------
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
------------------------------------------
★舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China1969年生。画家、評論家、編集者、役者でもある。2000年の「OPEN Art Festival」では、オーガナイザーとして逮捕される。中国初の現代美術雑誌「新潮」(2000-01年)副編集長。01年以降黄鋭(ファンルイ)を助けて北京798アートスペース*の立ち上げにかかわる。02年NIPAF参加。役者としては、03年東京の「ハイナー・ミュラー」フェスティバルに「紙老虎(Paper Tiger Studio)」グループの一員として来日。03年以降「DaDao Festival」を毎年開催。中国のアンダーグラウンドのパフォーマンス、およびドキュメント(写真)を積極的にヨーロッパに紹介している。06年国際交流基金「美麗新世界:当代日本視覚文化」中国側コーディネーター。
舒陽の詳細頁へ ≫  DaDao Festival ≫  北京798アートスペース ≫  英版wikipedia ≫

------------------------------------------------------
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
------------------------------------------------------
★ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand1957年生。画家、反体制フォークシンガーでもある(CDもたくさん出している。南正人に風貌がそっくりで、実際知り合い)。1998年からの国際パフォーマンスアートフェスティバル「Asiatopia」の実行委員。またタイ芸術家党評議員(07年認可済政党)。タイ芸術家党は日本で秋山佑徳太子が都知事選で行ったバイタリティとユーモア、ヨーゼフ・ボイスがドイツで行ったユートピア的コンセプチャリズムをもろとも体現しようとする党だ。タイの反体制活動のTシャツの多くを手がけ、それらが1000枚になったことを記念する展覧会も開かれた。
ワサン・シティケットの詳細頁へ ≫  Asiatopia ≫  Vasan painting ≫
Vasan Sitthiket 「Burning Dream」 track05(3.8MB) mp3 music ♪ ≫

-------------------------------------------------
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
-------------------------------------------------
★ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea"The bird" ≫ (8 Open Art Fes. 07年9月北京≫
韓国のアーティストホン・オボン(洪五奉)氏の企画/
KIPAF(金泉市)
DIPAF(東海市)
SIPAF(ソウル市) ≫

ホン・オボンの詳細頁へ ≫  ホン・オボンの荒井真一ウェブ頁へ ≫

----------------------------------
川端希満子 Mamiko Kawabata
----------------------------------
★川端希満子 Mamiko Kawabata1972年生。1996年よりNIPAFに参加。1999-2001年に彼女の行ったパフォーマンスは、日本を含め、イギリス、アメリカ、中国、タイ、インドネシア等では、今ではもう伝説になっている。「I am not an artist. I am a sex warker.」というコンセプトのもと、かなりの問題作を試みたため。00年「ジャパン・ソサエティ」(米・ニューヨーク)の同パフォーマンスでは、終演後、観客との活発なディスカッションが繰り広げられた。06年以降少しずつ活動を再開。現在も私たちの無意識の中に潜むジェンダーについての作品を手掛けている。
川端希満子の詳細頁へ ≫

---------------------------------
田上真知子 Machiko Tagami
---------------------------------
★田上真知子 Machiko Tagami1971年生。オノヨーコの本を読んで、パフォーマンスアートの表現力に魅了され、渡米。2001-06年は、東京の大塚にてフリーアートスペース、アウトラウンジの企画、運営を手掛けた。07年都電を借り切った「ゼロ次元以後のアクションアート」では加藤好弘から、20代の作家まで9人のパフォーマンスを2日間にわたって紹介した。自身の作品は「いかに風景を意識化していくか」をテーマに「サバサバとした運動体でいること」と名付けてドイツ・中国・東京等で発表。
田上真知子の詳細頁へ ≫  ゼロ次元以後のアクションアート ≫

-----------------------------
丸山真 Makoto Maruyama
-----------------------------
★丸山真 Makoto Maruyama■1975年長野生。
踊り。
身体をつかう。
■参考資料:
資料1:◇記録◇ NIPAF'07夏:名古屋公演:七ツ寺共同スタジオ ≫
資料2:◇記録◇ NIPAF'07春:名古屋公演:日本陶磁器センター4Fホール ≫
丸山真の詳細頁へ ≫

-----------------------------
梅村軍司 Gunshi Umemura
-----------------------------
★梅村軍司 Gunshi Umemura1977年生。
名古屋生まれの名古屋育ち。名古屋造形大で染織を学ぶ。刺繍アート、料理人、フリスビー…。印象に残るパフォーマンスは、七福邸で巨大鏡餅を焼き、熱い餅を背負い、我慢できなくなったら邸から飛び出て、近くのどぶ川で体を冷やし、再び戻り何度もその行為を繰り返すというもの。一見突飛な行為のようだが、その行為はたんたんとして、静かな祈りの行為のように見える。
梅村軍司の詳細頁へ ≫

---------------------------
寺尾晴美 Harumi Terao
---------------------------
★寺尾晴美 Harumi Terao1969年生。金沢美術工芸大学卒。1994年から東京、名古屋などで絵画による個展。パフォーマンスは、1999年に名古屋港の倉庫跡で開催された日本国際パフォーマンスアート・フェスティバルのスタッフとして参加し、その後2000年より開始する。国内のほか、カナダ、韓国、中国、ミャンマー、フィリピンなどでも活動。なお、寺尾のパフォーマンス開始は99年からだが、金沢美大在学中に、同学の学友で近年「時をかける少女」で一躍有名になった細田守監督が学生時代に作った実験映画にも主演女優として出演しており、もともとパフォーマンスへの十分な素地はあったと考えられる。
寺尾晴美の詳細頁へ ≫

--------------------------
荒井真一 Shin-ichi Arai
--------------------------
★荒井真一 Shin-ichi Arai1959年生。1982年美学校で吉田克朗から銅版画を学ぶかたわら、サエグサユキオ、久住卓也、ホシノマサハル、赤木能里子と「赤木電気」を結成、即興パンクおよびパフォーマンスを始める。1983年「天国注射の昼」にて「日比谷野音、赤ペンキぶちまかし事件-川俣軍司に捧ぐ」。その後「大昭和発電」(w/桑原正彦、久住)、「現場の力」(w/サエグサ)、「福福物語」(w/鈴木健雄、谷川まり、サエグサ)に参加。1999年より「Happy Japan!」などソロで活動。06年東アジア(フィリピン、中国、タイ、インドネシア、香港)の5作家を招き「大東亜共栄軒」を企画。日本での公演はその作品の性格上、非常にまれ。
荒井真一の詳細頁へ ≫  荒井真一ウェブ ≫  Happy Japan! ≫  大東亜共栄軒 ≫

---------------------------------
西島一洋 Kazuhiro Nishijima
---------------------------------
★西島一洋 Kazuhiro Nishijimaポツダム宣言から7年後、生まれる。その時の家業は録音業、レコード盤を作る器械があった。家業はかんばしくなく、5才の頃から祖母が細々と営んでいたうどん屋の2階の四畳半に親子5人。父は、色々事業を起こすがことごとく失敗で借金の山。うどん屋も手伝ったが、家計の足しにはならぬ、小6より、酒屋、プレス工、木工、染色工、牛乳配達。16才の時から絵かきとなるが、収入は無い。その後、掃除夫、ちり紙交換、キャバレーボーイ、劇場大道具、デパート店員、印刷ブローカー、版下デザイン、看板制作、洗濯夫、モデル、似顔絵、喫茶店、生花市場、などをてんてんとしながら、29才専業絵かきとなり現在に至る。また、1970年代よりハプニングやパフォーマンスに隣接する名称不能行為を断続的におこなう。1988年には「体現」と名付け体現集団φアエッタを創始、個人または集団で活動を続けている。「体現」は開かれた表現の領域としてのパフォーマンスアートとは一線を画しており、むしろ表現という幻想の抑圧から逃れる旅を続けているといった方が適切かもしれない。
西島一洋の詳細頁へ ≫


=================

上記イベント終了しました。
ありがとうございました。
記録を徐々に編纂し掲載していきます。
お待ちください。


=================




段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫
イベントの概要のトップへ戻る≫  全出演者の簡単な紹介のトップへ戻る ≫



◆ART NEWS/最新版 :「小東亜共栄軒'08 名古屋」 K・D Japon (KDハポン) 2008.5/2-3 ◆この頁のトップへ戻る



ART-NEWS Index はこちら≫





 ★このブログのトップ頁へ ★[ART-NEWS]最新頁へ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / performance art ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る


◆このイベントの記録(現在作成中)は、ここをクリックしてください。徐々に書き加えて展開掲載していきます。


◆この頁のトップに戻る


★詳細頁へ[小東亜共栄軒'08名古屋]

小東亜共栄軒'08名古屋の動向メモ

★4月27日午後4時のメモ/
タイのワサンは昔常滑の工房に滞在したことがあって、
そのとき鯉江良二さんとも親しくなったとのことで、
鯉江さんに連絡を取りたいということですが、連絡先が分からなかったのですが、
梅村軍司君が鯉江さんの連絡先を教えてくれました。
さっそく、鯉江さんに電話しました。
その後、ワサンと鯉江さんとの連絡もうまくいき、
5月2日のKDハポンに鯉江さんも見に来られるとのことです。
それから、梅村軍司君が5月2日に出演することになりました。
ということで、2日(金)7名、3日(土)6名、合計13名の出演です。

★4月26日メモ/
危ぶまれていたビルマのチョウ・イーティンのビザも無事取れて、
海外アーティスト全員そろって来日に。
東京では、今日から開催。名古屋は開催まであと6日。

★4月22日/新情報・丸山真追加出演・本日午前零時過ぎ決定。
したがって、アジアから6名、日本6名、計12名の出演になります。
丸山真の出演日は5月2日。よって、2日と3日両日とも6名ずつの出演。

★4月21日 pm11:05メモ/
なお、小東亜共栄軒'08名古屋のメイン頁URLは、↓です。
http://aetta.blog62.fc2.com/blog-entry-144.html
上記のこのURL頁がもっとも新しい記事を掲載しています。

★4月19日 am0:18/ホン・オボン追加出演にあたってウェブの各箇所を手作業で順に書き換えています。
まだ、修正前の表記になっているところがあります。
最新の表記は、ホン・オボンが加わり、アジア6名、日本5名、の合計11名の出演になります。

★4月18日/ホン・オボンの出演日は5月3日。
◇5月2日(金)/5名
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
川端希満子 Mamiko Kawabata
西島一洋 Kazuhiro Nishijima
◇5月3日(土)/6名
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
田上真知子 Machiko Tagami
寺尾晴美 Harumi Terao
荒井真一 Shin-ichi Arai

★4月14日/夜9時ごろ、韓国のホン・オボンから電話。名古屋出演最終決定。
名古屋入りは、公演前日の5月1日夜8時半に中部国際空港着。
迎えに行くのは、神野文彦君。
ホン・オボンの出演日は、5月3日にしようと思っています。

★4月14日/午前0時現在
4月13日正午ごろ荒井氏から電話。
ホン・オボンと連絡を取り合って、結局名古屋と富山に出演とのこと。
となると、名古屋での出演者は11名。

★4月10日/夜10時過ぎ、韓国のホン・オボンと電話、
「安いチケットはもう売り切れてみつからない」…ということで、
今回のホン・オボンの出演追加は残念ながら断念。
再追加は無しになり参加者10名は変わらずです。

★4月8日/午後5時過ぎに韓国のホン・オボンから電話。
「名古屋だけになるが出演参加できる」とのことです。
ホン・オボンが加わると、再び出演者が11名となります。

★4月8日/クム・ソニは、東京出演のみになりました。
したがって、出演者は当初の予定通り10名になります。
それにともない、チョウ・イーティンの出演日を2日(金)に変更しました。


◆この頁のトップに戻る



ART-NEWS Index はこちら≫



この頁へのコメントはここをクリックしてください。≫



★Improvisation Performance Live 詳細textへ≫





ART-NEWS Index >
◆西島一洋現場行為のおしらせ→2010年8月5日KD・Japonにて。
◆西島一洋現場行為のおしらせ→2010年8月13日ミュージックファームにて。
page: 08:大須「プシュケ」  07:常滑ft 06:西尾劇場 05:闇について 04:草枕 03:Impro. 02:人間の扉 01:小東亜

★ART-NEWS最新頁へ≫ Index

ART-NEWS Index


★new
◆西島一洋が行為/2010年11月14日(日)/一宮織部亭/林裕己写真展「表現と家族」の最終日
★new
◆西島一洋が舞台美術/2010年12月/名古屋能楽堂/パンク歌舞伎「マクベス」

◆西島一洋が行為痕跡を出品/アート&エコ マッチングプロジェクト/名古屋市民ギャラリー矢田/2010年10月19日(火)~24日(日)
◆西島一洋が行為/2010年8月13日(金)/NAGOYA MUSIC FARM/言葉ズーカ その17
◆西島一洋が行為/2010年8月5日(木)/K・D Japon/ダ・・ン・・スースースー3/音×行為
◆西島一洋が行為/2009年10月11日(日)/大須プシュケ/林裕己展の最終日
◆西島一洋が行為/2009年10月17日(土)/INAXライブミュージアム/常滑フィールド・トリップ2009
◆西島一洋が舞台美術/2009年12月18日(金)~23日(水)/西尾劇場/ダンス・タンス・ダンス
◆西島一洋が行為/2009年8月8日(土)/大須路上/闇についての行為
◆西島一洋が出演と舞台美術/2009年4月17日(金)~5月31日(日)/K・D Japon/ハポン劇場「草枕」
◆西島一洋が行為/2009年1月7日(水)/K・D Japon/Improvisation Performance Live
◆西島一洋が行為/2008年8月3日(日)/K・D Japon/人間の扉
◆西島一洋が行為/2008年5月2日(金)~3日(土)/K・D Japon/小東亜共栄軒'08名古屋


◆ART-NEWS | 【2008-05-27(Tue) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments(-)
artist file > No.55 段英梅 Yingmei Duan (Chinese in Germany) 【小東亜共栄軒'08名古屋(5/2-3 K・D Japon)/Small East Asia Coprosperity Restaurant '08 in Nagoya/出演アーティスト■No.01】

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 投稿 修正


小東亜共栄軒'08 名古屋 専用 Index 出演アーティスト13名≫ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65all


★artist-file アーティスト・ファイル便覧へ

artist file No.55 / 小東亜共栄軒'08 名古屋 出演アーティスト No.01

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。Yingmei Duan
段英梅 ドゥアン・インメイ

Yingmei Duan

(Chinese in Germany)

段英梅 Index
◆段英梅/記録/写真(11+α枚)≫ /小東亜共栄軒'08 名古屋 5/2-3 K・D Japon での行為≫
◆段英梅/事前情報としての紹介文と参考写真≫/この頁の下のほうに移動しました。≫

◆この頁のトップへ戻る


段英梅 記録 小東亜共栄軒'08 名古屋 5/2-3 K・D Japon での行為

◆参考資料:
資料a:小東亜共栄軒'08名古屋/記録≫
資料b:小東亜共栄軒'08名古屋/イベントの概要≫
資料c:小東亜共栄軒'08名古屋/全出演者の簡単な紹介≫
資料d:小東亜共栄軒'08名古屋/出演者 Index ≫
     01 段英梅≫ 02 チョウ・イーティン≫ 03 陳進≫ 04 舒陽≫ 05 ワサン・シティケット≫ 06 ホン・オボン≫
     07 川端希満子≫ 08 田上真知子≫ 09 寺尾晴美≫ 10 荒井真一≫ 11 西島一洋≫ 12 丸山真≫ 13 梅村軍司≫

link1:段英梅 (小東亜共栄軒'08 名古屋 記録 荒井真一ウェブ版)≫
link2:段英梅 (小東亜共栄軒'08 東京 記録 荒井真一ウェブ版)≫
link3:小東亜共栄軒'08東京・名古屋・富山 /記録(荒井真一ウェブ)≫


◆小東亜共栄軒'08名古屋記録写真:11+α枚 (2008年5月2日 K・D Japonにて)
撮影/林裕己 Hiromi Hayashi (3+α枚)+撮影/JIGUAI (8枚)

以下3+α枚撮影/林裕己 Hiromi Hayashi (2008年5月2日 K・D Japonにて)
Yingmei_Duan_01 

Yingmei_Duan_02 

Yingmei_Duan_03
以上3+α枚撮影/林裕己 Hiromi Hayashi

以下8枚撮影/JIGUAI (2008年5月2日 K・D Japonにて)
Yingmei_Duan_01j 

Yingmei_Duan_02j

Yingmei_Duan_03j

Yingmei_Duan_04j

Yingmei_Duan_05j

Yingmei_Duan_06j

Yingmei_Duan_07j

Yingmei_Duan_08j
以上8枚撮影/JIGUAI


◆この頁のトップへ戻る


段英梅 紹介

段英梅 ドゥアン・インメイ (中国 /ドイツ在住) 紹介文と参考写真
1969年生。数少ない「北京・東村」(註1)の女性メンバーの1人。栄栄に東村の作家(馬六明、朱冥など)のポートレイトやパフォーマンスの写真を撮ることをアドバイスした。東村の作家による「名もない山の標高を1m高くする」(1995年)にも参加。1998年ドイツ移住。マリーナ・アブラモビッチ(註2)にパフォーマンスアートを学ぶ。東村時代の自画像の作品から一貫して、真摯に「自分」を成立させているもの(ジェンダー、社会環境など)のありかた、構造を追求している。自画像を描いた女性は彼女が中国美術史上初めてだったと思われる(革命前、美術にとって(も)女性はオブジェクトであり、革命期・革命後も女性が美術に参加することは文学よりもまれであったから)。(文:荒井真一)
写真:"名もない山の標高を1m高くする"(1995)                                                                                                       写真:"Sleepless"(2007)「BoulevART」展、Kunstherbst ベルリン、ドイツ(14日間のパフォーマンス)
★1名もない山の標高を1m高くする Yingmei Duan 01★2名もない山の標高を1m高くする Yingmei Duan 02★3名もない山の標高を1m高くする Yingmei Duan 03 ★4 Sleepless Yingmei Duan 04★5 Sleepless Yingmei Duan 05★6 Sleepless Yingmei Duan 06★7 Sleepless Yingmei Duan 01


註1:「北京・東村」北京郊外の村。1993年ごろから家賃の安さに若いアーティストが移り住むようになる。従来の絵画や彫刻というスタイルでは、自分たちを表現しきれないという思いからパフォーマンスアートを試みる作家が増える。数々のパフォーマンスが作家の住居(スタジオ)で行われる。95年夏公安の取り締まりが激化、数人のアーティストが拘留されるにいたり、自然壊滅した。東村出身の作家の多くは現在中国アートの売れっ子である。 段英梅紹介文のトップに戻る ≫
註2:マリーナ・アブラモビッチMarina Abramovicは1946年旧ユーゴスラビア生まれの女性アーティスト。1970年代よりパフォーマンスを始める。97年のヴェネチア・ビエンナーレでは骨を磨き続けるパフォーマンスで、グランプリを受賞。越後妻有アートトリエンナーレ2000では古い民家を改装した「夢の家」を 制作した。彼女の学生を荒井(真一)はもう1人知っている。Nezaket Ekiciというトルコ系ドイツ人のパフォーマンスアーティストである。
資料1:◇段英梅 (本人の公式ホームページ)≫
資料2:◇段英梅 (イギリス版 wikipedia )≫
資料3:◇段英梅 (中国語版ウェブ arts.tom.com )≫
link1:◇段英梅 (小東亜共栄軒'08 事前情報 紹介頁 荒井真一ウェブ版)≫

段英梅紹介文のトップに戻る ≫




小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)記録のメイン頁へ≫
小東亜共栄軒'08名古屋出演者13名一覧へ≫  全出演者の簡単な紹介へ≫  イベントの概要へ≫
No.01 No.02 No.03 No.04 No.05 No.06 No.07 No.08 No.09 No.10 No.11 No.12 No.13
01 段英梅≫  02 チョウ・イーティン≫  03 陳進≫  04 舒陽≫  05 ワサン・シティケット≫  06 ホン・オボン≫
07 川端希満子≫  08 田上真知子≫  09 寺尾晴美≫  10 荒井真一≫  11 西島一洋≫  12 丸山真≫  13 梅村軍司≫



◆artist file > No.55 段英梅 Yingmei Duan      ◆この頁のトップへ戻る


◆artist-file Index のTOPに戻る


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65all



 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のトップ頁に戻る


★詳細頁へ[小東亜共栄軒'08名古屋]


この頁へのコメントはこちらへ




◇artist-file > page | 【2008-05-13(Tue) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments(-)
artist file > No.56 チョウ・イーティン Chaw Ei Thein (Burma/Myanmar) 【小東亜共栄軒'08名古屋(5/2-3 K・D Japon)/Small East Asia Coprosperity Restaurant '08 in Nagoya/出演アーティスト■No.02】

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 投稿 修正


小東亜共栄軒'08 名古屋 専用 Index 出演アーティスト13名≫ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65


★artist-file アーティスト・ファイル便覧へ

artist file No.56 小東亜共栄軒'08 名古屋 出演アーティスト No.02

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。Chaw Ei Thein
チョウ・イーティン

Chaw Ei Thein

(Burma/Myanmar)


チョウ・イーティン 記録

◆タイトル:「闘いあるところ、希望あり」

◆チョウ・イーティン/記録/写真(9枚)≫/小東亜共栄軒'08名古屋 (K・D Japon)での行為≫
◆事前情報としてのチョウ・イーティン紹介文と参考写真はこの頁の下のほうに移動しました。≫

◆参考資料:
資料a:小東亜共栄軒'08名古屋/記録≫
資料b:小東亜共栄軒'08名古屋/イベントの概要≫
資料c:小東亜共栄軒'08名古屋/全出演者の簡単な紹介≫
資料d:小東亜共栄軒'08名古屋/出演者 Index ≫
     01 段英梅≫ 02 チョウ・イーティン≫ 03 陳進≫ 04 舒陽≫ 05 ワサン・シティケット≫ 06 ホン・オボン≫
     07 川端希満子≫ 08 田上真知子≫ 09 寺尾晴美≫ 10 荒井真一≫ 11 西島一洋≫ 12 丸山真≫ 13 梅村軍司≫

link1:チョウ・イーティン/小東亜共栄軒'08名古屋 /記録(荒井真一ウェブ)≫
link2:チョウ・イーティン/小東亜共栄軒'08東京 /記録(荒井真一ウェブ)≫
link3:チョウ・イーティン/小東亜共栄軒'08富山 /記録(荒井真一ウェブ)≫
link4:小東亜共栄軒'08東京・名古屋・富山 /記録(荒井真一ウェブ)≫


◆この頁のトップへ戻る


◆小東亜共栄軒'08名古屋記録写真:9枚
撮影/林裕己 Hiromi Hayashi (4枚)+撮影/JIGUAI (3枚)+撮影/荒井真一 shin-ichi arai (2枚)

撮影/林裕己 Hiromi Hayashi (以下4枚)
Chaw Ei Thein01

Chaw Ei Thein02

Chaw Ei Thein03

Chaw Ei Thein04
撮影/林裕己 Hiromi Hayashi (以上4枚)

撮影/JIGUAI (以下3枚)
Chaw Ei Thein01j

Chaw Ei Then02j

Chaw Ei Thein03j
撮影/JIGUAI (以上3枚)

撮影/荒井真一 shin-ichi arai (以下2枚)
Chaw Ei Thein01a

Chaw Ei Then02a
撮影/荒井真一 shin-ichi arai (以上2枚)


◆この頁のトップへ戻る


以下、参考資料

チョウ・イーティン (Burma/Myanmar) 事前情報としての紹介文と参考写真
1969年生。2001年には友人と自分の作品を超低価格で売る行商パフォーマンスを行い逮捕された。超低価格の場合アウン・サン・スー・チーさんの父親アウン・サン将軍の肖像の入った旧紙幣を使うことになるため(定額紙幣は超インフレのビルマでは現在実質上流通していない)、政治活動とされた。2カ月の拘留(参考2)の後、別の大規模な反政府活動捜査のために、解放される。2007年に入ってからは、国内事情が悪化しているため帰国できない状態にある。2002年NIPAF参加。(文:荒井真一)
写真:"静かな河"
★★★★★


参考1:◆チョウ・イーティン 紹介頁 (荒井真一ウェブへ) ≫
参考2:◆[2ヶ月の拘留]
◇チョウ・イーティンの友人テイ・リンを紹介する「ニューヨーク・タイムズ」2007年8月13日号 ≫
◇和訳版 ≫
(ほぼ機械訳なので、原文を参照ください)
(2007年8月12日、ロンドン)
 出獄したときのテイ・リンの写真を見ると、青白く、猫背で20歳はふけて見える。顔はやせ、細い手には6年以上の独房での生活用品を入れたうすでのビニール袋を握っている。彼の隣には監獄を警備する軍人が立っている。彼はうれしそうに笑っている。その笑顔の背後には有刺鉄線に囲まれた監獄である。
 テイ・リンは反体制運動をした政治犯として逮捕された。そして監獄で描いた300の絵画と1000のドローイングをひそかに持ち出した。その3年後世界で最も独裁的で閉ざされた国といわれる元ビルマ、ミャンマーの監獄の実態を、彼の作品は描き出している。
 最も悲惨な作品は「6本の指」で、やせ細り、手や足の指をなくした男たちの列を描いている。彼らは貧しくて50-100ドルの賄賂を役人に渡せなかったばかりに、マラリアの湿地のある採石場の強制収容所に連行された男たちだ。
 「この男たちがここから脱出する唯一方法は、事故ることだ」と今はロンドンに住む41歳のテイ・リンは言う。日常的に監獄の庭園用の鋤や鍬でほかの囚人に、手や足の指の2-3本を切断してもらい、それを医師に見せるのだ。
 ほかの作品は囚人に制服として支給される白いロンジー(布の腰巻)に描かれている。それらは身の毛もよだつ飢えと病のさまを描いている。それらはロンドン中心の文化センター「アジア・ハウス」で展示されている。
 ここで展示されている彼の作品は1880年から第2次世界大戦以後も続いた長い英国の植民地政策を照らし出している。彼はジョージ・オーウェルについて特に語らないが、彼の作品にはオーウェルの遺産が横たわっている。ジョージ・オーウェルは植民地ビルマの英国警察官であり、彼はそのときの経験を独裁(密告)社会の腐敗として、小説で表現した。
 テイ・リンにとって、政治的な演説を行ったとして死刑囚だった7カ月間は結果的にたくさんの重要な作品を作る契機となった。
 「絵を描くにはチャンスだった。官吏はまったくやって来なかった。彼らはとても怖かったんだ」そして絵のことを知らない、向こう見ずな死刑囚の仲間たちが助けてくれた。「何かやらなくちゃ」と、彼らは「死ぬ前に、俺らはこの絵描きを助けてやろう」と思ったんだろう。それで、彼らは彼らのロンジーをテイ・リンのキャンバスとして差し出したのだ。
 それで多くの囚人は真っ裸で過ごしていた。何しろロンジーは半年に1回しか支給されないのだ。「彼らは裸のままだったが、罰せられることはなかった」とテイ・リンは語る。結局官吏は新しいロンジーを準備し、それは秘密の絵描きのキャンバスになっていたわけである。
 テイ・リンは反体制グループの努力によって、彼が獄中で絵を描いていたことがばれずに脱獄した。しかし、1998年彼が友人に協力者を募るよう手紙を出したのを、検閲された。警察はヤンゴンの自宅で彼に目隠しをされ逮捕。軍事法廷で懲役7年以下の懲役となる。2004年に恩赦で少し早めに出獄する。
 彼はずっとアウン・サン・スー・チー女史を支持してきた。彼女は民主化指導者であり1988年以来国外に出られず、その17年間のうち11年間は軟禁状態である。アメリカ合衆国は彼女の軟禁解除のために厳しい経済制裁を行っている。
 「私が逮捕された一番の理由は、警官に君たちが国を愛するようにアウン・サン・スー・チーも国を愛しているんだよと言ったことなんだ」と彼は言う。
監獄に入った、彼は画材等を見つけ、官吏たちと仲良くなり、彼の作品を外の友達に運び出すのを手伝わせるように、必死になった。
 彼は先ず医務局の人と仲良くなった。その人は詩人で喜んで注射器をくれた。それは筆の代わりになった。
 面会の家族からもらうお金で仲良くなった官吏を買収して、油絵の具、アクリル、ときには家庭用塗料を手に入れた。
 彼の独創的なテクニックの一つは、彼が独房に持ち込むことを許された、白の仏像プラスティック製の写真の裏を使用することだ。裏が白くコートされた表面の上に絵を描き、その上にイメージを写し出すための布を置いた。
 時々、危ない目にもあった。それは囚人が告げ口をして、官吏が彼の独房に彼の作品を探しに来る時だった。彼はロンジー(布)に描いた絵を乾かしていたのだ。官吏がその布の隅を持ち上げ後ろをのぞきこみ、それを元に戻すのを見守った。しかし、実は、そのぬれた布が、官吏が探しているものだとは、全く気がつかなかった。彼らはそこにぬれた布を見いだすだけだった。
 仲間の作家チョー・イーティン(38歳)がヤンゴンから3カ月彼の展覧会に訪れている。彼女の絵画はタイで展示され、日本と台湾でパフォーマンスをやってきた。
 彼らは90年代ヤンゴンの法律学校で出会った。そして二人とも法律家になるのをやめ、もっと軍事政権下の表現の制限を突き破ることができるパフォーマンスアートをやり始めた。
 彼らは、ヤンゴンの市場や街角でリボンや飴といった小銭で扱う商品を売るパフォーマンスを行った。これはもちろん、現政権下で日常化する超インフレーションを批評していたのであった。
 意外にも彼らは彼らは逮捕された。しかし、もっと深刻な首都での爆弾事件が起こり、その警察署はてんやわんやになってしまった。実際警官はチョウ・イーティンに一度に2つの事件に対処することができないと、愚痴ったそうだ。そこで、警官はテイ・リンチョウ・イーティンに釈放だと言った。
 2人のアーティストに爆弾犯捜査の様子を描いてもらうべくもなく、ビルマでの生活にはジョージ・オーウェルが描いた荒唐無稽でそこで生きる人々には悲惨な独裁(密告)社会の特徴がにじみ出ていると記者は考える。

参考資料のトップに戻る


◆この頁のトップへ戻る





小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)記録のメイン頁へ≫
小東亜共栄軒'08名古屋出演者13名一覧へ≫  全出演者の簡単な紹介へ≫  イベントの概要へ≫
No.01 No.02 No.03 No.04 No.05 No.06 No.07 No.08 No.09 No.10 No.11 No.12 No.13
01 段英梅≫  02 チョウ・イーティン≫  03 陳進≫  04 舒陽≫  05 ワサン・シティケット≫  06 ホン・オボン≫
07 川端希満子≫  08 田上真知子≫  09 寺尾晴美≫  10 荒井真一≫  11 西島一洋≫  12 丸山真≫  13 梅村軍司≫



◆artist file > No.56 チョウ・イーティン Chaw Ei Thein      ◆この頁のトップへ戻る


◆artist-file Index のTOPに戻る


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65




 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★ART-Letter アート・レターの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ φAETTA (1988-) & Art-Letter (2007-) & Nagoya NIPAF (1998-2007) ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のトップ頁に戻る


★詳細頁へ[小東亜共栄軒'08名古屋]


この頁へのコメントはこちらへ




◇artist-file > page | 【2008-05-12(Mon) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments(-)
artist file > No.57 陳進 Chen Jin (China) 【小東亜共栄軒'08名古屋(5/2-3 K・D Japon)/Small East Asia Coprosperity Restaurant '08 in Nagoya/出演アーティスト■No.03】

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 投稿 修正


小東亜共栄軒'08 名古屋 専用 Index 出演アーティスト13名≫ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65all


★artist-file アーティスト・ファイル便覧へ

artist file No.57 小東亜共栄軒'08 名古屋 出演アーティスト No.03

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。Chen Jin
陳進

Chen Jin

(China)


陳進/記録

◆タイトル:ツールとツールの間
◆コンセプト:今回表現したかったのは、ツールとツールにおける関係性の問題、そして人間がツールと関わることで生じる問題。他、人間がツールに対して盲目的に信用することに対する考察も含まれる。

◆陳進/記録≫ (写真:18枚/小東亜共栄軒'08 名古屋 5/2-3 K・D Japon での行為の記録)≫
◆陳進/紹介≫ (事前情報としての陳進/紹介文と参考写真はこの頁の下のほうに移動しました)≫

◆参考資料:
資料a:小東亜共栄軒'08名古屋/記録≫
資料b:小東亜共栄軒'08名古屋/イベントの概要≫
資料c:小東亜共栄軒'08名古屋/全出演者の簡単な紹介≫
資料d:小東亜共栄軒'08名古屋/出演者 Index ≫
     01 段英梅≫ 02 チョウ・イーティン≫ 03 陳進≫ 04 舒陽≫ 05 ワサン・シティケット≫ 06 ホン・オボン≫
     07 川端希満子≫ 08 田上真知子≫ 09 寺尾晴美≫ 10 荒井真一≫ 11 西島一洋≫ 12 丸山真≫ 13 梅村軍司≫

link1:◇陳進 (小東亜共栄軒'08 名古屋 記録 荒井真一ウェブ版)≫
link2:◇陳進 (小東亜共栄軒'08 東京 記録 荒井真一ウェブ版)≫
link3:◇陳進 (小東亜共栄軒'08 富山 記録 荒井真一ウェブ版)≫
link4:小東亜共栄軒'08東京・名古屋・富山 /記録(荒井真一ウェブ)≫


◆この頁のトップへ戻る

◆小東亜共栄軒'08名古屋記録写真:18枚
撮影/林裕己 Hiromi Hayashi (9枚)+撮影/JIGUAI (9枚)

撮影/林裕己 Hiromi Hayashi (以下9枚)
陳進★写真 Chen Jin01

陳進★写真 Chen Jin02

陳進★写真 Chen Jin03

陳進★写真 Chen Jin04

陳進★写真 Chen Jin05

陳進★写真 Chen Jin06

陳進★写真 Chen Jin07

陳進★写真 Chen Jin08

陳進★写真 Chen Jin09
撮影/林裕己 Hiromi Hayashi (以上9枚)

撮影/JIGUAI (以下9枚)
陳進★写真 Chen Jin1j

陳進★写真 Chen Jin2j

陳進★写真 Chen Jin3j

陳進★写真 Chen Jin4j

陳進★写真 Chen Jin5j

陳進★写真 Chen Jin6j

陳進★写真 Chen Jin7j

陳進★写真 Chen Jin8j

陳進★写真 Chen Jin9j
撮影/JIGUAI (以上9枚)


◆この頁のトップへ戻る


陳進/紹介

陳進 チェン・ジン (中国) 紹介文と参考写真


1964年生。男性。2000年に舒陽、朱冥と中国初の国際パフォーマンスアートフェスティバル「OPEN Art Festival」を開催。以後毎年継続、07年には8回目を迎える。01年フィンランド「EXIT」フェスティバル参加。3mの高さから中国の現主席のポートレイトに小便をかけ、その後そこから飛び降りるというセンセーショナルな作品を発表。02年NIPAF(Nippon International Performance Art Festival )参加。07年カッセル「ドクメンタ」のアイ・ウェイウェイ作品に参加。07年北京798アートスペースで非商業的アートスペース「OPEN REALIZATION CONTEMPORARY ART CENTER」を始める。(文:荒井真一)
写真:"開会式"(2007年9月「第8回Open Art Festival」)
★写真01★写真02★写真03★写真04★写真05


資料1:◆OPEN Art Festival ≫
資料2:◆陳進 紹介頁(荒井真一ウェブ版)≫
資料3:◆北京798アートスペース≫
※北京798アートスペース(798は地番)は、今やニューヨークのソーホーよりも面白く、お金が動いていると言われる画廊街である。2000年ごろほぼ20年ぶりに北京に帰ることができた黄鋭が、旧国営工場の一角にスタジオを構えたのがそのきっかけ。旧国営工場は50年代に建国記念として東独政府が建設したバウハウススタイルの建物群からなっている。国営工場がつぶれ、安くバラ貸しを始めたのを機にスタジオとして借り、内部をリフォームした。黄鋭の働きかけにより、徐々にアーティストのスタジオ、現代美術の画廊(たとえば東京画廊等)、レストランなどが移ってくる(天井が高く、サンルーフからの自然光はほかでは特に得がたい)。そして、彼はそれらの友人たちと共同で798を運営していった。しかし、近年大手のデベロッパーがこの区画全体の権利を手に入れたため、家賃が高騰し、建築群の改造等が何のプランもなしに行われ、以前からの住人の運営が無視されるようになった。黄鋭は1978年、北島、芒克ら文学者と「今天」という伝説的総合芸術雑誌を創刊。それを母体に、先鋭的なパフォーマンス、朗読会、展覧会等を行う。それは文革(そして革命)以後初めてのアバンギャルド活動であった。しかし80年初頭弾圧され、多くの同人は外国に逃がれた(黄鋭は日本へ)。
89年の6/4(天安門事件)以降は日本のパスポートを持つ黄鋭でも帰国が難しかった。

◆チェン・ジン 事前紹介文と参考写真のトップに戻る





小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)記録のメイン頁へ≫
小東亜共栄軒'08名古屋出演者13名一覧へ≫  全出演者の簡単な紹介へ≫  イベントの概要へ≫
No.01 No.02 No.03 No.04 No.05 No.06 No.07 No.08 No.09 No.10 No.11 No.12 No.1301 段英梅≫  02 チョウ・イーティン≫  03 陳進≫  04 舒陽≫  05 ワサン・シティケット≫  06 ホン・オボン≫
07 川端希満子≫  08 田上真知子≫  09 寺尾晴美≫  10 荒井真一≫  11 西島一洋≫  12 丸山真≫  13 梅村軍司≫



◆artist file > No.57 陳進 Chen Jin         ◆この頁のトップへ戻る


◆artist-file Index のTOPに戻る


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65all




 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★ART-Letter アート・レターの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ φAETTA (1988-) & Art-Letter (2007-) & Nagoya NIPAF (1998-2007) ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のトップ頁に戻る


★詳細頁へ[小東亜共栄軒'08名古屋]




◇artist-file > page | 【2008-05-11(Sun) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
artist file > No.58 舒陽 Shu Yang (China) 【小東亜共栄軒'08名古屋(5/2-3 K・D Japon)/Small East Asia Coprosperity Restaurant '08 in Nagoya/出演アーティスト■No.04】

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 投稿 修正


小東亜共栄軒'08 名古屋 専用 Index 出演アーティスト13名≫ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65all


★artist-file アーティスト・ファイル便覧へ

artist file No.58 小東亜共栄軒'08 名古屋 出演アーティスト No.04

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。Shu Yang
舒陽

Shu Yang

(China)


舒陽/記録/タイトル:「赤いオリンピック」

◆舒陽/記録/写真(16枚)≫/小東亜共栄軒'08名古屋 (K・D Japon)での行為≫
◆舒陽/記録/スライドショー(16枚)≫/小東亜共栄軒'08名古屋 (K・D Japon)での行為≫
=スライドショーは後日掲載します。
◆舒陽/事前紹介文と参考写真≫はこの頁の下のほうに移動しました。≫

◆参考資料:
資料a:小東亜共栄軒'08名古屋/記録≫
資料b:小東亜共栄軒'08名古屋/イベントの概要≫
資料c:小東亜共栄軒'08名古屋/全出演者の簡単な紹介≫
資料d:小東亜共栄軒'08名古屋/出演者 Index ≫
     01 段英梅≫ 02 チョウ・イーティン≫ 03 陳進≫ 04 舒陽≫ 05 ワサン・シティケット≫ 06 ホン・オボン≫
     07 川端希満子≫ 08 田上真知子≫ 09 寺尾晴美≫ 10 荒井真一≫ 11 西島一洋≫ 12 丸山真≫ 13 梅村軍司≫

link1:舒陽/小東亜共栄軒'08名古屋 /記録(荒井真一ウェブ)≫
link2:舒陽/小東亜共栄軒'08東京 /記録(荒井真一ウェブ)≫
link3:舒陽/小東亜共栄軒'08富山 /記録(荒井真一ウェブ)≫
link4:小東亜共栄軒'08東京・名古屋・富山 /記録(荒井真一ウェブ)≫


◆この頁のトップへ戻る


◆記録/写真(16枚)/◇撮影:林裕己 Hiromi Hayashi (6枚)/◇撮影:JIGUAI (10枚)

◇以下6枚:撮影/林裕己 Hiromi Hayashi:K・D Japon 2008年5月3日
Shu Yang 01

Shu Yang 02

Shu Yang 3

Shu Yang 4

Shu Yang 5

Shu Yang 6
以上6枚:撮影/林裕己 Hiromi Hayashi

◇以下10枚:撮影/JIGUAI:K・D Japon 2008年5月3日
Shu Yang 1j

Shu Yang 2j

Shu Yang 3j

Shu Yang 4j

Shu Yang 5j

Shu Yang 6j

Shu Yang 7j

Shu Yang 8j

Shu Yang 9j

Shu Yang 10j
以上10枚:撮影/JIGUAI

◆この頁のトップへ戻る


◆記録/スライドショー(16枚)/◇撮影:林裕己 Hiromi Hayashi (6枚)/◇撮影:JIGUAI (10枚)
=スライドショーは後日掲載します。

width:578px;height:434px
上の画面の左下のスピーカーのマークをクリックすると音が出ます。
=スライドショーは後日掲載します。
Shu Yang "Red Olympic" /photographer: Hiromi Hayashi (6 photos) & JIGUAI (10 photos)

◆この頁のトップへ戻る


舒陽/紹介

舒陽 シュー・ヤン (中国) 紹介文と参考写真

1969年生。画家、評論家、編集者、役者でもある。2000年の「OPEN Art Festival」では、オーガナイザーとして逮捕される。中国初の現代美術雑誌「新潮」(2000-01年)副編集長。01年以降黄鋭(ファン・ルイ)を助けて北京798アートスペース(註1)*の立ち上げにかかわる。02年NIPAF参加。役者としては、03年東京の「ハイナー・ミュラー」フェスティバルに「紙老虎(Paper Tiger Studio)」グループの一員として来日。03年以降「DaDao Festival」を毎年開催。中国のアンダーグラウンドのパフォーマンス、およびドキュメント(写真)を積極的にヨーロッパに紹介している。06年国際交流基金「美麗新世界:当代日本視覚文化」中国側コーディネーター。(文:荒井真一)
写真:"紅旗をドライブする"(「Future of Imagination 3」シンガポール、2006)  "1989年6月4日以降、俺はどこにいたのか?"
★写真01★写真02★写真03★写真04★写真05★写真06★写真07
註1:北京798アートスペース/(798は地番)は、今やニューヨークのソーホーよりも面白く、お金が動いていると言われる画廊街である。2000年ごろほぼ20年ぶりに北京に帰ることができた黄鋭が、旧国営工場の一角にスタジオを構えたのがそのきっかけ。旧国営工場は50年代に建国記念として東独政府が建設したバウハウススタイルの建物群からなっている。国営工場がつぶれ、安くバラ貸しを始めたのを機にスタジオとして借り、内部をリフォームした。黄鋭の働きかけにより、徐々にアーティストのスタジオ、現代美術の画廊(たとえば東京画廊等)、レストランなどが移ってくる(天井が高く、サンルーフからの自然光はほかでは特に得がたい)。そして、彼はそれらの友人たちと共同で798を運営していった。しかし、近年大手のデベロッパーがこの区画全体の権利を手に入れたため、家賃が高騰し、建築群の改造等が何のプランもなしに行われ、以前からの住人の運営が無視されるようになった。黄鋭は1978年、北島、芒克ら文学者と「今天」という伝説的総合芸術雑誌を創刊。それを母体に、先鋭的なパフォーマンス、朗読会、展覧会等を行う。それは文革(そして革命)以後初めてのアバンギャルド活動であった。しかし80年初頭弾圧され、多くの同人は外国に逃がれた(黄鋭は日本へ)。
89年の6/4(天安門事件)以降は日本のパスポートを持つ黄鋭でも帰国が難しかった。


Shu Yang
b.1969 Xian, China
Shu Yang is a theater practitioner, artist, writer, editor and independent curator based in Beijing. In 2000 he helped initiate and organized Open Art Festival and has been directing the DaDao Live Art Festival since 2003. He was a guest lecturer on art history in Art & Design Academy of North China University of Technology in Beijing from 2000 to 2003.
He worked as executive editor of Chinese contemporary art magazine "Next Wave" in 2001. Participated as independent curator of China-UK Arts Management Placement Programme at Visiting Art in London and Chapter Art Centre in Oardiff in 2003. He has been a member of Independent Chinese Pen Centre since 2004.
His performances often use iconic Chinese objects to draw audiences into explorations of communism, socialism and the current social situation in China. In 2004 he undertook an artist residency programme "Breathe" at Chinese Arts Centre In Manchester He co- curated "China Live 2005" presenting Chinese performance artists in various cities in UK.
©FOI 3(のカタログより転載)

資料1:イギリス版wikipedia/Shu Yang≫
資料2:舒陽紹介頁(荒井真一ウェブ)へ ≫
資料3:OPEN Art Festival ≫
資料4:北京798アートスペース ≫
資料5:DaDao Festival ≫

◆舒陽 紹介文と参考写真のトップに戻る





小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)記録のメイン頁へ≫
小東亜共栄軒'08名古屋出演者13名一覧へ≫  全出演者の簡単な紹介へ≫  イベントの概要へ≫
No.01 No.02 No.03 No.04 No.05 No.06 No.07 No.08 No.09 No.10 No.11 No.12 No.13
01 段英梅≫  02 チョウ・イーティン≫  03 陳進≫  04 舒陽≫  05 ワサン・シティケット≫  06 ホン・オボン≫
07 川端希満子≫  08 田上真知子≫  09 寺尾晴美≫  10 荒井真一≫  11 西島一洋≫  12 丸山真≫  13 梅村軍司≫



◆artist file > No.58 舒陽 Shu Yang      ◆この頁のトップへ戻る


◆artist-file Index のTOPに戻る


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65all




 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★ART-Letter アート・レターの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ φAETTA (1988-) & Art-Letter (2007-) & Nagoya NIPAF (1998-2007) ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のトップ頁に戻る


★詳細頁へ[小東亜共栄軒'08名古屋]


この頁へのコメントはこちらへ




◇artist-file > page | 【2008-05-10(Sat) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments(-)
artist-file > No.59 ワサン・シティケット Vasan Sitthiket (Thailand) 【小東亜共栄軒'08名古屋(5/2-3 K・D Japon)/Small East Asia Coprosperity Restaurant '08 in Nagoya/出演アーティスト■No.05】

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 投稿 修正


小東亜共栄軒'08 名古屋 専用 Index 出演アーティスト13名≫ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65all


★artist-file アーティスト・ファイル便覧へ

artist file No.59 小東亜共栄軒'08 名古屋 出演アーティスト No.05

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。Vasan Sitthiket
ワサン・シティケット

Vasan Sitthiket

(Thailand)


ワサン・シティケット/記録

タイトル:「サッカー・ワールド・カップ -芸術で狂った政府を止めろ-」

◆ワサン・シティケット/記録写真(14枚)≫小東亜共栄軒'08名古屋 (K・D Japon)での行為≫
◆ワサン・シティケット/記録スライドショー(14枚)≫小東亜共栄軒'08名古屋 (K・D Japon)での行為≫
◆ワサン・シティケット/事前紹介文と参考写真≫はこの頁の下のほうに移動しました。≫

◆参考資料:
資料a:小東亜共栄軒'08名古屋/記録≫
資料b:小東亜共栄軒'08名古屋/イベントの概要≫
資料c:小東亜共栄軒'08名古屋/全出演者の簡単な紹介≫
資料d:小東亜共栄軒'08名古屋/出演者 Index ≫
     01 段英梅≫ 02 チョウ・イーティン≫ 03 陳進≫ 04 舒陽≫ 05 ワサン・シティケット≫ 06 ホン・オボン≫
     07 川端希満子≫ 08 田上真知子≫ 09 寺尾晴美≫ 10 荒井真一≫ 11 西島一洋≫ 12 丸山真≫ 13 梅村軍司≫

link1:ワサン・シティケット/小東亜共栄軒'08名古屋 /記録(荒井真一ウェブ)≫
link2:ワサン・シティケット/小東亜共栄軒'08東京 /記録(荒井真一ウェブ)≫
link3:ワサン・シティケット/小東亜共栄軒'08富山 /記録(荒井真一ウェブ)≫
link4:小東亜共栄軒'08東京・名古屋・富山 /記録(荒井真一ウェブ)≫
link5:ワサン・シティケット/yahoo blog artist file ≫


◆この頁のトップへ戻る


◆記録/写真(14枚)/◇撮影:林裕己 Hiromi Hayashi (8枚)/◇撮影:JIGUAI (6枚)

◇以下8枚:撮影/林裕己 Hiromi Hayashi:K・D Japon 2008年5月2日
vasan 01

vasan 02

vasan 03

vasan 04

vasan 05

vasan 06

vasan 07

vasan 08
以上8枚:撮影/林裕己 Hiromi Hayashi

◇以下6枚:撮影/JIGUAI:K・D Japon 2008年5月2日
vasan 01j

vasan 02j

vasan 03j

vasan 04j

vasan 05j

vasan 06j
以上6枚:撮影/JIGUAI

◆この頁のトップへ戻る



●●スライドショーは後日掲載します●●

◆記録/スライドショー(14枚)/◇撮影:林裕己 Hiromi Hayashi (8枚)/◇撮影:JIGUAI (6枚)

width:578px;height:434px
上の画面の左下のスピーカーのマークをクリックすると音が出ます。
Vasan Sitthiket "Football World Cup -Make Art Stop All Idiot Governments-" /photographer: Hiromi Hayashi (8 photos) & JIGUAI (6 photos)

◆この頁のトップへ戻る


ワサン・シティケット/紹介

ワサン・シティケット (タイ) 紹介文と参考写真


1957年生。
画家、反体制フォークシンガーでもある(CDもたくさん出している。
南正人に風貌がそっくりで、実際知り合い)。1998年からの国際パフォーマンスアートフェスティバル「Asiatopia」の実行委員。
またタイ芸術家党評議員(07年認可済政党)。
タイ芸術家党は日本で秋山佑徳太子が都知事選で行ったバイタリティとユーモア、ヨーゼフ・ボイスがドイツで行ったユートピア的コンセプチャリズムをもろとも体現しようとする党だ。タイの反体制活動のTシャツの多くを手がけ、それらが1000枚になったことを記念する展覧会も開かれた。
(文:荒井真一)
写真:"ケータイも、飛行機も要らない"(2005年1月「Performance Site :Myanmar 05 "Borders : withIn withOut"」) 「車がなくても生きていける」と叫ぶ 「飛行機がなくても生きていける」と叫ぶ 「ケータイがなくても生きていける」と叫ぶ ゲリラのごとく目出し帽で登場。腹には野菜ダイナマイト
★写真01★写真02★写真03★写真04

参考1:◆Vasan painting web site ≫
参考2:◆ワサン・シティケット紹介(荒井真一ウェブでの紹介頁へ) ≫
参考3:◆Vasan Sitthiket 「Burning Dream」 track05(3.8MB)mp3 music ♪ ≫
Vasan Sitthiket; lylc,melody,guitar,vocal
Olivia Swan; violin
Veerasak Kulanthrin; mandolin
Tik Chorkancha; bass,solo guitar,percussion
samart Ratanarat; percussion,chorus
Suwait Tiprod; percussion,chorus
Sak Maekrong; sound engineer,mixdown
Recorded at Jaew-Jaow Studio, Thailand


◆ワサン・シティケット 紹介文と参考写真のトップに戻る





小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)記録のメイン頁へ≫
小東亜共栄軒'08名古屋出演者13名一覧へ≫  全出演者の簡単な紹介へ≫  イベントの概要へ≫
No.01 No.02 No.03 No.04 No.05 No.06 No.07 No.08 No.09 No.10 No.11 No.12 No.13
01 段英梅≫  02 チョウ・イーティン≫  03 陳進≫  04 舒陽≫  05 ワサン・シティケット≫  06 ホン・オボン≫
07 川端希満子≫  08 田上真知子≫  09 寺尾晴美≫  10 荒井真一≫  11 西島一洋≫  12 丸山真≫  13 梅村軍司≫



◆artist file > No.59 ワサン・シティケット Vasan Sitthiket      ◆この頁のトップへ戻る


◆artist-file Index のTOPに戻る


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65all




 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★ART-Letter アート・レターの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ φAETTA (1988-) & Art-Letter (2007-) & Nagoya NIPAF (1998-2007) ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のトップ頁に戻る


★詳細頁へ[小東亜共栄軒'08名古屋]


この頁へのコメントはこちらへ




◇artist-file > page | 【2008-05-09(Fri) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments(-)
artist file > No.60 洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong (Korea) 【小東亜共栄軒'08名古屋(5/2-3 K・D Japon)/Small East Asia Coprosperity Restaurant '08 in Nagoya/出演アーティスト■No.06】

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 投稿 修正


小東亜共栄軒'08 名古屋 専用 Index 出演アーティスト13名≫ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65all


★artist-file アーティスト・ファイル便覧へ

artist file No.60 小東亜共栄軒'08 名古屋 出演アーティスト No.06

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。hong o bong
洪五奉 ホン・オボン

Hong O-Bong

(Korea)


ホン・オボン/記録

◆記録/写真(25枚) ≫ 小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)での行為≫
◆記録/スライドショー≫ 小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)での行為≫
◆ホン・オボン/事前紹介文と参考写真はこの頁の下のほうに移動しました。≫

◆参考資料:
資料a:小東亜共栄軒'08名古屋/記録≫
資料b:小東亜共栄軒'08名古屋/イベントの概要≫
資料c:小東亜共栄軒'08名古屋/全出演者の簡単な紹介≫
資料d:小東亜共栄軒'08名古屋/出演者 Index ≫
     01 段英梅≫ 02 チョウ・イーティン≫ 03 陳進≫ 04 舒陽≫ 05 ワサン・シティケット≫ 06 ホン・オボン≫
     07 川端希満子≫ 08 田上真知子≫ 09 寺尾晴美≫ 10 荒井真一≫ 11 西島一洋≫ 12 丸山真≫ 13 梅村軍司≫

link1:ホン・オボン/小東亜共栄軒'08名古屋 /記録(荒井真一ウェブ)≫
link2:ホン・オボン/小東亜共栄軒'08富山 /記録(荒井真一ウェブ)≫
link3:小東亜共栄軒'08東京・名古屋・富山 /記録(荒井真一ウェブ)≫


◆この頁のトップへ戻る


タイトル:「名古屋の鳥」

◆記録/写真(25枚)/◇撮影:林裕己 Hiromi Hayashi (18枚)/◇撮影:JIGUAI (7枚)

◇以下18枚:撮影/林裕己 Hiromi Hayashi:K・D Japon 2008年5月3日
Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01

Hong O Bong photo by hayashi 01
以上18枚:撮影/林裕己 Hiromi Hayashi

◆記録写真以下7枚:撮影/JIGUAI:K・D Japon 2008年5月3日
Hong O Bong photo by JIGUAI 01

Hong O Bong photo by jiguai 02

Hong O Bong photo by jiguai 03

Hong O Bong photo by jiguai 04

Hong O Bong photo by jiguai 05

Hong O Bong photo by jiguai 06

Hong O Bong photo by jiguai 07
以上7枚:撮影/JIGUAI

◆この頁のトップへ戻る


◆記録/スライドショー(25枚)/◇撮影:林裕己 Hiromi Hayashi (18枚)/◇撮影:JIGUAI (7枚)

上の画面の左下のスピーカーのマークをクリックすると音が出ます。
Hong O-Bong "Birds of Nagoya" /photographer: Hiromi Hayashi (18 photos) & JIGUAI (7 photos)


◆この頁のトップへ戻る



ホン・オボン/参考写真

◆事前参考資料:
資料1:ホン・オボン(yahoo blog artist-fileへ) ≫
資料2:ホン・オボン(小東亜共栄軒'08 荒井真一ウェブへ)≫
資料3: Hong O-Bong "The bird" ≫
資料4:8 Open Art Fes. 07年9月北京 ≫
資料5:ホン・オボンの企画 KIPAF(金泉市)、DIPAF(東海市)、SIPAF(ソウル市) ≫

◆以下は参考写真7枚:撮影/荒井真一 Shin-ichi Arai:2007年北京にて
Hong O Bong photo by arai 01

Hong O Bong photo by arai 02

Hong O Bong photo by arai 03

Hong O Bong photo by arai 04

Hong O Bong photo by arai 05

Hong O Bong photo by arai 06

Hong O Bong photo by arai 07
以上7枚参考写真:撮影/荒井真一 arai shin-ishi


◆この頁のトップへ戻る




小東亜共栄軒'08名古屋 (5/2-3 K・D Japon)記録のメイン頁へ≫
小東亜共栄軒'08 名古屋 出演者13名一覧へ≫  全出演者の簡単な紹介へ≫  イベントの概要へ≫
No.01 No.02 No.03 No.04 No.05 No.06 No.07 No.08 No.09 No.10 No.11 No.12 No.13
01 段英梅≫  02 チョウ・イーティン≫  03 陳進≫  04 舒陽≫  05 ワサン・シティケット≫  06 ホン・オボン≫
07 川端希満子≫  08 田上真知子≫  09 寺尾晴美≫  10 荒井真一≫  11 西島一洋≫  12 丸山真≫  13 梅村軍司≫



◆artist file > No.60 ホン・オボン Hong O-Bong /Korea 小東亜共栄軒出演アーティストNo.06    ◆この頁のトップへ戻る


◆artist-file Index のTOPに戻る


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65all






 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のトップ頁に戻る




◇artist-file > page | 【2008-05-08(Thu) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
artist-file > No.61 川端希満子 Mamiko Kawabata (Japan/Tokyo) 【小東亜共栄軒'08名古屋(5/2-3 K・D Japon)/Small East Asia Coprosperity Restaurant '08 in Nagoya/出演アーティスト■No.07】

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 投稿 修正


小東亜共栄軒'08 名古屋 専用 Index 出演アーティスト13名≫ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65all


★artist-file アーティスト・ファイル便覧へ


小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)のメイン頁へ≫
段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫
イベントの概要へ≫  map ≫  全出演者の簡単な紹介はこのページの下のほうへ ≫


小東亜共栄軒'08 名古屋 出演アーティスト紹介 No.06 川端希満子


川端希満子

Mamiko Kawabata


Tokyo Japan
1972年生。1996年よりNIPAFに参加。1999-2001年に彼女の行ったパフォーマンスは、日本を含め、イギリス、アメリカ、中国、タイ、インドネシア等では、今ではもう伝説になっている。「I am not an artist. I am a sex warker.」というコンセプトのもと、かなりの問題作を試みたため。00年「ジャパン・ソサエティ」(米・ニューヨーク)の同パフォーマンスでは、終演後、観客との活発なディスカッションが繰り広げられた。06年以降少しずつ活動を再開。現在も私たちの無意識の中に潜むジェンダーについての作品を手掛けている。
写真:"川端希満子パフォーマンス 2006年春 名古屋大曽根商店街 空き店舗にて 撮影:林裕己"
★写真01★写真02★写真03★写真04★写真05★写真06★写真07★写真08

(文:荒井真一)…川端希満子紹介の続きはこちら≫
川端希満子トップに戻る≫


小東亜共栄軒'08名古屋 (5/2-3 K・D Japon)のメイン頁へ≫
段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫
イベントの概要へ≫  map ≫  全出演者の簡単な紹介はこのページの下のほうへ ≫


◆この頁のトップへ戻る





小東亜共栄軒'08 名古屋


(イベントの概要)

パフォーマンス・アートのイベント

アジアから6名+日本人7名

2008年5月2日(金)3日(土)

pm7:00-9:00

K・D Japon ハポン

◆会場アクセス◆/下の方に記載してあります。



kdjaponpanelx578x427.JPG★artist1/Yingmei Duan★artist2/Chaw Ei Then★artist3/Chen Jin★artist4/Shu Yang★artist5/Vasan Sitthiket★artist6/Mamiko Kawabata★artist7/Machiko Tagami★artist8/Harumi Terao★artist9/Shin-ichi Arai★artist10/Kazuhiro Nishijima★K.D-Japon-map

◆催名:小東亜共栄軒'08 名古屋
◆内容:パフォーマンス・アートのイベント
◆日時:2008年5月2日(金)3日(土)pm7:00-pm9:00
◆会場:KDハポン(K・D Japon)
◆入場料:1500円 (入場時に1ドリンクオーダー代500円が別途必要になります。)

◆出演者:::各アーティストの紹介頁は、下記アーティスト名をクリックしてください。

◇5月2日(金)
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
川端希満子 Mamiko Kawabata
丸山真 Makoto Maruyama
梅村軍司 Gunshi Umemura
西島一洋 Kazuhiro Nishijima

◇5月3日(土)
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
田上真知子 Machiko Tagami
寺尾晴美 Harumi Terao
荒井真一 Shin-ichi Arai

◆問い合わせ先:0568-23-2017(西島一洋):mailはこちら≫
◆名古屋開催企画/西島一洋&寺尾晴美


◆会場アクセス◆
K・D Japon(ケーディ・ハポン)
住所:名古屋市中区千代田5丁目12-7
電話:052-251-0324
・JR鶴舞駅北口より高架沿いに北上(千種方面)徒歩約3分
・同じく地下鉄鶴舞駅2番出口より徒歩約7分

地図:



◆この頁のトップに戻る

◆小東亜共栄軒'08 全国日程
東  京:4月26日(土)-29日(火)/Gallery mestallaおよび美学校
名古屋5月2日(金)-3日(土)K・D Japon (ケーディ・ハポン)KDハポン:5月のイベント詳細頁≫
富  山:5月5日(月)/富山中央通りシャルムビル1F


◆この頁のトップへ戻る


==================================

以下は、出演アーティストの簡単な紹介です。
写真等、詳しくは各アーティストの詳細頁をご覧ください。

各アーティストの詳細頁は下記の写真か名前をクリック。

==================================


------------------------------------------------------------------
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
------------------------------------------------------------------
★段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China 1969年生。数少ない「北京・東村」の女性メンバーの1人。栄栄に東村の作家(馬六明、朱冥など)のポートレイトやパフォーマンスの写真を撮ることをアドバイスした。東村の作家による「名もない山の標高を1m高くする」(1995年)にも参加。1998年ドイツ移住。マリーナ・アブラモビッチにパフォーマンスアートを学ぶ。東村時代の自画像の作品から一貫して、真摯に「自分」を成立させているもの(ジェンダー、社会環境など)のありかた、構造を追求している。自画像を描いた女性は彼女が中国美術史上初めてだったと思われる(革命前、美術にとって(も)女性はオブジェクトであり、革命期・革命後も女性が美術に参加することは文学よりもまれであったから)。
段英梅の詳細頁 へ ≫  段英梅の公式ホームページ ≫  英版wikipedia ≫  arts.tom.com ≫

---------------------------------------------------------------------------
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
---------------------------------------------------------------------------
★チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma1969年生。2001年には友人と自分の作品を超低価格で売る行商パフォーマンスを行い逮捕された。超低価格の場合アウン・サン・スー・チーさんの父親アウン・サン将軍の肖像の入った旧紙幣を使うことになるため(定額紙幣は超インフレのビルマでは現在実質上流通していない)、政治活動とされた。2カ月の拘留の後、別の大規模な反政府活動捜査のために、解放される。2007年に入ってからは、国内事情が悪化しているため帰国できない状態にある。2002年NIPAF参加。
チョウ・イーティンの詳細頁へ ≫
チョウ・イーティンとテイ・リンを紹介する「ニューヨーク・タイムズ」2007年8月13日号 ≫  記事和訳 ≫

----------------------------------------
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
----------------------------------------
★陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China1964年生。男性。2000年に舒陽、朱冥と中国初の国際パフォーマンスアートフェスティバル「OPEN Art Festival」を開催。以後毎年継続、07年には8回目を迎える。01年フィンランド「EXIT」フェスティバル参加。3mの高さから中国の現主席のポートレイトに小便をかけ、その後そこから飛び降りるというセンセーショナルな作品を発表。02年NIPAF(Nippon International Performance Art Festival )参加。07年カッセル「ドクメンタ」のアイ・ウェイウェイ作品に参加。07年北京798アートスペースで非商業的アートスペース「OPEN REALIZATION CONTEMPORARY ART CENTER」を始める。
陳進の詳細頁 へ ≫  OPEN Art Festival ≫

------------------------------------------
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
------------------------------------------
★舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China1969年生。画家、評論家、編集者、役者でもある。2000年の「OPEN Art Festival」では、オーガナイザーとして逮捕される。中国初の現代美術雑誌「新潮」(2000-01年)副編集長。01年以降黄鋭(ファンルイ)を助けて北京798アートスペース*の立ち上げにかかわる。02年NIPAF参加。役者としては、03年東京の「ハイナー・ミュラー」フェスティバルに「紙老虎(Paper Tiger Studio)」グループの一員として来日。03年以降「DaDao Festival」を毎年開催。中国のアンダーグラウンドのパフォーマンス、およびドキュメント(写真)を積極的にヨーロッパに紹介している。06年国際交流基金「美麗新世界:当代日本視覚文化」中国側コーディネーター。
舒陽の詳細頁へ ≫  DaDao Festival ≫  北京798アートスペース ≫  英版wikipedia ≫

------------------------------------------------------
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
------------------------------------------------------
★ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand1957年生。画家、反体制フォークシンガーでもある(CDもたくさん出している。南正人に風貌がそっくりで、実際知り合い)。1998年からの国際パフォーマンスアートフェスティバル「Asiatopia」の実行委員。またタイ芸術家党評議員(07年認可済政党)。タイ芸術家党は日本で秋山佑徳太子が都知事選で行ったバイタリティとユーモア、ヨーゼフ・ボイスがドイツで行ったユートピア的コンセプチャリズムをもろとも体現しようとする党だ。タイの反体制活動のTシャツの多くを手がけ、それらが1000枚になったことを記念する展覧会も開かれた。
ワサン・シティケットの詳細頁へ ≫  Asiatopia ≫  Vasan painting ≫
Vasan Sitthiket 「Burning Dream」 track05(3.8MB) mp3 music ♪ ≫

-------------------------------------------------
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
-------------------------------------------------
★ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea"The bird" ≫ (8 Open Art Fes. 07年9月北京≫
韓国のアーティストホン・オボン(洪五奉)氏の企画/
KIPAF(金泉市)
DIPAF(東海市)
SIPAF(ソウル市) ≫

ホン・オボンの詳細頁へ ≫

----------------------------------
川端希満子 Mamiko Kawabata
----------------------------------
★川端希満子 Mamiko Kawabata1972年生。1996年よりNIPAFに参加。1999-2001年に彼女の行ったパフォーマンスは、日本を含め、イギリス、アメリカ、中国、タイ、インドネシア等では、今ではもう伝説になっている。「I am not an artist. I am a sex warker.」というコンセプトのもと、かなりの問題作を試みたため。00年「ジャパン・ソサエティ」(米・ニューヨーク)の同パフォーマンスでは、終演後、観客との活発なディスカッションが繰り広げられた。06年以降少しずつ活動を再開。現在も私たちの無意識の中に潜むジェンダーについての作品を手掛けている。
川端希満子の詳細頁へ ≫

---------------------------------
田上真知子 Machiko Tagami
---------------------------------
★田上真知子 Machiko Tagami1971年生。オノヨーコの本を読んで、パフォーマンスアートの表現力に魅了され、渡米。2001-06年は、東京の大塚にてフリーアートスペース、アウトラウンジの企画、運営を手掛けた。07年都電を借り切った「ゼロ次元以後のアクションアート」では加藤好弘から、20代の作家まで9人のパフォーマンスを2日間にわたって紹介した。自身の作品は「いかに風景を意識化していくか」をテーマに「サバサバとした運動体でいること」と名付けてドイツ・中国・東京等で発表。
田上真知子の詳細頁へ ≫  ゼロ次元以後のアクションアート ≫

-----------------------------
丸山真 Makoto Maruyama
-----------------------------
★丸山真 Makoto Maruyama■1975年長野生。
踊り。
身体をつかう。
■参考資料:
資料1:◇記録◇ NIPAF'07夏:名古屋公演:七ツ寺共同スタジオ ≫
資料2:◇記録◇ NIPAF'07春:名古屋公演:日本陶磁器センター4Fホール ≫
丸山真の詳細頁へ ≫

-------------------------------
梅村軍司 Gunshi Umemura
-------------------------------
★梅村軍司 Gunshi Umemura1977年生。
名古屋生まれの名古屋育ち。名古屋造形大で染織を学ぶ。刺繍アート、料理人、フリスビー…。印象に残るパフォーマンスは、七福邸で巨大鏡餅を焼き、熱い餅を背負い、我慢できなくなったら邸から飛び出て、近くのどぶ川で体を冷やし、再び戻り何度もその行為を繰り返すというもの。一見突飛な行為のようだが、その行為はたんたんとして、静かな祈りの行為のように見える。
梅村軍司の詳細頁へ ≫

---------------------------
寺尾晴美 Harumi Terao
---------------------------
★寺尾晴美 Harumi Terao1969年生。金沢美術工芸大学卒。1994年から東京、名古屋などで絵画による個展。パフォーマンスは、1999年に名古屋港の倉庫跡で開催された日本国際パフォーマンスアート・フェスティバルのスタッフとして参加し、その後2000年より開始する。国内のほか、カナダ、韓国、中国、ミャンマー、フィリピンなどでも活動。なお、寺尾のパフォーマンス開始は99年からだが、金沢美大在学中に、同学の学友で近年「時をかける少女」で一躍有名になった細田守監督が学生時代に作った実験映画にも主演女優として出演しており、もともとパフォーマンスへの十分な素地はあったと考えられる。
寺尾晴美の詳細頁へ ≫

--------------------------
荒井真一 Shin-ichi Arai
--------------------------
★荒井真一 Shin-ichi Arai1959年生。1982年美学校で吉田克朗から銅版画を学ぶかたわら、サエグサユキオ、久住卓也、ホシノマサハル、赤木能里子と「赤木電気」を結成、即興パンクおよびパフォーマンスを始める。1983年「天国注射の昼」にて「日比谷野音、赤ペンキぶちまかし事件-川俣軍司に捧ぐ」。その後「大昭和発電」(w/桑原正彦、久住)、「現場の力」(w/サエグサ)、「福福物語」(w/鈴木健雄、谷川まり、サエグサ)に参加。1999年より「Happy Japan!」などソロで活動。06年東アジア(フィリピン、中国、タイ、インドネシア、香港)の5作家を招き「大東亜共栄軒」を企画。日本での公演はその作品の性格上、非常にまれ。
荒井真一の詳細頁へ ≫  荒井真一ウェブ ≫  Happy Japan! ≫  大東亜共栄軒 ≫

---------------------------------
西島一洋 Kazuhiro Nishijima
---------------------------------
★西島一洋 Kazuhiro Nishijimaポツダム宣言から7年後、生まれる。その時の家業は録音業、レコード盤を作る器械があった。家業はかんばしくなく、5才の頃から祖母が細々と営んでいたうどん屋の2階の四畳半に親子5人。父は、色々事業を起こすがことごとく失敗で借金の山。うどん屋も手伝ったが、家計の足しにはならぬ、小6より、酒屋、プレス工、木工、染色工、牛乳配達。16才の時から絵かきとなるが、収入は無い。その後、掃除夫、ちり紙交換、キャバレーボーイ、劇場大道具、デパート店員、印刷ブローカー、版下デザイン、看板制作、洗濯夫、モデル、似顔絵、喫茶店、生花市場、などをてんてんとしながら、29才専業絵かきとなり現在に至る。また、1970年代よりハプニングやパフォーマンスに隣接する名称不能行為を断続的におこなう。1988年には「体現」と名付け体現集団φアエッタを創始、個人または集団で活動を続けている。「体現」は開かれた表現の領域としてのパフォーマンスアートとは一線を画しており、むしろ表現という幻想の抑圧から逃れる旅を続けているといった方が適切かもしれない。
西島一洋の詳細頁へ ≫

=================

では、ぜひお越しください。

=================



◆アーティスト紹介 06 川端希満子  小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)     ◆この頁のトップへ戻る



段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫
イベントの概要のトップへ戻る≫  map ≫  全出演者の簡単な紹介のトップへ戻る ≫




 ★このブログのトップ頁へ ★[ART-NEWS]最新頁へ ★ART-Letter アート・レターの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ φAETTA (1988-) & Art-Letter (2007-) & Nagoya NIPAF (1998-2007) ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る


◆このイベントの概要の最新頁は、[ART-NEWS]をクリックしてください。


★[ART-NEWS]の最新頁へ
★詳細頁へ[小東亜共栄軒'08名古屋]


この頁へのコメントはこちらへ≫




◇artist-file > page | 【2008-05-07(Wed) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments(-)
artist-file > No.62 田上真知子 Machiko Tagami (Japan/Tokyo) 【小東亜共栄軒'08名古屋(5/2-3 K・D Japon)/Small East Asia Coprosperity Restaurant '08 in Nagoya/出演アーティスト■No.08】

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 投稿 修正


小東亜共栄軒'08 名古屋 専用 Index 出演アーティスト13名≫ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65all


★artist-file アーティスト・ファイル便覧へ


小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)のメイン頁へ≫
段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫
イベントの概要へ≫  map ≫  全出演者の簡単な紹介はこのページの下のほうへ ≫


小東亜共栄軒'08 名古屋 出演アーティスト紹介 No.07 田上真知子


田上真知子

Machiko Tagami


Tokyo Japan
1971年生。オノヨーコの本を読んで、パフォーマンスアートの表現力に魅了され、渡米。2001-06年は、東京の大塚にてフリーアートスペース、アウトラウンジの企画、運営を手掛けた。07年都電を借り切った「ゼロ次元以後のアクションアート」では加藤好弘から、20代の作家まで9人のパフォーマンスを2日間にわたって紹介した。自身の作品は「いかに風景を意識化していくか」をテーマに「サバサバとした運動体でいること」と名付けてドイツ・中国・東京等で発表。(文:荒井真一)
写真:"With Swimming"(2007年9月「第8回Open Art Festival」)
★写真01★写真02★写真03★写真04★写真05★写真06


参考1:[ゼロ次元以後のアクションアート]
参考2:「田上真知子」 紹介頁 (荒井真一版ウェブ版へ) ≫
田上真知子トップに戻る ≫


小東亜共栄軒'08名古屋 (5/2-3 K・D Japon)のメイン頁へ≫
段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫
イベントの概要へ≫  map ≫  全出演者の簡単な紹介はこのページの下のほうへ ≫


◆この頁のトップへ戻る





小東亜共栄軒'08 名古屋


(イベントの概要)

パフォーマンス・アートのイベント

アジアから6名+日本人7名

2008年5月2日(金)3日(土)

pm7:00-9:00

K・D Japon ハポン

◆会場アクセス◆/下の方に記載してあります。



kdjaponpanelx578x427.JPG★artist1/Yingmei Duan★artist2/Chaw Ei Then★artist3/Chen Jin★artist4/Shu Yang★artist5/Vasan Sitthiket★artist6/Mamiko Kawabata★artist7/Machiko Tagami★artist8/Harumi Terao★artist9/Shin-ichi Arai★artist10/Kazuhiro Nishijima★K.D-Japon-map

◆催名:小東亜共栄軒'08 名古屋
◆内容:パフォーマンス・アートのイベント
◆日時:2008年5月2日(金)3日(土)pm7:00-pm9:00
◆会場:KDハポン(K・D Japon)
◆入場料:1500円 (入場時に1ドリンクオーダー代500円が別途必要になります。)

◆出演者:::各アーティストの紹介頁は、下記アーティスト名をクリックしてください。

◇5月2日(金)
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
川端希満子 Mamiko Kawabata
丸山真 Makoto Maruyama
梅村軍司 Gunshi Umemura
西島一洋 Kazuhiro Nishijima

◇5月3日(土)
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
田上真知子 Machiko Tagami
寺尾晴美 Harumi Terao
荒井真一 Shin-ichi Arai

◆問い合わせ先:0568-23-2017(西島一洋):mailはこちら≫
◆名古屋開催企画/西島一洋&寺尾晴美


◆会場アクセス◆
K・D Japon(ケーディ・ハポン)
住所:名古屋市中区千代田5丁目12-7
電話:052-251-0324
・JR鶴舞駅北口より高架沿いに北上(千種方面)徒歩約3分
・同じく地下鉄鶴舞駅2番出口より徒歩約7分

地図:



◆この頁のトップに戻る

◆小東亜共栄軒'08 全国日程
東  京:4月26日(土)-29日(火)/Gallery mestallaおよび美学校
名古屋5月2日(金)-3日(土)K・D Japon (ケーディ・ハポン)KDハポン:5月のイベント詳細頁≫
富  山:5月5日(月)/富山中央通りシャルムビル1F


◆この頁のトップへ戻る


==================================

以下は、出演アーティストの簡単な紹介です。
写真等、詳しくは各アーティストの詳細頁をご覧ください。

各アーティストの詳細頁は下記の写真か名前をクリック。

==================================


------------------------------------------------------------------
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
------------------------------------------------------------------
★段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China 1969年生。数少ない「北京・東村」の女性メンバーの1人。栄栄に東村の作家(馬六明、朱冥など)のポートレイトやパフォーマンスの写真を撮ることをアドバイスした。東村の作家による「名もない山の標高を1m高くする」(1995年)にも参加。1998年ドイツ移住。マリーナ・アブラモビッチにパフォーマンスアートを学ぶ。東村時代の自画像の作品から一貫して、真摯に「自分」を成立させているもの(ジェンダー、社会環境など)のありかた、構造を追求している。自画像を描いた女性は彼女が中国美術史上初めてだったと思われる(革命前、美術にとって(も)女性はオブジェクトであり、革命期・革命後も女性が美術に参加することは文学よりもまれであったから)。
段英梅の詳細頁 へ ≫  段英梅の公式ホームページ ≫  英版wikipedia ≫  arts.tom.com ≫

---------------------------------------------------------------------------
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
---------------------------------------------------------------------------
★チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma1969年生。2001年には友人と自分の作品を超低価格で売る行商パフォーマンスを行い逮捕された。超低価格の場合アウン・サン・スー・チーさんの父親アウン・サン将軍の肖像の入った旧紙幣を使うことになるため(定額紙幣は超インフレのビルマでは現在実質上流通していない)、政治活動とされた。2カ月の拘留の後、別の大規模な反政府活動捜査のために、解放される。2007年に入ってからは、国内事情が悪化しているため帰国できない状態にある。2002年NIPAF参加。
チョウ・イーティンの詳細頁へ ≫
チョウ・イーティンとテイ・リンを紹介する「ニューヨーク・タイムズ」2007年8月13日号 ≫  記事和訳 ≫

----------------------------------------
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
----------------------------------------
★陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China1964年生。男性。2000年に舒陽、朱冥と中国初の国際パフォーマンスアートフェスティバル「OPEN Art Festival」を開催。以後毎年継続、07年には8回目を迎える。01年フィンランド「EXIT」フェスティバル参加。3mの高さから中国の現主席のポートレイトに小便をかけ、その後そこから飛び降りるというセンセーショナルな作品を発表。02年NIPAF(Nippon International Performance Art Festival )参加。07年カッセル「ドクメンタ」のアイ・ウェイウェイ作品に参加。07年北京798アートスペースで非商業的アートスペース「OPEN REALIZATION CONTEMPORARY ART CENTER」を始める。
陳進の詳細頁 へ ≫  OPEN Art Festival ≫

------------------------------------------
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
------------------------------------------
★舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China1969年生。画家、評論家、編集者、役者でもある。2000年の「OPEN Art Festival」では、オーガナイザーとして逮捕される。中国初の現代美術雑誌「新潮」(2000-01年)副編集長。01年以降黄鋭(ファンルイ)を助けて北京798アートスペース*の立ち上げにかかわる。02年NIPAF参加。役者としては、03年東京の「ハイナー・ミュラー」フェスティバルに「紙老虎(Paper Tiger Studio)」グループの一員として来日。03年以降「DaDao Festival」を毎年開催。中国のアンダーグラウンドのパフォーマンス、およびドキュメント(写真)を積極的にヨーロッパに紹介している。06年国際交流基金「美麗新世界:当代日本視覚文化」中国側コーディネーター。
舒陽の詳細頁へ ≫  DaDao Festival ≫  北京798アートスペース ≫  英版wikipedia ≫

------------------------------------------------------
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
------------------------------------------------------
★ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand1957年生。画家、反体制フォークシンガーでもある(CDもたくさん出している。南正人に風貌がそっくりで、実際知り合い)。1998年からの国際パフォーマンスアートフェスティバル「Asiatopia」の実行委員。またタイ芸術家党評議員(07年認可済政党)。タイ芸術家党は日本で秋山佑徳太子が都知事選で行ったバイタリティとユーモア、ヨーゼフ・ボイスがドイツで行ったユートピア的コンセプチャリズムをもろとも体現しようとする党だ。タイの反体制活動のTシャツの多くを手がけ、それらが1000枚になったことを記念する展覧会も開かれた。
ワサン・シティケットの詳細頁へ ≫  Asiatopia ≫  Vasan painting ≫
Vasan Sitthiket 「Burning Dream」 track05(3.8MB) mp3 music ♪ ≫

-------------------------------------------------
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
-------------------------------------------------
★ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea"The bird" ≫ (8 Open Art Fes. 07年9月北京≫
韓国のアーティストホン・オボン(洪五奉)氏の企画/
KIPAF(金泉市)
DIPAF(東海市)
SIPAF(ソウル市) ≫

ホン・オボンの詳細頁へ ≫

----------------------------------
川端希満子 Mamiko Kawabata
----------------------------------
★川端希満子 Mamiko Kawabata1972年生。1996年よりNIPAFに参加。1999-2001年に彼女の行ったパフォーマンスは、日本を含め、イギリス、アメリカ、中国、タイ、インドネシア等では、今ではもう伝説になっている。「I am not an artist. I am a sex warker.」というコンセプトのもと、かなりの問題作を試みたため。00年「ジャパン・ソサエティ」(米・ニューヨーク)の同パフォーマンスでは、終演後、観客との活発なディスカッションが繰り広げられた。06年以降少しずつ活動を再開。現在も私たちの無意識の中に潜むジェンダーについての作品を手掛けている。
川端希満子の詳細頁へ ≫

---------------------------------
田上真知子 Machiko Tagami
---------------------------------
★田上真知子 Machiko Tagami1971年生。オノヨーコの本を読んで、パフォーマンスアートの表現力に魅了され、渡米。2001-06年は、東京の大塚にてフリーアートスペース、アウトラウンジの企画、運営を手掛けた。07年都電を借り切った「ゼロ次元以後のアクションアート」では加藤好弘から、20代の作家まで9人のパフォーマンスを2日間にわたって紹介した。自身の作品は「いかに風景を意識化していくか」をテーマに「サバサバとした運動体でいること」と名付けてドイツ・中国・東京等で発表。
田上真知子の詳細頁へ ≫  ゼロ次元以後のアクションアート ≫

-----------------------------
丸山真 Makoto Maruyama
-----------------------------
★丸山真 Makoto Maruyama■1975年長野生。
踊り。
身体をつかう。
■参考資料:
資料1:◇記録◇ NIPAF'07夏:名古屋公演:七ツ寺共同スタジオ ≫
資料2:◇記録◇ NIPAF'07春:名古屋公演:日本陶磁器センター4Fホール ≫
丸山真の詳細頁へ ≫

-------------------------------
梅村軍司 Gunshi Umemura
-------------------------------
★梅村軍司 Gunshi Umemura1977年生。
名古屋生まれの名古屋育ち。名古屋造形大で染織を学ぶ。刺繍アート、料理人、フリスビー…。印象に残るパフォーマンスは、七福邸で巨大鏡餅を焼き、熱い餅を背負い、我慢できなくなったら邸から飛び出て、近くのどぶ川で体を冷やし、再び戻り何度もその行為を繰り返すというもの。一見突飛な行為のようだが、その行為はたんたんとして、静かな祈りの行為のように見える。
梅村軍司の詳細頁へ ≫

---------------------------
寺尾晴美 Harumi Terao
---------------------------
★寺尾晴美 Harumi Terao1969年生。金沢美術工芸大学卒。1994年から東京、名古屋などで絵画による個展。パフォーマンスは、1999年に名古屋港の倉庫跡で開催された日本国際パフォーマンスアート・フェスティバルのスタッフとして参加し、その後2000年より開始する。国内のほか、カナダ、韓国、中国、ミャンマー、フィリピンなどでも活動。なお、寺尾のパフォーマンス開始は99年からだが、金沢美大在学中に、同学の学友で近年「時をかける少女」で一躍有名になった細田守監督が学生時代に作った実験映画にも主演女優として出演しており、もともとパフォーマンスへの十分な素地はあったと考えられる。
寺尾晴美の詳細頁へ ≫

--------------------------
荒井真一 Shin-ichi Arai
--------------------------
★荒井真一 Shin-ichi Arai1959年生。1982年美学校で吉田克朗から銅版画を学ぶかたわら、サエグサユキオ、久住卓也、ホシノマサハル、赤木能里子と「赤木電気」を結成、即興パンクおよびパフォーマンスを始める。1983年「天国注射の昼」にて「日比谷野音、赤ペンキぶちまかし事件-川俣軍司に捧ぐ」。その後「大昭和発電」(w/桑原正彦、久住)、「現場の力」(w/サエグサ)、「福福物語」(w/鈴木健雄、谷川まり、サエグサ)に参加。1999年より「Happy Japan!」などソロで活動。06年東アジア(フィリピン、中国、タイ、インドネシア、香港)の5作家を招き「大東亜共栄軒」を企画。日本での公演はその作品の性格上、非常にまれ。
荒井真一の詳細頁へ ≫  荒井真一ウェブ ≫  Happy Japan! ≫  大東亜共栄軒 ≫

---------------------------------
西島一洋 Kazuhiro Nishijima
---------------------------------
★西島一洋 Kazuhiro Nishijimaポツダム宣言から7年後、生まれる。その時の家業は録音業、レコード盤を作る器械があった。家業はかんばしくなく、5才の頃から祖母が細々と営んでいたうどん屋の2階の四畳半に親子5人。父は、色々事業を起こすがことごとく失敗で借金の山。うどん屋も手伝ったが、家計の足しにはならぬ、小6より、酒屋、プレス工、木工、染色工、牛乳配達。16才の時から絵かきとなるが、収入は無い。その後、掃除夫、ちり紙交換、キャバレーボーイ、劇場大道具、デパート店員、印刷ブローカー、版下デザイン、看板制作、洗濯夫、モデル、似顔絵、喫茶店、生花市場、などをてんてんとしながら、29才専業絵かきとなり現在に至る。また、1970年代よりハプニングやパフォーマンスに隣接する名称不能行為を断続的におこなう。1988年には「体現」と名付け体現集団φアエッタを創始、個人または集団で活動を続けている。「体現」は開かれた表現の領域としてのパフォーマンスアートとは一線を画しており、むしろ表現という幻想の抑圧から逃れる旅を続けているといった方が適切かもしれない。
西島一洋の詳細頁へ ≫



◆出演アーティスト紹介 07 田上真知子  小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)     ◆この頁のトップへ戻る



段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫
イベントの概要のトップへ戻る≫  map ≫  全出演者の簡単な紹介のトップへ戻る ≫




 ★このブログのトップ頁へ ★[ART-NEWS]最新頁へ ★ART-Letter アート・レターの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ φAETTA (1988-) & Art-Letter (2007-) & Nagoya NIPAF (1998-2007) ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る


★詳細頁へ[小東亜共栄軒'08名古屋]




◇artist-file > page | 【2008-05-06(Tue) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
寺尾晴美 Harumi Terao (Japan/Aichi) / artist-file page05

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 投稿 修正


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65


★artist-file アーティスト・ファイル便覧へ page05

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。<br />120x120写真 Harumi Terao
寺尾晴美

Harumi Terao

(Japan/Kasugai)



■ 寺尾晴美 Harumi Terao (Japan/Aichi 愛知在住)
■1969年愛知生。金沢美術工芸大学卒。1994年から東京、名古屋などで絵画による個展。パフォーマンスは、1999年に名古屋港の倉庫跡で開催された日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバルのスタッフとして参加し、その後2000年より開始する。国内のほか、カナダ、韓国、中国、ミャンマー、フィリピンなどでも活動。なお、寺尾のパフォーマンス開始は2000年からだが、金沢美大在学中に、同学の学友で近年「時をかける少女」で一躍有名になった細田守監督が学生時代に作った実験映画にも主演女優として出演しており、もともとパフォーマンスへの十分な素地はあったと考えられる。
■コンセプト:うずまき。ぐるぐる。
■写真:寺尾晴美写真vol.1:12枚▼ 寺尾晴美写真vol.2:1枚▼
■参考資料:
資料1:ギャラリーIDF [ テラオハルミ Harumi TERAO ]
資料2:記録/NIPAF'07夏:名古屋公演
資料3:NIPAF'07名古屋公演出演アーティスト、全22名
資料4:小東亜共栄軒'08名古屋記録≫
資料5:小東亜共栄軒'08 名古屋 出演者13名一覧 ≫
資料6:寺尾晴美紹介(小東亜共栄軒'08 荒井真一ウェブ)≫


artist file No.05 寺尾晴美の頁Topに戻る


◆写真vol.1:12枚
■写真:2007年7月27日(金)/NIPAF'07夏 名古屋公演初日:七ツ寺共同スタジオにて/撮影:林裕己
★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。<br />Harumi Terao 1.jpg

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。<br />Harumi Terao 2.jpg

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。<br />Harumi Terao 3.jpg

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。<br />Harumi Terao 4.jpg

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。<br />Harumi Terao 5.jpg

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。<br />Harumi Terao 6.jpg

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。<br />Harumi Terao 7.jpg

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。<br />Harumi Terao 8.jpg

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。<br />Harumi Terao 9.jpg

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。Harumi Terao 10.jpg

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。<br />Harumi Terao 11.jpg

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。<br />Harumi Terao 12.jpg


以上、七ツ寺共同スタジオにて/撮影:林裕己 Hiromi Hayashi
Japan(Nippon) International Performance Art Festival in Nagoya
The 12th NIPAF Asian Performance Art Series '07 ; Asia Meets Hawai and Central Europe

artist file No.05 寺尾晴美の頁Topに戻る


artist file No.05 寺尾晴美の頁Topに戻る


◆写真vol.2:1枚
以下、寺尾晴美の参考写真
★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。<br />05 寺尾晴美 377x564
撮影:林裕己 Hiromi Hayashi

artist file No.05 寺尾晴美 Harumi Terao          ◆この頁のトップに戻る


artist file のTOP(全アーティスト一覧目次)に戻る


小東亜共栄軒'08名古屋 (5/2-3 K・D Japon)記録のメイン頁へ≫
小東亜共栄軒'08 名古屋 出演者13名一覧へ≫  全出演者の簡単な紹介へ≫  イベントの概要へ≫
No.01 No.02 No.03 No.04 No.05 No.06 No.07 No.08 No.09 No.10 No.11 No.12 No.13
01 段英梅≫  02 チョウ・イーティン≫  03 陳進≫  04 舒陽≫  05 ワサン・シティケット≫  06 ホン・オボン≫
07 川端希満子≫  08 田上真知子≫  09 寺尾晴美≫  10 荒井真一≫  11 西島一洋≫  12 丸山真≫  13 梅村軍司≫


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65



 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る


★詳細頁へ[小東亜共栄軒'08名古屋]


この頁へのコメントはこちらへ




◇artist-file > page | 【2008-05-05(Mon) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments(-)
artist-file > No.63 荒井真一 Shin-ichi Arai (Japan/Tokyo) 【小東亜共栄軒'08名古屋(5/2-3 K・D Japon)/Small East Asia Coprosperity Restaurant '08 in Nagoya/出演アーティスト■No.10】

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 投稿 修正


小東亜共栄軒'08 名古屋 専用 Index 出演アーティスト13名≫ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65all


★artist-file アーティスト・ファイル便覧へ


小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)のメイン頁へ≫
段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫
イベントの概要へ≫  map ≫  全出演者の簡単な紹介はこのページの下のほうへ ≫


小東亜共栄軒'08 名古屋 出演アーティスト No.09 荒井真一


荒井真一 Shin-ichi Arai

Tokyo Japan
1959年生。
1982年美学校で吉田克朗から銅版画を学ぶかたわら、サエグサユキオ、久住卓也、ホシノマサハル、赤木能里子と「赤木電気」を結成、即興パンクおよびパフォーマンスを始める。1983年「天国注射の昼」にて「日比谷野音、赤ペンキぶちまかし事件-川俣軍司に捧ぐ」。その後「大昭和発電」(w/桑原正彦、久住)、「現場の力」(w/サエグサ)、「福福物語」(w/鈴木健雄、谷川まり、サエグサ)に参加。1999年より「Happy Japan!」などソロで活動。06年東アジア(フィリピン、中国、タイ、インドネシア、香港)の5作家を招き「大東亜共栄軒」を企画。日本での公演はその作品の性格上、非常にまれ。
(文:荒井真一本人)


万歳! 日本 舒陽に Shin-ichi Arai

◆記録:名古屋2008年5月3日(土)K・D Japonにて
◆写真:撮影/JIGUAI
※追ってここに記録写真を掲載します。

◆以下は、参考資料
写真:"荒井真一パフォーマンス/ドイツにて"

★写真01★写真02★写真03★写真04★写真05★写真06


参考1:◆荒井真一 [Happy Japan!] ≫
参考2:◆[大東亜共栄軒] ≫
参考3:◆[グロバリ万歳!丁玲のために] (荒井真一本人のウェブ版) ≫
荒井真一のトップに戻る≫


小東亜共栄軒'08名古屋 (5/2-3 K・D Japon)のメイン頁へ≫
段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫
イベントの概要へ≫  map ≫  全出演者の簡単な紹介はこのページの下のほうへ ≫


◆この頁のトップへ戻る





小東亜共栄軒'08 名古屋


(イベントの概要)

パフォーマンス・アートのイベント

アジアから6名+日本人7名

2008年5月2日(金)3日(土)

pm7:00-9:00

K・D Japon ハポン

◆会場アクセス◆/下の方に記載してあります。



kdjaponpanelx578x427.JPG★artist1/Yingmei Duan★artist2/Chaw Ei Then★artist3/Chen Jin★artist4/Shu Yang★artist5/Vasan Sitthiket★artist6/Mamiko Kawabata★artist7/Machiko Tagami★artist8/Harumi Terao★artist9/Shin-ichi Arai★artist10/Kazuhiro Nishijima★K.D-Japon-map

◆催名:小東亜共栄軒'08 名古屋
◆内容:パフォーマンス・アートのイベント
◆日時:2008年5月2日(金)3日(土)pm7:00-pm9:00
◆会場:KDハポン(K・D Japon)
◆入場料:1500円 (入場時に1ドリンクオーダー代500円が別途必要になります。)

◆出演者:::各アーティストの紹介頁は、下記アーティスト名をクリックしてください。

◇5月2日(金)
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
川端希満子 Mamiko Kawabata
丸山真 Makoto Maruyama
梅村軍司 Gunshi Umemura
西島一洋 Kazuhiro Nishijima

◇5月3日(土)
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
田上真知子 Machiko Tagami
寺尾晴美 Harumi Terao
荒井真一 Shin-ichi Arai

◆問い合わせ先:0568-23-2017(西島一洋):mailはこちら≫
◆名古屋開催企画/西島一洋&寺尾晴美


◆会場アクセス◆
K・D Japon(ケーディ・ハポン)
住所:名古屋市中区千代田5丁目12-7
電話:052-251-0324
・JR鶴舞駅北口より高架沿いに北上(千種方面)徒歩約3分
・同じく地下鉄鶴舞駅2番出口より徒歩約7分

地図:



◆この頁のトップに戻る

◆小東亜共栄軒'08 全国日程
東  京:4月26日(土)-29日(火)/Gallery mestallaおよび美学校
名古屋5月2日(金)-3日(土)K・D Japon (ケーディ・ハポン)KDハポン:5月のイベント詳細頁≫
富  山:5月5日(月)/富山中央通りシャルムビル1F


◆この頁のトップへ戻る


==================================

以下は、出演アーティストの簡単な紹介です。
写真等、詳しくは各アーティストの詳細頁をご覧ください。

各アーティストの詳細頁は下記の写真か名前をクリック。

==================================


------------------------------------------------------------------
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
------------------------------------------------------------------
★段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China 1969年生。数少ない「北京・東村」の女性メンバーの1人。栄栄に東村の作家(馬六明、朱冥など)のポートレイトやパフォーマンスの写真を撮ることをアドバイスした。東村の作家による「名もない山の標高を1m高くする」(1995年)にも参加。1998年ドイツ移住。マリーナ・アブラモビッチにパフォーマンスアートを学ぶ。東村時代の自画像の作品から一貫して、真摯に「自分」を成立させているもの(ジェンダー、社会環境など)のありかた、構造を追求している。自画像を描いた女性は彼女が中国美術史上初めてだったと思われる(革命前、美術にとって(も)女性はオブジェクトであり、革命期・革命後も女性が美術に参加することは文学よりもまれであったから)。
段英梅の詳細頁 へ ≫  段英梅の公式ホームページ ≫  英版wikipedia ≫  arts.tom.com ≫

---------------------------------------------------------------------------
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
---------------------------------------------------------------------------
★チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma1969年生。2001年には友人と自分の作品を超低価格で売る行商パフォーマンスを行い逮捕された。超低価格の場合アウン・サン・スー・チーさんの父親アウン・サン将軍の肖像の入った旧紙幣を使うことになるため(定額紙幣は超インフレのビルマでは現在実質上流通していない)、政治活動とされた。2カ月の拘留の後、別の大規模な反政府活動捜査のために、解放される。2007年に入ってからは、国内事情が悪化しているため帰国できない状態にある。2002年NIPAF参加。
チョウ・イーティンの詳細頁へ ≫
チョウ・イーティンとテイ・リンを紹介する「ニューヨーク・タイムズ」2007年8月13日号 ≫  記事和訳 ≫

----------------------------------------
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
----------------------------------------
★陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China1964年生。男性。2000年に舒陽、朱冥と中国初の国際パフォーマンスアートフェスティバル「OPEN Art Festival」を開催。以後毎年継続、07年には8回目を迎える。01年フィンランド「EXIT」フェスティバル参加。3mの高さから中国の現主席のポートレイトに小便をかけ、その後そこから飛び降りるというセンセーショナルな作品を発表。02年NIPAF(Nippon International Performance Art Festival )参加。07年カッセル「ドクメンタ」のアイ・ウェイウェイ作品に参加。07年北京798アートスペースで非商業的アートスペース「OPEN REALIZATION CONTEMPORARY ART CENTER」を始める。
陳進の詳細頁 へ ≫  OPEN Art Festival ≫

------------------------------------------
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
------------------------------------------
★舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China1969年生。画家、評論家、編集者、役者でもある。2000年の「OPEN Art Festival」では、オーガナイザーとして逮捕される。中国初の現代美術雑誌「新潮」(2000-01年)副編集長。01年以降黄鋭(ファンルイ)を助けて北京798アートスペース*の立ち上げにかかわる。02年NIPAF参加。役者としては、03年東京の「ハイナー・ミュラー」フェスティバルに「紙老虎(Paper Tiger Studio)」グループの一員として来日。03年以降「DaDao Festival」を毎年開催。中国のアンダーグラウンドのパフォーマンス、およびドキュメント(写真)を積極的にヨーロッパに紹介している。06年国際交流基金「美麗新世界:当代日本視覚文化」中国側コーディネーター。
舒陽の詳細頁へ ≫  DaDao Festival ≫  北京798アートスペース ≫  英版wikipedia ≫

------------------------------------------------------
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
------------------------------------------------------
★ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand1957年生。画家、反体制フォークシンガーでもある(CDもたくさん出している。南正人に風貌がそっくりで、実際知り合い)。1998年からの国際パフォーマンスアートフェスティバル「Asiatopia」の実行委員。またタイ芸術家党評議員(07年認可済政党)。タイ芸術家党は日本で秋山佑徳太子が都知事選で行ったバイタリティとユーモア、ヨーゼフ・ボイスがドイツで行ったユートピア的コンセプチャリズムをもろとも体現しようとする党だ。タイの反体制活動のTシャツの多くを手がけ、それらが1000枚になったことを記念する展覧会も開かれた。
ワサン・シティケットの詳細頁へ ≫  Asiatopia ≫  Vasan painting ≫
Vasan Sitthiket 「Burning Dream」 track05(3.8MB) mp3 music ♪ ≫

-------------------------------------------------
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
-------------------------------------------------
★ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea"The bird" ≫ (8 Open Art Fes. 07年9月北京≫
韓国のアーティストホン・オボン(洪五奉)氏の企画/
KIPAF(金泉市)
DIPAF(東海市)
SIPAF(ソウル市) ≫

ホン・オボンの詳細頁へ ≫
荒井真一ウェブのホン・オボンの詳細頁へ ≫

----------------------------------
川端希満子 Mamiko Kawabata
----------------------------------
★川端希満子 Mamiko Kawabata1972年生。1996年よりNIPAFに参加。1999-2001年に彼女の行ったパフォーマンスは、日本を含め、イギリス、アメリカ、中国、タイ、インドネシア等では、今ではもう伝説になっている。「I am not an artist. I am a sex warker.」というコンセプトのもと、かなりの問題作を試みたため。00年「ジャパン・ソサエティ」(米・ニューヨーク)の同パフォーマンスでは、終演後、観客との活発なディスカッションが繰り広げられた。06年以降少しずつ活動を再開。現在も私たちの無意識の中に潜むジェンダーについての作品を手掛けている。
川端希満子の詳細頁へ ≫

---------------------------------
田上真知子 Machiko Tagami
---------------------------------
★田上真知子 Machiko Tagami1971年生。オノヨーコの本を読んで、パフォーマンスアートの表現力に魅了され、渡米。2001-06年は、東京の大塚にてフリーアートスペース、アウトラウンジの企画、運営を手掛けた。07年都電を借り切った「ゼロ次元以後のアクションアート」では加藤好弘から、20代の作家まで9人のパフォーマンスを2日間にわたって紹介した。自身の作品は「いかに風景を意識化していくか」をテーマに「サバサバとした運動体でいること」と名付けてドイツ・中国・東京等で発表。
田上真知子の詳細頁へ ≫  ゼロ次元以後のアクションアート ≫

-----------------------------
丸山真 Makoto Maruyama
-----------------------------
★丸山真 Makoto Maruyama■1975年長野生。
踊り。
身体をつかう。
■参考資料:
資料1:◇記録◇ NIPAF'07夏:名古屋公演:七ツ寺共同スタジオ ≫
資料2:◇記録◇ NIPAF'07春:名古屋公演:日本陶磁器センター4Fホール ≫
丸山真の詳細頁へ ≫

-------------------------------
梅村軍司 Gunshi Umemura
-------------------------------
★梅村軍司 Gunshi Umemura1977年生。
名古屋生まれの名古屋育ち。名古屋造形大で染織を学ぶ。刺繍アート、料理人、フリスビー…。印象に残るパフォーマンスは、七福邸で巨大鏡餅を焼き、熱い餅を背負い、我慢できなくなったら邸から飛び出て、近くのどぶ川で体を冷やし、再び戻り何度もその行為を繰り返すというもの。一見突飛な行為のようだが、その行為はたんたんとして、静かな祈りの行為のように見える。
梅村軍司の詳細頁へ ≫

---------------------------
寺尾晴美 Harumi Terao
---------------------------
★寺尾晴美 Harumi Terao1969年生。金沢美術工芸大学卒。1994年から東京、名古屋などで絵画による個展。パフォーマンスは、1999年に名古屋港の倉庫跡で開催された日本国際パフォーマンスアート・フェスティバルのスタッフとして参加し、その後2000年より開始する。国内のほか、カナダ、韓国、中国、ミャンマー、フィリピンなどでも活動。なお、寺尾のパフォーマンス開始は99年からだが、金沢美大在学中に、同学の学友で近年「時をかける少女」で一躍有名になった細田守監督が学生時代に作った実験映画にも主演女優として出演しており、もともとパフォーマンスへの十分な素地はあったと考えられる。
寺尾晴美の詳細頁へ ≫

--------------------------
荒井真一 Shin-ichi Arai
--------------------------
★荒井真一 Shin-ichi Arai1959年生。1982年美学校で吉田克朗から銅版画を学ぶかたわら、サエグサユキオ、久住卓也、ホシノマサハル、赤木能里子と「赤木電気」を結成、即興パンクおよびパフォーマンスを始める。1983年「天国注射の昼」にて「日比谷野音、赤ペンキぶちまかし事件-川俣軍司に捧ぐ」。その後「大昭和発電」(w/桑原正彦、久住)、「現場の力」(w/サエグサ)、「福福物語」(w/鈴木健雄、谷川まり、サエグサ)に参加。1999年より「Happy Japan!」などソロで活動。06年東アジア(フィリピン、中国、タイ、インドネシア、香港)の5作家を招き「大東亜共栄軒」を企画。日本での公演はその作品の性格上、非常にまれ。
荒井真一の詳細頁へ ≫  荒井真一ウェブ ≫  Happy Japan! ≫  大東亜共栄軒 ≫

---------------------------------
西島一洋 Kazuhiro Nishijima
---------------------------------
★西島一洋 Kazuhiro Nishijimaポツダム宣言から7年後、生まれる。その時の家業は録音業、レコード盤を作る器械があった。家業はかんばしくなく、5才の頃から祖母が細々と営んでいたうどん屋の2階の四畳半に親子5人。父は、色々事業を起こすがことごとく失敗で借金の山。うどん屋も手伝ったが、家計の足しにはならぬ、小6より、酒屋、プレス工、木工、染色工、牛乳配達。16才の時から絵かきとなるが、収入は無い。その後、掃除夫、ちり紙交換、キャバレーボーイ、劇場大道具、デパート店員、印刷ブローカー、版下デザイン、看板制作、洗濯夫、モデル、似顔絵、喫茶店、生花市場、などをてんてんとしながら、29才専業絵かきとなり現在に至る。また、1970年代よりハプニングやパフォーマンスに隣接する名称不能行為を断続的におこなう。1988年には「体現」と名付け体現集団φアエッタを創始、個人または集団で活動を続けている。「体現」は開かれた表現の領域としてのパフォーマンスアートとは一線を画しており、むしろ表現という幻想の抑圧から逃れる旅を続けているといった方が適切かもしれない。
西島一洋の詳細頁へ ≫

=================

では、ぜひお越しください。

=================



◆出演アーティスト紹介 09 荒井真一  小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)     ◆この頁のトップへ戻る



段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫
イベントの概要のトップへ戻る≫  map ≫  全出演者の簡単な紹介のトップへ戻る ≫




 ★このブログのトップ頁へ ★[ART-NEWS]最新頁へ ★ART-Letter アート・レターの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ φAETTA (1988-) & Art-Letter (2007-) & Nagoya NIPAF (1998-2007) ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る


◆このイベントの概要の最新頁は、[ART-NEWS]をクリックしてください。


★[ART-NEWS]の最新頁へ
★詳細頁へ[小東亜共栄軒'08名古屋]


この頁へのコメントはこちらへ≫




◇artist-file > page | 【2008-05-04(Sun) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments(-)
丸山真 Makoto Maruyama (Japan/Nagno) / artist-file page22

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 投稿 修正


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65all


★artist-file アーティスト・ファイル便覧へ page22

★各写真をクリックすると次の写真に順にスライドします。Makoto Maruyama
丸山真

Makoto Maruyama

(Japan/Nagno)

◆丸山真/記録vol.1≫/小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)での行為≫
◆丸山真/記録vol.2≫/名古屋NIPAFでの行為≫


◆artist file > No.22 丸山真 頁のトップへ戻る

丸山真/記録vol.1 小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)での行為

◆タイトル:「野をゆく子供」他、自作の詩4編の朗読
◆コンセプト:自分と対話する時間をもつために詩が必要だ。

◆丸山真/小東亜共栄軒'08名古屋記録写真:6枚≫
撮影/林裕己 Hiromi Hayashi (3枚)+撮影/JIGUAI (3枚)

◆参考資料:
資料a:小東亜共栄軒'08名古屋/記録≫
資料b:小東亜共栄軒'08名古屋/イベントの概要≫
資料c:小東亜共栄軒'08名古屋/全出演者の簡単な紹介≫
資料d:小東亜共栄軒'08名古屋/出演者 Index ≫
     01 段英梅≫ 02 チョウ・イーティン≫ 03 陳進≫ 04 舒陽≫ 05 ワサン・シティケット≫ 06 ホン・オボン≫
     07 川端希満子≫ 08 田上真知子≫ 09 寺尾晴美≫ 10 荒井真一≫ 11 西島一洋≫ 12 丸山真≫ 13 梅村軍司≫

link1:丸山真/小東亜共栄軒'08名古屋 /記録(荒井真一ウェブ)≫
link2:小東亜共栄軒'08東京・名古屋・富山 /記録(荒井真一ウェブ)≫
link3:Makoto Maruyama blog


◆artist file > No.22 丸山真 頁のトップへ戻る

◆丸山真/小東亜共栄軒'08名古屋記録写真:6枚
撮影/林裕己 Hiromi Hayashi (3枚)+撮影/JIGUAI (3枚)

撮影/林裕己 Hiromi Hayashi (以下3枚)
Makoto Maruyama poem01.jpg

Makoto Maruyama poem02.jpg

Makoto Maruyama poem03.jpg
撮影/林裕己 Hiromi Hayashi (以上3枚)

撮影/JIGUAI (以下3枚)
Makoto Maruyama poem01.jpg

Makoto Maruyama poem02.jpg

Makoto Maruyama poem03.jpg
撮影/JIGUAI (以上3枚)


◆artist file > No.22 丸山真 頁のトップへ戻る

丸山真 記録vol.2 NIPAF'07夏:名古屋公演、およびNIPAF'07春:名古屋公演での行為

記録写真vol.1/丸山真≫/NIPAF'07夏:名古屋公演:撮影/林裕己 Hiromi Hayashi 
記録写真vol.2/丸山真≫/NIPAF'07春:名古屋公演:撮影/林裕己 Hiromi Hayashi 

◆1975年長野生。踊り。身体をつかう。

◆参考資料:
資料1:◇記録◇ NIPAF'07夏:名古屋公演≫:七ツ寺共同スタジオ
資料2:◇記録◇ NIPAF'07春:名古屋公演≫:日本陶磁器センター4Fホール
資料3:NIPAF'07夏 名古屋公演出演アーティスト、全22名一覧≫
資料4:NIPAF'07春 名古屋公演出演アーティスト、全24名一覧≫


丸山真/記録vol.2/のトップへ戻る


◆記録写真vol.1/丸山真/NIPAF'07夏:名古屋公演:七ツ寺共同スタジオ

Makoto Maruyama 1.jpg

Makoto Maruyama 2.jpg small.jpg

Makoto Maruyama 3.jpg small.jpg

Makoto Maruyama 4.jpg

Makoto Maruyama 5.jpg small.jpg

Makoto Maruyama 6.jpg

撮影:林裕己 Hiromi Hayashi /七ツ寺共同スタジオにて
Japan(Nippon) International Performance Art Festival in Nagoya
The 12th NIPAF Asian Performance Art Series '07 ; Asia Meets Hawai and Central Europe



丸山真/記録vol.2/のトップへ戻る


◆記録写真vol.2/丸山真/NIPAF'07春:名古屋公演
■以下写真5枚は、NIPAF'07春 名古屋公演にて
撮影:林裕己 Hiromi Hayashi
■出演日:2007年3月3日(金)/NIPAF'07春 名古屋2日目:日本陶磁器センター4階ホール

22 Makoto Maruyama 564

15 Makoto Maruyama 1.jpg

15 Makoto Maruyama 1.jpg

15 Makoto Maruyama 6.jpg

15 Makoto Maruyama 7.jpg

丸山真/記録vol.2/のトップへ戻る



小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)記録のメイン頁へ≫
小東亜共栄軒'08名古屋出演者13名一覧へ≫  全出演者の簡単な紹介へ≫  イベントの概要へ≫
No.01 No.02 No.03 No.04 No.05 No.06 No.07 No.08 No.09 No.10 No.11 No.12 No.13
01 段英梅≫  02 チョウ・イーティン≫  03 陳進≫  04 舒陽≫  05 ワサン・シティケット≫  06 ホン・オボン≫
07 川端希満子≫  08 田上真知子≫  09 寺尾晴美≫  10 荒井真一≫  11 西島一洋≫  12 丸山真≫  13 梅村軍司≫



◆artist file > No.22 丸山真 Makoto Maruyama      ◆この頁のトップへ戻る


◆artist-file Index のTOPに戻る


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65all



★このブログのTop page へ ★ART-Letter アート・レターのファイルへ ★Slide-show スライドショーのファイルへ ★List of all records:Contents 全記録のファイルの目次へ ★artist-file アーティスト・ファイルへ


[ φAETTA (1988-) & Art-Letter (2007-) & Nagoya NIPAF (1998-2007) ]



◇全記録便覧◇ ●記録:'07夏 ●記録:'07春 ●記録:'06夏 ●記録:'06春


★このブログ全体のトップ頁に戻る




◇artist-file > page | 【2008-05-02(Fri) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
artist-file > page64 梅村軍司 Gunshi Umemura (Japan/Nagoya)

★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 投稿 修正


小東亜共栄軒'08 名古屋 専用 Index 出演アーティスト13名≫ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13


artist-file Index > page : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65all


★artist-file アーティスト・ファイル便覧へ

梅村軍司NEWS
第4回「なごやか市」で梅村軍司と柴田玲がパフォーマンス。詳細はこちら≫
日時:2009年11月22日(日、イイフーフデイ) 10時~15時
場所:長久手ゴジカラ村、古民家ざわざわ周辺(愛知県愛知郡長久手町長湫29付近)
上記関連記事/鈴木陽一レモンブログ/叶わなかった夢のため、あがいた季節が愛しい コトバ


こんばんわ。
わたくし(梅村軍司) パフォーマンスします。
音楽 フラメンコ パフォーマンスなどみられます。
2008年7月12日(土)18:30開場19:00開演
新栄のパルル(カノーヴァン)
前売り1500円当日1800円です。
パルル052-262-3629
ぜひ どーぞ

カフェ・パルル cafe parlwr / 名古屋市中区新栄2-2-19


小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)のメイン頁へ≫
段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫
イベントの概要へ≫  map ≫  全出演者の簡単な紹介はこのページの下のほうへ ≫


小東亜共栄軒'08 名古屋 出演アーティスト紹介 No.13 梅村軍司


梅村軍司

Gunshi Umemura


Nagoya Japan
1977年生。名古屋生まれの名古屋育ち。名古屋造形大で染織を学ぶ。刺繍アート、料理人、フリスビー…。印象に残るパフォーマンスは、七福邸で巨大鏡餅を焼き、熱い餅を背負い、我慢できなくなったら邸から飛び出て、近くのどぶ川で体を冷やし、再び戻り何度もその行為を繰り返すというもの。一見突飛な行為のようだが、その行為はたんたんとして、静かな祈りの行為のように見える。下の写真は、同じような行為を長野のネオンホールでも行い、餅を焼いていた2階の会場から前の用水へ移動するときに階段を駆け下りているところ。
写真1:"梅村軍司パフォーマンス「もちつもたれつ」"                                 写真2-4:"梅村軍司パフォーマンス/台北にて(台湾)"
★写真01★写真02★写真03★写真04


梅村軍司この頁のトップに戻る ≫


小東亜共栄軒'08名古屋 (5/2-3 K・D Japon)のメイン頁へ≫
段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫
イベントの概要へ≫  map ≫  全出演者の簡単な紹介はこのページの下のほうへ ≫


◆この頁のトップへ戻る





小東亜共栄軒'08 名古屋


(イベントの概要)

パフォーマンス・アートのイベント

アジアから6名+日本人7名

2008年5月2日(金)3日(土)

pm7:00-9:00

K・D Japon ハポン

◆会場アクセス◆/下の方に記載してあります。



kdjaponpanelx578x427.JPG★artist1/Yingmei Duan★artist2/Chaw Ei Then★artist3/Chen Jin★artist4/Shu Yang★artist5/Vasan Sitthiket★artist6/Mamiko Kawabata★artist7/Machiko Tagami★artist8/Harumi Terao★artist9/Shin-ichi Arai★artist10/Kazuhiro Nishijima★K.D-Japon-map

◆催名:小東亜共栄軒'08 名古屋
◆内容:パフォーマンス・アートのイベント
◆日時:2008年5月2日(金)3日(土)pm7:00-pm9:00
◆会場:KDハポン(K・D Japon)
◆入場料:1500円 (入場時に1ドリンクオーダー代500円が別途必要になります。)

◆出演者:::各アーティストの紹介頁は、下記アーティスト名をクリックしてください。

◇5月2日(金)
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
川端希満子 Mamiko Kawabata
丸山真 Makoto Maruyama
梅村軍司 Gunshi Umemura
西島一洋 Kazuhiro Nishijima

◇5月3日(土)
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
田上真知子 Machiko Tagami
寺尾晴美 Harumi Terao
荒井真一 Shin-ichi Arai

◆問い合わせ先:0568-23-2017(西島一洋):mailはこちら≫
◆名古屋開催企画/西島一洋&寺尾晴美


◆会場アクセス◆
K・D Japon(ケーディ・ハポン)
住所:名古屋市中区千代田5丁目12-7
電話:052-251-0324
・JR鶴舞駅北口より高架沿いに北上(千種方面)徒歩約3分
・同じく地下鉄鶴舞駅2番出口より徒歩約7分

地図:



◆この頁のトップに戻る

◆小東亜共栄軒'08 全国日程
東  京:4月26日(土)-29日(火)/Gallery mestallaおよび美学校
名古屋5月2日(金)-3日(土)K・D Japon (ケーディ・ハポン)KDハポン:5月のイベント詳細頁≫
富  山:5月5日(月)/富山中央通りシャルムビル1F


◆この頁のトップへ戻る


==================================

以下は、出演アーティストの簡単な紹介です。
写真等、詳しくは各アーティストの詳細頁をご覧ください。

各アーティストの詳細頁は下記の写真か名前をクリック。

==================================


------------------------------------------------------------------
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
------------------------------------------------------------------
★段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China 1969年生。数少ない「北京・東村」の女性メンバーの1人。栄栄に東村の作家(馬六明、朱冥など)のポートレイトやパフォーマンスの写真を撮ることをアドバイスした。東村の作家による「名もない山の標高を1m高くする」(1995年)にも参加。1998年ドイツ移住。マリーナ・アブラモビッチにパフォーマンスアートを学ぶ。東村時代の自画像の作品から一貫して、真摯に「自分」を成立させているもの(ジェンダー、社会環境など)のありかた、構造を追求している。自画像を描いた女性は彼女が中国美術史上初めてだったと思われる(革命前、美術にとって(も)女性はオブジェクトであり、革命期・革命後も女性が美術に参加することは文学よりもまれであったから)。
段英梅の詳細頁 へ ≫  段英梅の公式ホームページ ≫  英版wikipedia ≫  arts.tom.com ≫

---------------------------------------------------------------------------
チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
---------------------------------------------------------------------------
★チョウ・イーティン Chaw Ei Thein ビルマ Burma1969年生。2001年には友人と自分の作品を超低価格で売る行商パフォーマンスを行い逮捕された。超低価格の場合アウン・サン・スー・チーさんの父親アウン・サン将軍の肖像の入った旧紙幣を使うことになるため(定額紙幣は超インフレのビルマでは現在実質上流通していない)、政治活動とされた。2カ月の拘留の後、別の大規模な反政府活動捜査のために、解放される。2007年に入ってからは、国内事情が悪化しているため帰国できない状態にある。2002年NIPAF参加。
チョウ・イーティンの詳細頁へ ≫
チョウ・イーティンとテイ・リンを紹介する「ニューヨーク・タイムズ」2007年8月13日号 ≫  記事和訳 ≫

----------------------------------------
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
----------------------------------------
★陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China1964年生。男性。2000年に舒陽、朱冥と中国初の国際パフォーマンスアートフェスティバル「OPEN Art Festival」を開催。以後毎年継続、07年には8回目を迎える。01年フィンランド「EXIT」フェスティバル参加。3mの高さから中国の現主席のポートレイトに小便をかけ、その後そこから飛び降りるというセンセーショナルな作品を発表。02年NIPAF(Nippon International Performance Art Festival )参加。07年カッセル「ドクメンタ」のアイ・ウェイウェイ作品に参加。07年北京798アートスペースで非商業的アートスペース「OPEN REALIZATION CONTEMPORARY ART CENTER」を始める。
陳進の詳細頁 へ ≫  OPEN Art Festival ≫

------------------------------------------
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
------------------------------------------
★舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China1969年生。画家、評論家、編集者、役者でもある。2000年の「OPEN Art Festival」では、オーガナイザーとして逮捕される。中国初の現代美術雑誌「新潮」(2000-01年)副編集長。01年以降黄鋭(ファンルイ)を助けて北京798アートスペース*の立ち上げにかかわる。02年NIPAF参加。役者としては、03年東京の「ハイナー・ミュラー」フェスティバルに「紙老虎(Paper Tiger Studio)」グループの一員として来日。03年以降「DaDao Festival」を毎年開催。中国のアンダーグラウンドのパフォーマンス、およびドキュメント(写真)を積極的にヨーロッパに紹介している。06年国際交流基金「美麗新世界:当代日本視覚文化」中国側コーディネーター。
舒陽の詳細頁へ ≫  DaDao Festival ≫  北京798アートスペース ≫  英版wikipedia ≫

------------------------------------------------------
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
------------------------------------------------------
★ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand1957年生。画家、反体制フォークシンガーでもある(CDもたくさん出している。南正人に風貌がそっくりで、実際知り合い)。1998年からの国際パフォーマンスアートフェスティバル「Asiatopia」の実行委員。またタイ芸術家党評議員(07年認可済政党)。タイ芸術家党は日本で秋山佑徳太子が都知事選で行ったバイタリティとユーモア、ヨーゼフ・ボイスがドイツで行ったユートピア的コンセプチャリズムをもろとも体現しようとする党だ。タイの反体制活動のTシャツの多くを手がけ、それらが1000枚になったことを記念する展覧会も開かれた。
ワサン・シティケットの詳細頁へ ≫  Asiatopia ≫  Vasan painting ≫
Vasan Sitthiket 「Burning Dream」 track05(3.8MB) mp3 music ♪ ≫

-------------------------------------------------
洪五奉 ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea
-------------------------------------------------
★ホン・オボン Hong O-Bong 韓国 Korea"The bird" ≫ (8 Open Art Fes. 07年9月北京≫
韓国のアーティストホン・オボン(洪五奉)氏の企画/
KIPAF(金泉市)
DIPAF(東海市)
SIPAF(ソウル市) ≫

ホン・オボンの詳細頁へ ≫
荒井真一ウェブのホン・オボンの詳細頁へ ≫

----------------------------------
川端希満子 Mamiko Kawabata
----------------------------------
★川端希満子 Mamiko Kawabata1972年生。1996年よりNIPAFに参加。1999-2001年に彼女の行ったパフォーマンスは、日本を含め、イギリス、アメリカ、中国、タイ、インドネシア等では、今ではもう伝説になっている。「I am not an artist. I am a sex warker.」というコンセプトのもと、かなりの問題作を試みたため。00年「ジャパン・ソサエティ」(米・ニューヨーク)の同パフォーマンスでは、終演後、観客との活発なディスカッションが繰り広げられた。06年以降少しずつ活動を再開。現在も私たちの無意識の中に潜むジェンダーについての作品を手掛けている。
川端希満子の詳細頁へ ≫

---------------------------------
田上真知子 Machiko Tagami
---------------------------------
★田上真知子 Machiko Tagami1971年生。オノヨーコの本を読んで、パフォーマンスアートの表現力に魅了され、渡米。2001-06年は、東京の大塚にてフリーアートスペース、アウトラウンジの企画、運営を手掛けた。07年都電を借り切った「ゼロ次元以後のアクションアート」では加藤好弘から、20代の作家まで9人のパフォーマンスを2日間にわたって紹介した。自身の作品は「いかに風景を意識化していくか」をテーマに「サバサバとした運動体でいること」と名付けてドイツ・中国・東京等で発表。
田上真知子の詳細頁へ ≫  ゼロ次元以後のアクションアート ≫

-----------------------------
丸山真 Makoto Maruyama
-----------------------------
★丸山真 Makoto Maruyama■1975年長野生。
踊り。
身体をつかう。
■参考資料:
資料1:◇記録◇ NIPAF'07夏:名古屋公演:七ツ寺共同スタジオ ≫
資料2:◇記録◇ NIPAF'07春:名古屋公演:日本陶磁器センター4Fホール ≫
丸山真の詳細頁へ ≫

-----------------------------
梅村軍司 Gunshi Umemura
-----------------------------
★梅村軍司 Gunshi Umemura1977年生。
名古屋生まれの名古屋育ち。名古屋造形大で染織を学ぶ。刺繍アート、料理人、フリスビー…。印象に残るパフォーマンスは、七福邸で巨大鏡餅を焼き、熱い餅を背負い、我慢できなくなったら邸から飛び出て、近くのどぶ川で体を冷やし、再び戻り何度もその行為を繰り返すというもの。一見突飛な行為のようだが、その行為はたんたんとして、静かな祈りの行為のように見える。
梅村軍司の詳細頁へ ≫

---------------------------
寺尾晴美 Harumi Terao
---------------------------
★寺尾晴美 Harumi Terao1969年生。金沢美術工芸大学卒。1994年から東京、名古屋などで絵画による個展。パフォーマンスは、1999年に名古屋港の倉庫跡で開催された日本国際パフォーマンスアート・フェスティバルのスタッフとして参加し、その後2000年より開始する。国内のほか、カナダ、韓国、中国、ミャンマー、フィリピンなどでも活動。なお、寺尾のパフォーマンス開始は99年からだが、金沢美大在学中に、同学の学友で近年「時をかける少女」で一躍有名になった細田守監督が学生時代に作った実験映画にも主演女優として出演しており、もともとパフォーマンスへの十分な素地はあったと考えられる。
寺尾晴美の詳細頁へ ≫

--------------------------
荒井真一 Shin-ichi Arai
--------------------------
★荒井真一 Shin-ichi Arai1959年生。1982年美学校で吉田克朗から銅版画を学ぶかたわら、サエグサユキオ、久住卓也、ホシノマサハル、赤木能里子と「赤木電気」を結成、即興パンクおよびパフォーマンスを始める。1983年「天国注射の昼」にて「日比谷野音、赤ペンキぶちまかし事件-川俣軍司に捧ぐ」。その後「大昭和発電」(w/桑原正彦、久住)、「現場の力」(w/サエグサ)、「福福物語」(w/鈴木健雄、谷川まり、サエグサ)に参加。1999年より「Happy Japan!」などソロで活動。06年東アジア(フィリピン、中国、タイ、インドネシア、香港)の5作家を招き「大東亜共栄軒」を企画。日本での公演はその作品の性格上、非常にまれ。
荒井真一の詳細頁へ ≫  荒井真一ウェブ ≫  Happy Japan! ≫  大東亜共栄軒 ≫

---------------------------------
西島一洋 Kazuhiro Nishijima
---------------------------------
★西島一洋 Kazuhiro Nishijimaポツダム宣言から7年後、生まれる。その時の家業は録音業、レコード盤を作る器械があった。家業はかんばしくなく、5才の頃から祖母が細々と営んでいたうどん屋の2階の四畳半に親子5人。父は、色々事業を起こすがことごとく失敗で借金の山。うどん屋も手伝ったが、家計の足しにはならぬ、小6より、酒屋、プレス工、木工、染色工、牛乳配達。16才の時から絵かきとなるが、収入は無い。その後、掃除夫、ちり紙交換、キャバレーボーイ、劇場大道具、デパート店員、印刷ブローカー、版下デザイン、看板制作、洗濯夫、モデル、似顔絵、喫茶店、生花市場、などをてんてんとしながら、29才専業絵かきとなり現在に至る。また、1970年代よりハプニングやパフォーマンスに隣接する名称不能行為を断続的におこなう。1988年には「体現」と名付け体現集団φアエッタを創始、個人または集団で活動を続けている。「体現」は開かれた表現の領域としてのパフォーマンスアートとは一線を画しており、むしろ表現という幻想の抑圧から逃れる旅を続けているといった方が適切かもしれない。
西島一洋の詳細頁へ ≫

=================

では、ぜひお越しください。

=================



◆出演アーティスト紹介 13 梅村軍司  小東亜共栄軒'08 名古屋 (5/2-3 K・D Japon)     ◆この頁のトップへ戻る



段英梅≫  チョウ・イーティン≫  陳進≫  舒陽≫  ワサン・シティケット≫  ホン・オボン≫
川端希満子≫  田上真知子≫  丸山真≫  梅村軍司≫  寺尾晴美≫  荒井真一≫  西島一洋≫
イベントの概要のトップへ戻る≫  map ≫  全出演者の簡単な紹介のトップへ戻る ≫




 ★このブログのトップ頁へ ★[ART-NEWS]最新頁へ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る


◆このイベントの概要の最新頁は、[ART-NEWS]をクリックしてください。


★[ART-NEWS]の最新頁へ
★詳細頁へ[小東亜共栄軒'08名古屋]




◇artist-file > page | 【2008-05-01(Thu) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(1)