kazuhiro nishijima
art-news
西島一洋が舞台美術と題字/名古屋能楽堂でパンク歌舞伎「天守物語」2015.12.19(土)~23(水祝)-全6公演-
記事詳細≫


西島一洋が大須の七ツ寺共同スタジオにて行為。2015年11月11日(水)、12日(木)。
記事詳細≫


西島一洋が円頓寺にて行為。2015年11月7日pm5:00頃の日没より。
記事詳細≫


西島一洋が「アートじゃない/どうでしょう」にて行為。2015年8月1日(土)19:00start/名古屋鶴舞KDハポン。
記事詳細≫


西島一洋が舞台美術。「姥捨」名古屋大須の七ツ寺共同スタジオ。2015年6月18日(木)~29日(月)。
記事詳細≫


2015年6月4日午後1時より、西島一洋が「六四追悼儀」を行う。
記事詳細≫


西島一洋が名古屋長者町で行為。2015年4月26日(日)AMRフェス2015
記事詳細≫


12月6日、当日の西島一洋の行為「原記憶交感儀」について。非公開のため、秘儀、密儀となります。
記事詳細≫


西島一洋が舞台美術。 名古屋大須の七ツ寺共同スタジオ。 カゲキカブキ「四谷怪談」。 2014年11月17日(月)~30日(日)
記事詳細≫


西島一洋が岡崎で行為。「シーマンことYouhei Shimadaさんの企画」
2014年10月19日(日)に
定林寺(じょうりんじ)にて。

記事詳細≫


2014年6月4日午後1時より、西島一洋が「六四追悼儀」を行う。自宅前方丈庵より裸足で歩く。
記事詳細≫


西島一洋が「ひかりごけ」の題字と舞台美術。2014年4月29日まで七ツ寺共同スタジオで。
記事詳細≫


行為∞思考Ⅱ
PERFORMANCE&TALK
一宮市/島崎「織部亭」
2014年2月23日(日)

記事詳細≫


西島一洋が林裕己と対談。行為について。名古屋長者町トランジットビルB1。2013年7月21日(日)13:00-17:00。
記事詳細≫


西島一洋が「お熊空唄」の舞台美術。七ツ寺共同スタジオ/2013年6月28日(金)~7月7日(日)。
記事詳細≫


西島一洋が津島宗念寺にて行為。ザラメ展の最終日2013年5月6日(月/祝)。
記事詳細≫


西島一洋がイベント「広く晴れた空へ」で行為。2013年4月21日(日)名古屋新栄「空色曲玉」にて。
記事詳細≫


φの部屋にて。2013年4月13日。体現/原記憶交感儀「泥の河」:開始の儀。行為:西島一洋、立会人及び撮影:林裕己。
記事詳細≫


西島一洋がピーカァブー(いないいないばぁ~)vol.4にて行為。名古屋KDハポン/2013年4月4日(木)。
記事詳細≫


西島一洋が「紙技百藝」に出品東京2013年2月8日(金)~10日(日)HIGUREにて、名古屋2012年9月6日(木)~9日(日)時折にて、京都2012年8月23日(木)~26日(日)雅景錘にて、
記事詳細≫


西島一洋が舞台美術と題字/名古屋能楽堂でパンク歌舞伎「逆夢」2012年
12月21日(金)~24日(月)

記事詳細≫


西島一洋が岡崎で行為。「木と人と心」2012年10月27日(土)に定林寺(じょうりんじ)にて。記事詳細≫

◆西島一洋が下記イベントにて行為。「漂泊者たち2/アンダーグラウンドの片隅から」/フォルツァ総曲輪(富山)/2012年7月13日(金)~14日(土)」記事詳細≫

◆西島一洋が「大須ドン底」の舞台美術。2012年7月1日(日)~9日(月)七ツ寺共同スタジオ。記事詳細≫

◆「村山槐多追悼交信儀」を行なう。西島一洋。日時場所未定ですが、決まり次第お知らせします。記事詳細≫
Art-Letter▼

◆Top page :このブログ全体のトップ頁へ ◆[ART-NEWS]の目次へ ◆ART-Message アート・メッセージの目次へ ◆Slide-show 全スライドショーの目次へ ◆All Record Contents 全記録の目次へ ◆artist-file アーティスト・ファイルの目次へ ◇about us の頁へ ◇contact us :お問い合わせ先 ◇BBS:掲示板の案内の頁へ ◇[mixi]頁へのご案内:こちらは[mixi]への登録が必要になります。 ◇[movie]
★体現集団φAETTA ★[小東亜共栄軒'08名古屋](記録)Indexへ ★このブログのコンテンツ一覧 へ ★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック ◇ぱふぉ新聞は、外部へのリンクになります。 ◇ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。
Twitter Facebook mixi
孑孑彷徨変異 原記憶
行為∞思考 超時空
空集合 Picasa flickr youtube myspace
体現集団φAETTA
体現参考資料いろいろ▼
鉄球 電球と氷 素描1 その他
Art-Letter/号外
aetta memo English here


元名古屋NIPAF2007-1998


終了したイベント▼
ありがとうございました。


◆西島一洋が鶴舞で行為。/『人心-HITOGOKORO- ふたたび』: K・D japon (ケーディーハポン)にて/2012年3月11日(sun)記事詳細≫
◆西島一洋が富山で行為。「漂泊者たち/アンダーグラウンドの片隅から:2012年1月14日~16日」。西島の行為日は1月15日フォルツァ総曲輪にて。ワークショップは1月16日富山大学にて。記事詳細≫
◆西島一洋が「パンク歌舞伎:リア王」の題字と美術。2011年12月22日(木)~25日(日)名古屋能楽堂。公演詳細≫
◆ 西島一洋が書(パンク歌舞伎マクベスとリア王の題字のための習作)を数百点出品。アクテノン「原智彦現場の力」展。2011年11月4日~12月25日。展覧会詳細≫
◆西島一洋が覚王山で行為/2011年9月25日(日)『餃子記憶交感儀』ギャラリー人間の扉にてthe Gate of Human/詳細≫
◆西島一洋が八事で行為/2011年9月11日(日)『人心-HITOGOKORO-』八事POPCORN(2F)/詳細≫
◆西島一洋が大阪で行為/2011年9月3日(土)/『PERSPECTIVE EMOTION WEST 2011』/浪速区KARAKURIスタジオ/詳細≫
◆西島一洋が奈良で行為/『Poèac(ポエアク)vol,003』/2011年7月2日(土)19:00/スタジオワルハラ(JR奈良駅すぐ) 詳細≫
◆西島一洋が大須で行為/2011年6月18日(土)/『想ヒ出キャベツ』の最終シーン「高架下の楽園」(20:18-20:38) 詳細≫
◆西島一洋が『peace nine 2011』に出品/2011年5月20日(金)~25日(水)名古屋芸術大学美術学部内ギャラリーにて/詳細≫
◆西島一洋が空間美術/名古屋能楽堂でパンク歌舞伎「マクベス」2010年12月/詳細≫
◆西島一洋が行為/2010年11月14日(日)一宮織部亭:林裕己写真展「表現と家族」の最終日/詳細≫
◆西島一洋が行為痕跡を出品/『アート&エコ マッチングプロジェクト』名古屋市民ギャラリー矢田2010年10月19日(火)~24日(日)/詳細≫

◆西島一洋が行為/『言葉ズーカ その17』2010年8月13日名古屋ミュージックファーム/詳細≫
◆西島一洋が行為/ダ・・ン・・スースースー3
◆西島一洋が舞台美術/ダンス・タンス・ダンス
◆西島一洋が行為/大須ギャラリー・プシュケでの行為
◆西島一洋が行為/常滑フィールド・トリップ
◆西島一洋が行為/闇について
◆西島一洋が出演と舞台美術/ハポン劇場「草枕」
◆西島一洋が行為/Improvisation Performance Live
◆西島一洋が行為/人間の扉
◆西島一洋が行為/小東亜共栄軒'08名古屋
Twitter

Twitter▼
おすすめ記事▼

全てのタイトル表示は↓をクリック
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック
【about us】
このブログ内の記事検索
RSS
お問い合わせ先

■contact us :お問い合わせ先

お知らせ
トップ頁へ

◆Top page :このブログ全体のトップ頁へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
西島一洋が『peace nine 2011』に出品。2011年5月20日(金)~25日(水)。名古屋芸術大学美術学部内ギャラリーにて。

★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ≫ ★[ART-NEWS]Indexへ≫ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ≫ ★Slide-show:スライドショーの目次へ≫ ★Record 記録:全記録の目次へ≫ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ≫ 

 ★[about us] の頁へ≫ ★[contact us] の案内の頁へ≫:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★[BBS] 掲示板の案内の頁へ≫ ★[mixi]頁へのご案内へ≫:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo Art-Letter/号外 体現集団φAETTA 修正





下記展覧会および行為終了しました。

6日間で約400名の方にお越しいただけました。
ありがとうございます。

写真後日アップします。

---------

今日5月25日(水)最終日、会場の名古屋芸大美術学部のギャラリーBEにて、12時15分から16時15分まで、鉄球とさらしの横のちゃぶ台の前に鎮座、おそらく巻紙に文字を書き続ける行為をしています。

展覧会自体は、今日は最終日なので17時までです。

16時20分ごろ、いったん認知症の母親を迎えに会場を離れますが、17時からの作品搬出作業のためふたたび会場に戻ります。

搬出作業終了後、18時から学内で名古屋芸大教員の九条の会の人たちとの交流会があるとのことです。

西島一洋




西島一洋が5月20日より開催の下記展覧会に出品しています。
鉄球と晒し木綿、ほかによるインスタレーションです。
タイトルは「非殺生」。アヒンサです。

ぜひ、お越しいただけるよう下記ご案内申し上げます。

◆展覧会名/『peace nine 2011』
◆会期/2011年5月20日(金)~25日(水)/12:15~18:00(最終日は17:00)
◆会場/名古屋芸術大学美術学部(西キャンパス)
ギャラリーBE(アート&デザインセンター1F)
〒481-8535 愛知県北名古屋市徳重西沼65
◆アクセス/http://www.nua.ac.jp/contact_us/access.html
電車:名鉄名古屋駅からの場合/犬山線犬山方面普通乗車-約17分-「徳重名古屋芸大駅」下車-駅前東西の通りを西へ(美術学部方面)へ徒歩約15分。(普通のみ停車。特急、急行は停車しません)
車:駐車場あり。名古屋江南線(名草線)徳重南交差点(ヤマトヤ家具)を西へ。
名古屋芸大地図




コンセプト↓

「鉄球」と「アヒンサ」について /西島一洋

僕は、まもなく60歳。
1952年生まれだ。戦後7年後に生まれた。

60年代。

僕が子供のころ、名古屋の吹上あたりはまだ瓦礫の様相が残っていて、戦争(空襲※)の痕跡があった。
(※名古屋の空襲は63回あり、そのうち、大規模なものは18回といわれ、死者は8630人と記録)
名古屋駅前に行くと軍隊服の傷痍軍人というのが、包帯を足や腕に巻きつけて、乞食のように金をせびっていた。
駅裏(今の新幹線太閤口)はバラック街だった。

なお、僕の父親は、戦中、東京物理学校(今の東京理科大学)に在学中、徴兵され陸軍中野学校に。
そして軍隊に。本人は無線(モールス信号)の仕事と言っていたがおそらく諜報員(スパイ)だろう。

70年代。

16歳のとき、僕は失恋をして、一生の仕事を画家になることに決めた。そして即日画家になった。社会的に認められたわけではない。自分で勝手に決めた。
命がけで絵を描くということを決めた。

18歳~22歳。苦悩も楽しかった。

フォークソングもやった。新宿西口のことはよく知らないが、名古屋栄では普通にフォーク集会というのがあって、僕らはプロテストソング(反戦歌)を歌っていた。
「死んだ男の残したものは」、「戦争を知らない子供たち」、「自衛隊に入ろう」、などいろいろ。市民運動という感じではなく、お互いに知らない人たちが予告もなく勝手に集まってやっていた。

80年代。

「鉄球」を拾った。
敦賀の原子力発電所内の浜で。原発のフェンス内、監視カメラの中、持ち出すことに成功した。
赤軍派の浅間山荘の事件を連想して、この「鉄球」を引きずり回そうという気持ちが少なからずあった。

その当時、廃物と人間の関係を探求していた「飯田美研」の考えに僕は強く影響を受けていた。
ジャンクアートという分野があるが、これは、人工廃物をアートという美術幻想の名の元にリサイクルするという発想である。
「飯田美研」はこのジャンクアートという分野を強く否定していた。「物力」…つまり人工廃物は人間のためにすべて抑圧されてきた「物」が、人間の抑圧から解放されたときに本来の自然物に戻り本来の「物力」がよみがえるという考え方だ。

せっかく、人間に捨てられて、人間からの抑圧から解放され自由になって本来の「物力」がよみがえった「鉄球」を、僕が拾って、さらに引きずり回すということなんか到底僕にはできなかった。

だから、数年間しばらく僕はこの「鉄球」と静かに対話することになった。

80年代後半。

アパルトヘイトに反対する国際美術展(北川フラム企画)の名古屋展の運営をやることになってしまった。

この美術展をそのまま受け入れるだけでなく、この地のアーティストたちにも出品を呼びかけ、合同でできないかと思い、そのようにした。
結果、100人くらいのアーティストが賛同し、「from our Hearts」で実現した。「from our Hearts」は名古屋だけでなく岐阜でもやった。

ここで、なぜ、アパルトヘイトに反対する国際美術展のことを出したかというと、「鉄球」。
僕は、自分の等身大の人形を作り包帯でぐるぐる巻きにして、仰向けにした擬似人体の上に「鉄球」を置いた。
「鉄球」に「アヒンサ」の力を感じたからだった。
僕は「鉄球」に「アヒンサ」という名を勝手につけ、以後引きずり回す。
それでよいと直感的に思った。物力と自我の同一。

90年代以降。

「アヒンサ」について。
「アヒンサ」は、静かな力である。
サンスクリット語(古代ヒンズー語)で意味は「非殺生」。
マハトマ・ガンジーの非暴力主義の元になるインドの古くからの理念である。

そうして、僕は今も「鉄球」との対話を続けている。


追記:
80年代、吉川三伸という画家を知った。ある展覧会で彼の作品を見たのがきっかけだった。大きな木製の塀の下のほうに小さな檻。檻の中にはつぶした空き缶。とても気になったので彼のところへ尋ねていった。彼は戦中の40年代、シュルレアリスムの作品を画き特高警察に逮捕され数ヶ月間拘禁された。拘禁中生死にかかわるほどのひどい仕打ちをされた。そのときの記憶が原体験となっての作品ということだった。僕は「当時の画家は絵の具の調達のために戦争画というものを画いた、また画かされたのではなかったのですか?」と批判的に聞くと、もちろん彼は戦争画を画いてはいないが、彼は「戦争画を能動的に画いた藤田嗣治等の戦争画家たちさえも批判することはできない。それよりも、戦争というのがいけない。戦争というのは人間の想像力をはるかに超えている完全に狂った状態だ。戦争になれば人間はもうどうすることもできない。戦争はいかなる理由があるとも絶対に起こしてはならない。」…彼の苦悩を経過した重い言葉だった。


◆ART-NEWS | 【2011-05-25(Wed) 09:15:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。