kazuhiro nishijima
art-news
西島一洋が舞台美術と題字/名古屋能楽堂でパンク歌舞伎「天守物語」2015.12.19(土)~23(水祝)-全6公演-
記事詳細≫


西島一洋が大須の七ツ寺共同スタジオにて行為。2015年11月11日(水)、12日(木)。
記事詳細≫


西島一洋が円頓寺にて行為。2015年11月7日pm5:00頃の日没より。
記事詳細≫


西島一洋が「アートじゃない/どうでしょう」にて行為。2015年8月1日(土)19:00start/名古屋鶴舞KDハポン。
記事詳細≫


西島一洋が舞台美術。「姥捨」名古屋大須の七ツ寺共同スタジオ。2015年6月18日(木)~29日(月)。
記事詳細≫


2015年6月4日午後1時より、西島一洋が「六四追悼儀」を行う。
記事詳細≫


西島一洋が名古屋長者町で行為。2015年4月26日(日)AMRフェス2015
記事詳細≫


12月6日、当日の西島一洋の行為「原記憶交感儀」について。非公開のため、秘儀、密儀となります。
記事詳細≫


西島一洋が舞台美術。 名古屋大須の七ツ寺共同スタジオ。 カゲキカブキ「四谷怪談」。 2014年11月17日(月)~30日(日)
記事詳細≫


西島一洋が岡崎で行為。「シーマンことYouhei Shimadaさんの企画」
2014年10月19日(日)に
定林寺(じょうりんじ)にて。

記事詳細≫


2014年6月4日午後1時より、西島一洋が「六四追悼儀」を行う。自宅前方丈庵より裸足で歩く。
記事詳細≫


西島一洋が「ひかりごけ」の題字と舞台美術。2014年4月29日まで七ツ寺共同スタジオで。
記事詳細≫


行為∞思考Ⅱ
PERFORMANCE&TALK
一宮市/島崎「織部亭」
2014年2月23日(日)

記事詳細≫


西島一洋が林裕己と対談。行為について。名古屋長者町トランジットビルB1。2013年7月21日(日)13:00-17:00。
記事詳細≫


西島一洋が「お熊空唄」の舞台美術。七ツ寺共同スタジオ/2013年6月28日(金)~7月7日(日)。
記事詳細≫


西島一洋が津島宗念寺にて行為。ザラメ展の最終日2013年5月6日(月/祝)。
記事詳細≫


西島一洋がイベント「広く晴れた空へ」で行為。2013年4月21日(日)名古屋新栄「空色曲玉」にて。
記事詳細≫


φの部屋にて。2013年4月13日。体現/原記憶交感儀「泥の河」:開始の儀。行為:西島一洋、立会人及び撮影:林裕己。
記事詳細≫


西島一洋がピーカァブー(いないいないばぁ~)vol.4にて行為。名古屋KDハポン/2013年4月4日(木)。
記事詳細≫


西島一洋が「紙技百藝」に出品東京2013年2月8日(金)~10日(日)HIGUREにて、名古屋2012年9月6日(木)~9日(日)時折にて、京都2012年8月23日(木)~26日(日)雅景錘にて、
記事詳細≫


西島一洋が舞台美術と題字/名古屋能楽堂でパンク歌舞伎「逆夢」2012年
12月21日(金)~24日(月)

記事詳細≫


西島一洋が岡崎で行為。「木と人と心」2012年10月27日(土)に定林寺(じょうりんじ)にて。記事詳細≫

◆西島一洋が下記イベントにて行為。「漂泊者たち2/アンダーグラウンドの片隅から」/フォルツァ総曲輪(富山)/2012年7月13日(金)~14日(土)」記事詳細≫

◆西島一洋が「大須ドン底」の舞台美術。2012年7月1日(日)~9日(月)七ツ寺共同スタジオ。記事詳細≫

◆「村山槐多追悼交信儀」を行なう。西島一洋。日時場所未定ですが、決まり次第お知らせします。記事詳細≫
Art-Letter▼

◆Top page :このブログ全体のトップ頁へ ◆[ART-NEWS]の目次へ ◆ART-Message アート・メッセージの目次へ ◆Slide-show 全スライドショーの目次へ ◆All Record Contents 全記録の目次へ ◆artist-file アーティスト・ファイルの目次へ ◇about us の頁へ ◇contact us :お問い合わせ先 ◇BBS:掲示板の案内の頁へ ◇[mixi]頁へのご案内:こちらは[mixi]への登録が必要になります。 ◇[movie]
★体現集団φAETTA ★[小東亜共栄軒'08名古屋](記録)Indexへ ★このブログのコンテンツ一覧 へ ★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック ◇ぱふぉ新聞は、外部へのリンクになります。 ◇ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。
Twitter Facebook mixi
孑孑彷徨変異 原記憶
行為∞思考 超時空
空集合 Picasa flickr youtube myspace
体現集団φAETTA
体現参考資料いろいろ▼
鉄球 電球と氷 素描1 その他
Art-Letter/号外
aetta memo English here


元名古屋NIPAF2007-1998


終了したイベント▼
ありがとうございました。


◆西島一洋が鶴舞で行為。/『人心-HITOGOKORO- ふたたび』: K・D japon (ケーディーハポン)にて/2012年3月11日(sun)記事詳細≫
◆西島一洋が富山で行為。「漂泊者たち/アンダーグラウンドの片隅から:2012年1月14日~16日」。西島の行為日は1月15日フォルツァ総曲輪にて。ワークショップは1月16日富山大学にて。記事詳細≫
◆西島一洋が「パンク歌舞伎:リア王」の題字と美術。2011年12月22日(木)~25日(日)名古屋能楽堂。公演詳細≫
◆ 西島一洋が書(パンク歌舞伎マクベスとリア王の題字のための習作)を数百点出品。アクテノン「原智彦現場の力」展。2011年11月4日~12月25日。展覧会詳細≫
◆西島一洋が覚王山で行為/2011年9月25日(日)『餃子記憶交感儀』ギャラリー人間の扉にてthe Gate of Human/詳細≫
◆西島一洋が八事で行為/2011年9月11日(日)『人心-HITOGOKORO-』八事POPCORN(2F)/詳細≫
◆西島一洋が大阪で行為/2011年9月3日(土)/『PERSPECTIVE EMOTION WEST 2011』/浪速区KARAKURIスタジオ/詳細≫
◆西島一洋が奈良で行為/『Poèac(ポエアク)vol,003』/2011年7月2日(土)19:00/スタジオワルハラ(JR奈良駅すぐ) 詳細≫
◆西島一洋が大須で行為/2011年6月18日(土)/『想ヒ出キャベツ』の最終シーン「高架下の楽園」(20:18-20:38) 詳細≫
◆西島一洋が『peace nine 2011』に出品/2011年5月20日(金)~25日(水)名古屋芸術大学美術学部内ギャラリーにて/詳細≫
◆西島一洋が空間美術/名古屋能楽堂でパンク歌舞伎「マクベス」2010年12月/詳細≫
◆西島一洋が行為/2010年11月14日(日)一宮織部亭:林裕己写真展「表現と家族」の最終日/詳細≫
◆西島一洋が行為痕跡を出品/『アート&エコ マッチングプロジェクト』名古屋市民ギャラリー矢田2010年10月19日(火)~24日(日)/詳細≫

◆西島一洋が行為/『言葉ズーカ その17』2010年8月13日名古屋ミュージックファーム/詳細≫
◆西島一洋が行為/ダ・・ン・・スースースー3
◆西島一洋が舞台美術/ダンス・タンス・ダンス
◆西島一洋が行為/大須ギャラリー・プシュケでの行為
◆西島一洋が行為/常滑フィールド・トリップ
◆西島一洋が行為/闇について
◆西島一洋が出演と舞台美術/ハポン劇場「草枕」
◆西島一洋が行為/Improvisation Performance Live
◆西島一洋が行為/人間の扉
◆西島一洋が行為/小東亜共栄軒'08名古屋
Twitter

Twitter▼
おすすめ記事▼

全てのタイトル表示は↓をクリック
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック
【about us】
このブログ内の記事検索
RSS
お問い合わせ先

■contact us :お問い合わせ先

お知らせ
トップ頁へ

◆Top page :このブログ全体のトップ頁へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
台湾レポート in TIPAF'07 三澤真也 Shinya Misawa : ART-Message > page07

★このブログのトップ頁へ

 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ 

★このブログの全コンテンツ一覧へ≫ ★about us の頁へ ★contact us の案内の頁へ:アートメッセージなどこちらへお寄せください。 ★BBS:掲示板の案内の頁へ ★[mixi]NIPAF関連の案内の頁へ:こちらは[mixi]への入会登録が必要になります。 ★[movies] へ≫ ★[ぱふぉ新聞]は、外部へのリンクになります。≫ ★ぱふぉ新聞連載中「記録行為/林裕己」は、外部へのリンクになります。≫

English here 这边中文版 한국어 aetta memo art nagoya Art-Letter/号外 体現集団φAETTA 修正


★ART-Message Index へ戻る ★ART-Letterのコーナーでは、アエッタやニパフ関連だけでなく、アーティストからのメッセージやお便り、そのほかさまざまなアート情報などを、ご紹介します。 ART-Message Index page> 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01

ART-Message page07


三澤真也氏(東京在住)からのお便りです。(2007年9月)


台湾レポート in TIPAF'07


三澤真也 Shinya Misawa

01 Shinya Misawa in Taiwan
01 Shinya Misawa in Taiwan

 先日、TIPAF'07(台湾インターナショナルパフォーマンスアートフェスティバル)に参加してきた。

02 Shinya Misawa in Taiwan
02 Shinya Misawa in Taiwan

 霜田さんと共に台北へ向かう飛行機の中で開いた台湾の新聞には、TIPAFのことがどの新聞にも大きく取り上げられていて、僕がそのことに驚いていると、霜田さんが、「台北は名古屋くらいの規模の都市で、またマスコミが非常に発達しているから、なんでもすぐに記事になるんだよ。」と話してくれた。
 それにしても、日本で同じようなイベントを企画したとしても、ああいったマスコミの反応を得ることはそう容易いことではないだろう。それを考えると複雑に、そして自分の責任を逃れるために個人の顔が不透明になっている今の日本の都市社会に比べて、台湾はもう少しシンプルにアーティストや文化人が何か社会にコミットしたときの反応が得られるようで、ツーリストの安易な一時的な視点でしかないけれど、人と人との熱を感じた。

03 Shinya Misawa in Taiwan
03 Shinya Misawa in Taiwan

 それは、最終日にワンモーリンさんの家に泊めて頂いたときにも同様に感じた。
 僕は今回初めて彼のことを知ったので、詳しいことは分からないけれど、ワンモーリンは、政治批判を実践してきた人で、「政治では本当の意味で社会を変えることはできない。人間性から変えていかなければ。」と今では文化活動を実践している台湾の有名人ということだ。彼は昨年患った癌のために、酒も肉もやめて夜もそんなに人が集まることはないようだけれど、病気になる前は毎日のようにいろいろな職種の人々、いろいろな世代の人が集まって、酒を飲みながら、議論をしていたという。もちろん、それはワンモーリンがスペシャルな人だからと言っている人がいたけれど、その夜も、イーリンやリーチュン、ワタンなどが集まってリラックスしている様子をみると本当に気心が知れていて、違う世代どうしがよくコミュニケーションを取り合っていると感じた。

04 Shinya Misawa in Taiwan
04 Shinya Misawa in Taiwan

 今日本は違う世代間のコミュニケーションが圧倒的に減少していっている社会な気がする。身近な例をあげれば、みんなスーパーマーケットへ買い物にいって、豆腐屋や、八百屋、魚屋へは通わなくなって、それらの小さなお店はどんどん消滅していきコミュニケーションの場がなくなっていく、とか。核家族が増えているとか。フランチャイズの店が増えて、小さい個人経営のお店が消えていくなどなど。
 そういった縦割りの社会状況に対して、違う世代間がどうやって新たな方法でつながりを作っていくのかということも、ぼくらの大きな課題な気がする。

01 Wan Molin in Tawan
01 Wang Mo-lin in Tawan

 さて、話題をフェスティバルに戻そう。 今回のTIPAF'07のパフォーマー中で、僕の印象に残ったパフォーマンスは先住民であるワタンのパフォーマンスだった。「特別な技術なんか何もない。それでも俺は伝えたい。」そう開き直った「人」のパフォーマンスは時に強く人の心を打つ。シアターの舞台の上で、天井から降るコカコーラを浴びながら裸で踊る、彼の姿は美しかった。彼はシンプルだ。余計なものは何もない。ゆえに心に響く。
 今回TIPAFでは台北からバスで2時間近くかかる都市でも、野外パフォーマンスを敢行した。ワタンはその道のりをバスは使わずに、自転車に乗ってやってきた。そして、パフォーマンスをした。ある夜、飲み屋でそのことを問いただした人がいた。彼は「生活自体がパフォーマンスなんだ。」といっていた。言うは易し、行うは難し。
 身の引き締まる思いがした。

01 Ronald Ruiz
01 Ronaldo Ruiz

 初めて見た霜田さんの「on the table 」も同様に目が離せないパフォーマンスだった。まさに人体彫刻。多くの彫刻家が様々なマテリアル、様々な手法を用いて挑んできた人体というモチーフに自らがなってしまうという表現はやはり、歴史の中でひとつの新たな扉を開いた表現であろう。これもまた、開き直りのすがすがしさか。

02 Ronald Ruiz in Taiwan
02 Ronaldo Ruiz in Taiwan

 なにはともあれ、今回も1週間という短い期間の中で色々なことがありました。他にも、ドラッグをやってHIVに感染した両親から生まれた子供たちの施設へいったり。フィリピンのロナウド・ルイズやマーロン・マグアヌアの底抜けの明るさに触れたり。霜田さんが切り拓いてきたきた新たなつながりに感謝します。謝謝!

三澤真也 Shinya Misawa



In front of The theater
In front of The theater

三澤真也 Shinya Misawa
■参考資料:
参考資料1:artist file No.26 三澤真也 Shinya Misawa
参考資料2:★ART-Letter01: フィリピン、インドネシア感想:三澤真也 Shinya Misawa
参考資料3:★◇Record:◇記録◇ NIPAF'07春:名古屋公演

◆ART-Message page07 / 台湾レポート in TIPAF'07 三澤真也 Shinya Misawa  ◆この頁のトップへ戻る



◆ART-Messageの目次に戻る




ART-Message Index
 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 ≪ART-Message category



 ★このブログのトップ頁へ ★ART-NEWS アート・ニュースのトップへ ★[ART-Message] アート・メッセージのファイルの目次へ ★Slide-show:スライドショーの目次へ ★Record 記録:全記録の目次へ ★artist-file:アーティスト・ファイルの目次へ [ Art-Letter / Nagoya performance art scene ]
★全ての記事のタイトルの表示は、ここをクリック



★このブログ全体のTOP頁に戻る




◇ART-Message > page | 【2007-05-07(Mon) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。